No.937374

真・恋姫†無双 時空を超えた刺客 破滅の未来と絡繰人間

hoi2さん

『制限解除』をした炎掌
『限界突破』を覚醒させた春蘭との激戦は
見事春蘭が勝利したのだった
そして、次の戦いが始まる……

2018-01-13 17:42:51 投稿 / 全9ページ    総閲覧数:2031   閲覧ユーザー数:1941

 

 

 

 

 

 

 

 

春蘭が発動した『限界突破』、炎掌がこれまた発動した『制限解除』

互いの意地と意地がぶつかり合い

最後は春蘭が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

炎掌を倒したのだった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四節 ~軌道戦闘対決

   思春VS絡繰人間5号 雷昇~

 

 

春蘭の勝負にカタがついたので、今度は思春と雷昇の対決を見ていこう

 

 

思春と雷昇は互いに対峙していた

 

 

雷昇「甘興覇…………

死ぬ準備は出来たかぁっ!!?ケケケっ!!!」

 

 

思春「その台詞、そっくりそのまま返してやる……雷昇」

 

 

思春はキツい目付きで雷昇を睨み付ける

 

 

雷昇「おーおー、怖ぇ奴だなぁっ!!!ケケケっ!!!」

 

 

雷昇は歪みきった口元から舌を出して嗤う

 

 

思春「貴様ら兄弟揃って下品な笑い方だ、下衆めが」

 

 

思春は静かに『鈴音』を引き抜き、構える

 

 

雷昇「炎掌を馬鹿にするとはいい度胸だなぁ?

能力は違えど、俺たちゃあ兄弟……馬鹿にされた弟の報い、死をもって償いなあぁぁぁっ!!!」

 

 

 

 

バリバリバリッ!!!

 

 

 

 

雷昇は両手に雷撃の塊を作り出す

 

 

思春「………来るか」

 

 

雷昇「雷は炎と同様、全生物が恐れる存在だ…………

一瞬で命を奪う、云わば災害だからだ」

 

 

雷昇は一呼吸置いて話続ける

 

 

雷昇「俺のは自然界の雷と違って威力を優先してっからなぁ

速度こそは目で追えるが、触れれば即死だっ!!!

その災害を力を得た俺に、敵なんざいやしねぇんだよっ!!!」

 

 

 

 

バリバリバリッ!!!

 

 

 

 

雷撃の塊は轟音を纏い、更に大きくなる

 

 

思春「ならば………来るがいい」

 

 

雷昇「吠え面かくなよ?甘寧ぃぃぃぃぃぃっ!!!」

 

 

雷昇は狂った嗤いをあげながら走り出した

 

 

思春「………………参る」

 

 

思春も同様に走り出した

 

 

 

 

雷昇「感電しちまいなっ!!!『電球 (でんきゅう)』っ!!!」

 

 

 

バリバリバリッ!!!

 

バリバリバリッ!!!

 

 

 

 

雷昇は両手に作っていた雷撃の塊『電球』を同時に投げつけた

 

 

思春「(予想より攻撃速度が遅い)」

 

 

思春は『鈴音』を構え、

 

 

 

 

フォンッ!!!

 

フォンッ!!!

 

 

 

素早く十字に斬りかかった

 

 

『電球』は真っ二つに消滅した

 

 

だが……

 

 

 

 

ビリビリビリッ!!!

 

 

 

 

思春「っ!!?」

 

 

思春は突如、体に走った痺れに顔を顰める

 

 

雷昇「ケケケっ!!!馬鹿か、てめぇはぁっ!!?」

 

 

雷昇は思春の姿を見て腹を抱えて笑いだす

 

 

雷昇「お前が斬ったのは小さいながら、雷だぞっ!!?

