TINAMI -アドバイスラウンジ - 女の子の絵を描くモチベがわきません。 女の子の絵を描きたい!と思うのですが…

アドバイスラウンジ - りふら(ん)さんの質問

アドバイスラウンジ 質問一覧へ

投稿:りふら(ん) 15/10/08 01:07 0pt. 受付終了

女の子の絵を描くモチベがわきません。

女の子の絵を描きたい!と思うのですが、いざ描いてみるとコレジャナイ感?のようなものに常に囚われて、モチベーションが削られます。
描きたい物があっても描けないというジレンマかストレスです。
今は現実逃避に模写や資料探しなどをしてごまかしてますが・・・。

モチベーションを保つ、また上げるためにはどうすればいいのでしょうか?

回答一覧

1. 回答: やゆっけ。(155) 15/10/12 06:50 

ひとそれぞれですが、私のやり方を紹介します。
簡単です。
モチベーションは描きながら上げれば良いのです。書く前より書いている最中のほうがモチベーションを保ちやすいのです。

つまり、とりあえず書き出してしまおう、というのが私の解決策の一つです。

うまくいかなくて途中で放り投げても、何もしないよりずっと良いです。

返信: りふら(ん) 2015-10-14 01:17:09

「描きながら上げる」ですか。
少々経験のない感覚なので、驚きました。
最初のモチベーションの勢いで書くので・・・。

確かに何もしないよりはずっといいですね。

アドバイスありがとうございました!!

2. 回答: yuiyui(129) 15/10/13 11:14 

りふら(ん)さんは心の底から現在の実力に不満を抱いていると思います。
私もそうですし、他の方も大抵そうでしょう。でなければ向上心は生まれませんから逆算的に考えてもおそらく間違いありません。

で、ここからが本題ですが…
若い人の中には実力不足を自覚していながら何故か欲張る人がいます。
これは大部分無意識にやっていることなのでそれ自体責めるようなことではないのですが、無意識だからこそ誰かが指摘してやらないと身の丈に合わない作業を続けてモチベーションを失っていきます。

りふら(ん)さんのケースに置き換えると、
「可愛い女の子を描く力が欲しい」ならば一つ一つ…階段に例えるなら一段一段登っていけばいいのに、
欲張って「可愛い女の子の絵」という結果に囚われ結果が出ないことに不満だけを募らせ、一つ一つ身につけていく喜びを忘れている、と言えるのではないでしょうか。

もっと細分化して考え一つ一つ可愛い女の子を描けるようになっていけば良いのです。
自分が可愛いと思える顔はどうだとか、身体の描き方はどうだとか、
もっと細分化すれば目の描き方、ハイライトの入れ方だけやったって構いません。
ノートに可愛く見えるポーズを針金人間で描いていったって構いません。
テーマを絞り込んで取り組むだけでこれら全部やればやっただけりふら(ん)さんだけの確かな財産になります。
結果を出せない自分を責めるのではなく、新しい何かを身につけた自分を褒めることです。
減点思考ではなく加点思考で考える。自分に満点の実力が無いと分かっているなら受け入れるのは容易いはずです。

そして一番良いのは自分からは「モチベーションが上がらない」という類の言葉を使わないことです。
最初は嘘でも「自分には無限のやる気と可能性がある」と最後まで騙し続けることが出来ればそれは本物になります。

返信: りふら(ん) 2015-10-14 01:27:40

段階を踏んで上達するー
その「段階」の認識が私はどうやら大雑把なようですね。
もう少し細分化を意識してみます。

加点方式・・・の・・・ほうは・・・
おいおい挑戦します(白目
なかなか減点方式の思考癖が抜けないので。

「身の丈に合わない作業を続けて―」とありましたが、自覚できる範囲での身の丈を意識してしまうと停滞してしまうのでは、という恐怖があります。
その恐怖を克服するところから、といったところでしょうか?

嘘から出た真、がんばってみます。

アドバイスありがとうございました!!

3. 回答: 裁鬼(さばき)(1) 15/10/13 14:36 

裁鬼(さばき)さんの最近の回答

  • 15/10/13  この時点で「モチベがわきません」などと本気で言ってしまうのであれば、単純に絵を…

この時点で「モチベがわきません」などと本気で言ってしまうのであれば、単純に絵を描くことが向いていないんじゃないですか?
モチベーションは自身の内から湧いてくるのものであり、自分で解決すべき問題です。
なのに、それが根本的に欠如し、さらに他者の力を借りようとしている時点で、どうあっても長い目で見たときにモチベーションを維持できる訳がありません。
どんなものでも、技術を向上させるためには、日々の努力が不可欠です。
絵が上手くなりたいのであれば、モチベーションの上げ方について相談するなどという甘えた姿勢を捨て、不断の努力を続けるべきではないでしょうか。

返信: りふら(ん) 2015-10-14 01:43:44

絵を描くことがむいてない、というのを「才能」という解釈で答えますが、私はそんなもの皆無ですしこれからも芽吹くことはないと予測しています。
正直、「そんなくだらないことはどうでもいい」です。
あといつから私が本気で言ったことになってるんですかね(・.・;)

私は才能があろうとなかろうと「絵が上手くなりたい」ですが
そのために精神をすりつぶすつもりは毛頭ありません。
個人的には「精神の安定」と「絵の上達」は矛盾しませんし。

故に他の絵描きさん他クリエイターさんの、モチベーションの維持方法などを聞き、精神的なバランスを保つ手段のバリエーションを増やそう、ということでの質問でした。

ちなみに長い目、とありますがどの程度の期間でしょうか?
10年?20年?50年でしょうか?5年程度ならなんだかんだその内経ちそうなので・・・w

そりゃ「プロになる」とかでしたらモチベーションの上げ方など「甘え」と言われてもぐうの音もでないものかもしれません。

ただ、こちとら基本は趣味ですから。
そこは単純に私の説明不足でしたね、申し訳ありませんでした。
以後のアドバイスを求める際の文では改善に努めます。

この質問の回答受付は終了しました。

りふら(ん)さんの投稿した質問(最近5件)