No.158204

わふ~、恥ずかしいですっ!

ししゃもさん

リトバス短編です

2010-07-16 20:42:24 投稿 / 全3ページ    総閲覧数:2542   閲覧ユーザー数:2480

 目を覚ましたとき、私は布切れ一枚だけを身に纏っ

ていた。隣では、リキが気持よさそうに寝ている。

 ……たのだけど、

「あ、起きたの?」

 突然目をぱっちり開き、恥ずかしそうに身を捩らせ

る私を、そのたくましい腕で包みこんできた。

「わふっ……」

「ん、なに、気持ちいいの?」

 リキは、いじわるだ。私が答えられないのを知って

いて、ニコニコとそんなことを訊いてくる。

「ん、なに? その恰好恥ずかしい?」

「わ、わふっ……」

 ぴろり、と私の大事なところを隠している布を指で

つまみ上げた。

 そしてそのまま、鼻を首元に押し付けてきた。

「ん、いい匂い」

 ゾクリ、と背筋が震える。リキの鼻息が、すぐ耳元

で感じられる。

 恥ずかしさのあまり、私は掠れた声ひとつすらも出すこともできない。

 リキはそんな私の身体を、好き勝手に撫で回してくる。ただでさえ人には見られたく

ない姿なのに、リキはそんなことお構いなしだ。

 

「あ、リキ、こんなところにいましたですか」

 

 穴があったら入りたい、私がそう思った時、我が飼い主の声が。

「あ、クド」

 ぱっとリキの顔が私から離れる。

「ヴェルカ~、リキに遊んでもらってたですか? なでなで」

「ヴェルカすごくいい匂いだったよ」

「そうですか。手入れの甲斐ありましたっ」

「それと、その服みたいなの、恥ずかしいみたいだから脱がそうとしたんだけど……」

「あ、それは悪いことをしました。……えっと、これは、こうすれば簡単に取れますで

すよ?」

 ようやく恥ずかしい恰好から解放され、私の喉は調子を取り戻した。

 

「わ、わふ……わんっ!」

 だから、元気よく吠える。

 私ヴェルカは、今日もご主人様に仕えます。


0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
4
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択