そして、てめぇの得物は鋼……結局は鉄だっ!!!」

 

 

思春「…………」

 

 

雷昇「金属は電気を通しやすい材質だ

しかも、そのあとに続くのは人間の手………

人間の殆どは水分で出来てるんだ

水も『導電率』が高ければ高いほど、電気を通しやすい

ようは、人間も通電性質の物体なんだよ」

 

 

ご丁寧な説明をする雷昇

 

 

祭「『導電率』?なんじゃ、それは?」

 

 

祭は聞きなれない言葉に首を傾げる

 

 

一刀「天の国の言葉だよ

簡潔に云えば電気の流れやすさのこと」

 

 

左慈「因みに単位はμS/㎝(マイクロジーメンス・パー・センチメートル)だ」

 

 

一刀(未来)「それを言っても混乱するだけだろうが…………

しかも、単位はそれだけじゃないだろ……」

 

 

未来の一刀は苦笑いで左慈を見る

 

 

 

 

思春「(直接、奴の攻撃を仰ぐのは危険というわけか………)」

 

 

思春は『鈴音』を構え直す

 

 

雷昇「まっ、簡単に言っちまえば………

俺の攻撃をはたき落とすっつーことは自ら攻撃を受けるっつーことなのさっ!!!」

 

 

 

 

バリバリバリッ!!!

 

 

 

 

雷昇は再び『電球』を作り出す

 

 

しかも、その量は先程の10倍の20個

 

 

雷昇「さぁて、今度はどうするかねぇっ!!?そらそらそらっ!!!」

 

 

 

 

バリバリバリッ!!!

 

バリバリバリッ!!!

 

 

 

 

雷昇はその内のまず2つを投げつけてきた

 

 

思春「(仰げぬのなら、躱すしかないか………)」

 

 

思春は向かってくる『電球』を、今度は軽やかに躱す

 

 

ところが

 

 

 

 

ビリビリビリッ!!!

 

 

 

 

思春「っ!!?なに………?」

 

 

距離をおいて躱した筈なのに、先程と同様の電流が体を駆け巡った

 

 

雷昇「ばぁかっ!!!簡単に躱せると思ってんのかっ!!?

電気はその場だけに留まらねぇんだよっ!!!」

 

 

雷昇は歓喜の表情となる

 

 

斬魔「これが『史上最高範囲の攻撃範囲』の異名の由来ですよ♪」

 

 

斬魔は喜びの顔になり、嬉しさを表していた

 

 

龍天「雷昇の雷撃は、周囲の物体に感染するうように伝っていく

伝わっていくにつれて、威力こそ下がっていくが、生身の人間にはとっては十分の攻撃だ」

 

 

龍天も説明をしてニヤリと嗤う

 

 

雷昇「感染の電気技……これを『電劉(でんりゅう)』って俺は名付けてる

全ての攻撃にコイツを含んでるんだ

だからこそ、『ただ躱す』だけなら俺の攻撃からは回避不可能だっ!!!」

 

 

思春「予想以上に厄介だな…………」

 

 

思春はそう言うと、歯軋りをしながら体勢を立て直す

 

 

雷昇「ケケケっ!!!今更だなっ!!!甘寧っ!!!

だが、わかったところでコイツらを躱しきれるかぁっ!!?」

 

 

 

 

バリバリバリッ!!!

 

バリバリバリッ!!!

 

バリバリバリッ!!!

 

 

 

 

雷昇は残った『電球』を全て投げつけてきた

 

 

思春「チッ!!!」

 

 

思春は横へ走りだし、加速して『電球』の攻撃範囲から逃れようとした

 

 

ギリギリの範囲で『電球』の攻撃と『電劉』を躱す

 

 

 

 

雷昇「ほぉ~?ギリギリで躱しやがったか」

 

 

思春「そう何度も喰らうものか……」

 

 

思春は体勢を整えて雷昇を見る

 

 

思春「(最高範囲の攻撃は伊達ではないな………

正直、回避だけでかなりの労力を取られる……)」

 

 

雷昇「見切られちまったんじゃ、しゃーねぇな

攻撃手段を変えるか……」

 

 

 

 

バリバリバリッ!!!

 

 

 

 

雷昇は両掌の間に強力な雷を作り出す

 

 

雷昇「こいつはどうだっ!!?『電劉』の強化版、『稲妻(いなづま)』っ!!!」

 

 

雷昇は作り出した雷を右手に固め、思春目掛けて突き出した

 

 

その瞬間

 

 

 

 

バリバリバリッ!!!

 

 

 

 

雷昇の右手から思春へ雷が延び始めた

 

 

その動きは正に雷のようで、不規則に動きつつ徐々に広がっていく

 

 

掌サイズのものが、思春一人を飲み込む大きさにまで拡大していた

 

 

思春「雷の手……………」

 

 

思春の比喩表現は的確であり、まるで雷で出来た巨大な手であった

 

 

雷昇「捕獲だぁっ!!!」

 

 

思春「喰らうものか……」

 

 

思春は『鈴音』に気を込め

 

 

 

 

フォンッ!!!

