No.303454

小田急電鉄1100形

古淵工機さん

今回のイラストで登場となった1100形はもともとは、1927年の小田原急行鉄道開業時に揃えられたモハ1形と呼ばれる電車で、日本車輌製造東京支店で18両が製造されました。戦中戦後にかけて大東急1150形となった後に9両が相鉄に転属してモハ1000形に、小田急に残った9両は改造されてデハ1100形となりました。さて、小田急1100形は小柄な車体ゆえ使い勝手が悪く、1959年までに1101号を残し全廃となっています。1101号は荷物電車として改造され、デニ1101号を名乗っていました。1962年にはこの車両を改造して振子試験を行っています。デニ1101は荷物輸送の縮小により1976年には廃車されてしまいましたが、1982年の小田急開業55周年記念事業として、熊本に渡っていたデハ1105号(→熊本電鉄モハ301)が登場当時のモハ10に復元されています。

2011-09-19 16:25:50 投稿 / 1024×880ピクセル

2011-09-19 16:25:50 投稿
総閲覧数:1416 閲覧ユーザー数:1395
1024×880ピクセル

0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
3
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択