No.107211

空虚な独白

小説というより、詩のような散文のような。

空虚で、血の吐くような、モノローグ。

2009-11-15 13:06:57 投稿 / 全1ページ    総閲覧数:931   閲覧ユーザー数:927

貴女が好きだった

 

 

そよ風

 

月の夜

 

星のきらめき

 

秋の陽光

 

かすみ草

 

笛の音

 

 

 

何もかもいらない

 

ただ

 

貴女だけ

 

戻ってきて


 
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
1
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択