 

フォンッ!!!

 

フォンッ!!!

 

 

 

実体化した斬撃を放った

 

 

『稲妻』は斬撃により掻き消された

 

 

思春「感染するのなら、触れなければいい話だ」

 

 

雷昇「…………けっ!!!」

 

 

雷昇は途端に不機嫌となった

 

 

 

 

思春「(遠距離攻撃で仕掛けるか)」

 

 

思春は構えを入れず、再び斬撃を放つ

 

 

雷昇「あー、面倒くせぇっ!!!」

 

 

 

 

バリバリバリッ!!!

 

 

 

 

雷昇は頭を掻き毟りながら充電を始める

 

 

雷昇「面倒くせぇのは嫌いなんだよっ!!!消えちまえっ!!!『流圧砲(りゅうあつほう)』っ!!!」

 

 

 

 

バリバリバリッ!!!

 

 

ゴオォォォォォッ!!!

 

 

 

雷昇は電気を纏った『気力破』を放った

 

 

思春の斬撃は『流圧砲』に飲み込まれてしまった

 

 

思春「でかいな……

だが、あれにも『電劉』があるとなると………」

 

 

 

 

シュンッ!!!

 

 

 

 

思春は『空走』をして一気に距離をとる

 

 

『流圧砲』は大陸の彼方に消え去った

 

 

雷昇「てめぇは『躱す』しか能がねぇのかっ!!?甘寧っ!!!」

 

 

雷昇はこれまた不機嫌そうに思春を挑発する

 

 

思春「貴様の口車にのるほど、私は脳筋ではない」

 

 

雷昇「そうかよ……じゃあ、とっととくたばれっ!!!」

 

 

 

 

バリバリバリッ!!!

 

 

 

雷昇は急速の充電をし、再び『流圧砲』を放つ

 

 

思春「…………」

 

 

 

 

シュンッ!!!

 

 

 

思春は無言で『空走』をして躱し、雷昇に接近する

 

 

雷昇「来たか、感電させてやるよっ!!!」

 

 

 

 

ビリビリビリッ!!!

 

 

 

雷昇は充電を開始するが、思うように電気が溜まらない

 

 

機器音声「充電機が過熱しています。

時間をおき、冷却して下さい。通常の充電が続行不可です。」

 

 

恐らく先程の急速な充電の影響であろう

 

 

充電を補う機体がオーバーヒートしてしまったのだ

 

 

雷昇「(まさか、甘寧の野郎……これを待ってたって言うのか?)」

 

 

雷昇は少々焦りの表情となる

 

 

思春「お望み通り、近づいてやったぞ」

 

 

思春はもう雷昇との距離2m以内に接近していた

 

 

雷昇「チッっ!!!こうなったら緊急手段を使うか………『抵抗体(ていこうたい)』、発動」

 

 

雷昇は防御体勢をとる

 

 

思春「………ふっ!!!」

 

 

 

 

フォンッ!!!

 

 

ドカッ!!!

 

 

 

 

思春は『鈴音』ではなく、右足の蹴りを雷昇の胴体へ放つ

 

 

雷昇「ぐっ!!?」

 

 

想像以上の衝撃に雷昇は顔を顰める

 

 

思春「畳み掛ける……!!!」

 

 

 

 

フォンッ!!!

 

ドカッ!!!

 

フォンッ!!!

 

バキッ!!!

 

フォンッ!!!

 

ドカッ!!!

 

 

 

 

思春は反撃を想定した構えで殴る・蹴るを連続的に放っていく

 

 

『鈴音』も仰ぐが、何故か『鈴音』は当てず、空を切る

 

 

雷昇「こ、この野郎っ!!!」

 

 

勿論、雷昇も反撃を仕掛ける

 

 

だが、充電がうまく機能しないため、物理攻撃でしか反撃できない

 

 

両者、互いに一歩も引かない攻防が続く

 

 

だが、動きの素早い思春がかなりリードしている

 

 

思春「…………はっ!!!」

 

 

 

 

フォンッ!!!

 

ドカッ!!!

 

 

 

 

思春はここで、強烈な右回し蹴りを雷昇の胸板に放つ

 

 

雷昇「ぐはっ!!?」

 

 

雷昇は派手に吹き飛ぶ

 

 

 

 

思春「………どうだ?人間の力は…」

 

 

思春は『鈴音』を構え直し、雷昇を見下ろす

 

 

雷昇「…………ぺっ!!!」

 

 

雷昇は血の塊を吐き捨て、立ち上がる

 

 

機器音声「損傷率:1割2分1厘

戦闘続行可能です。」

 

 

雷昇「こんな攻撃で俺を倒せるとでも?

そんでもって、『抵抗体』のお陰で充電も完了したからなぁ」

 

 

思春「なに?」

 

 

思春は雷昇の言葉に眉を顰める

 

 

雷昇「『抵抗体』は発動すれば、外部の衝撃と数に比例した分だけ充電が可能なんだよ

あんまり身動きとれねぇつっーのが弱点だがな」

 

 

思春「ならば、態と防戦に徹していたと?」

 

 

雷昇「てめぇをぶっ殺すには、やはり物理より感電が確実だからな」

 

 

 

 

バリバリバリッ!!!

 

 

 

 

雷昇に強力な電流が走る

 

 

雷昇「『抵抗体』解除、そんで……」

 

 

雷昇は右の掌を握り拳し、力を込める

 

 

そして、掌に出来た『もの』を思春に見せる

 

 

雷昇「甘寧、これは何だと思う?」

 

 

雷昇の右手にキラキラと光1本の線が見える

 

 

思春「……………針?」

 

 

首を傾げながら答える思春

 

 

雷昇「そう!だが只の針じゃねぇ」

 

 

雷昇はその針をデコピンの要領で思春目掛けて放った

 

 

 

 

チクッ

 

 

 

思春「…………っ」

 

 

針は思春の右肩に突き刺さる

 

 

雷昇「さぁて、喰らいなっ!!!」

 

 

雷昇が再び右手に力を込める

 

 

すると

 

 

 

 

バリバリバリッ!!!

 

 

 

 

思春「っ!!?ぐぅっ!!!」

 

 

突き刺さった針から強力な電流が走り出した

 

 

蓮華「っ!!?思春っ!!!」

 

 

雷昇「いい代物だろ?雷を圧縮して出来た針『避雷針(ひらいしん)』だ

元は俺の雷で出来た針、何時電撃を発生させるかは俺自身が決める事ができる」

 

 

左慈「雷で出来た針か………」

 

 

一刀「しかも、遠隔操作が可能な厄介な針だ……」

 

 

 

 

思春「くっ………」

 

 

思春は身体が電撃で痺れながらも、体勢を立て直す

 

 

雷昇「本来なら即死なんだがな……どうもてめぇは人より雷に対する抵抗が強いみてぇだな」

 

 

雷昇は思春を見てニヤッと嗤う

 

 

雷昇「なら、何本で死ぬか……試してやるぜぇっ!!!」

 

 

雷昇は右手を思春に向けて、扇状に横に動かす

 

 

すると、その軌道線上には無数の『避雷針』が出現していた

 

 

思春「っ!!?」

 

 

冥琳「あれを全て放つ気だっ!!!」

 

 

明命「思春殿っ!!!逃げて下さいっ!!!」

 

 

雷昇「『避雷針』、一斉放射っ!!!」

 

 

 

 

フォンッ!!!

 

フォンッ!!!

 

フォンッ!!!

 

フォンッ!!!

 

フォンッ!!!

 

 

 

 

思春「くっ!!!蜂の巣にされてたまるかっ!!!」

 

 

思春は痺れて動きにくい身体に鞭を入れて『避雷針』を躱しにかかる

 

 

只でさえ針の攻撃のため、動きが見にくいうえ、身体に痺れが残っているのでかなり躱しにくい

 

 

二重苦三重苦だ

 

 

雷昇「動きが鈍くなってんぞっ!!?躱しきれんのかぁっ!!?ケケケっ!!!」

 

 

雷昇は『避雷針』を放射し続ける

 

 

 

 

思春「………………仕方あるまい」

 

 

思春は回避をやめて、その場に『鈴音』を構える

 

 

雪蓮「思春?なにを?」

 

 

亞莎「まさか………叩き落とす気では……?」

 

 

亞莎の言葉に明命は声を荒げる

 

 

明命「思春殿っ!!?正気ですかっ!!?『避雷針』にも『電劉』が付与しているのですよっ!!?」

 

 

祭「もし、隙を見せれば一瞬で蜂の巣じゃっ!!!」

 

 

蓮華「雷昇の思う壺だわっ!!!やめて思春っ!!!」

 

 

呉の者達が思春に問いかける

 

 

だが、

 

 

一刀「………いや、違う」

 

 

一刀だけは気がついていた

 

 

思春「そのような事はしませぬ、蓮華様」

 

 

 

 

フォンッ!!!

 

フォンッ!!!

 

フォンッ!!!

 

 

 

 

思春はあくまで斬撃で『避雷針』を叩き落とす

 

 

雷昇「ケケケっ!!!何時まで保つかなぁっ!!?」

 

 

雷昇は放射の手を休めない

 

 

思春「(出来れば、ここで使いたくはなかったが…………)」

 

 

思春はここで、大きく『鈴音』を真横に振った

 

 

すると

 

 

 

 

ザシュッ!!!

 

ザシュッ!!!

 

ザシュッ!!!

 

ザシュッ!!!

 

 

 

 

雷昇「っがあっ!!?」

 

 

雷昇に突如、無数の斬り傷が、大量の血飛沫が吹き出た

 

 

 

 

龍天「なに?」

 

 

卑弥呼「雷昇に攻撃を?だが、いつ?」

 

 

その場にいる者達は全員、突然の出来事に立ち尽くす

 

 

雷昇「ぐぅぅうっ!!!」

 

 

機器音声「損傷率:2割9分9厘」

 

 

于吉「(残り約70%………)」

 

 

雷昇「て、てめぇ…………

い、いつこの俺に攻撃を……?」

 

 

雷昇は流れ、滴り落ちる血を手で止めながら思春を睨み付ける

 

 

思春「先程、殴り合っていた時だ」

 

 

雷昇「…………!!!てめぇ……

だから、態と得物は……空を切ってたのか…!!!」

 

 

思春「あぁ、斬撃は『その場に置いてきた』のだ

いや、『貴様の身体に纏わせていた』のだ

出来れば、最後の追い討ちに使いたかったんだがな」

 

 

思春は苦笑いを見せる

 

 

雷昇「(斬撃を纏わせるだと……?

そんな芸当、聞いたことねぇ……

過去の奴がこんなに面倒くせぇとはな…………)」

 

 

思春「いくら絡繰人間といえど、急襲は防げまい

貴様にそれだけの損傷を負わせられただけでも、結果を得られた」

 

 

思春の言葉に雷昇は

 

 

雷昇「だったら何だ?」

 

 

思春「む?」

 

 

雷昇「それで俺に勝てるとでも?この雷昇様に倒せると思ってんのかぁっ!!?」

 

 

 

 

バリバリバリッ!!!

 

 

 

 

雷昇は充電を開始する

 

 

今までとは比べ物にならない量が充電していく

 

 

雷昇「『暗証番号・2714』、『制限解除』だ」

 

 

 

 

バリバリバリッ!!!

 

 

 

 

思春「『制限解除』………」

 

 

思春には『制限解除』にトラウマ的なものが記憶に焼き付かれている

 

 

過去に送り込まれた『合体進化型』の絡繰人間12号である

 

 

凶悪な力に為す術なく返り討ちにされてしまったのだから

 

 

思春「(あの時、一刀が駆けつけてくれなかったら…………私や蓮華様達は今頃、抹殺されていただろう)」

 

 

思春の『鈴音』を握る右手には自然と力が入る

 

 

思春「私には越えなければならない壁がある………

貴様で越えさせてもらうぞ、雷昇」

 

 

 

 

ギュオォォォォォッ!!!

 

 

 

 

思春は負けじと気を高める

 

 

 

チリーン

 

チリーン

 

 

 

思春の持つ鈴は、溜め込む気の波動によって揺れ、綺麗な音を鳴らせる

 

 

思春「…………次、この鈴が鳴るときが貴様の最期だ……!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回、『制限解除』を解放した雷昇との決戦が始まる!!!

 

 

 

 

 

 

 

          ……終……

 

 

 


0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
2
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択