No.1054813

前メイド長”シンシ”5

小説の人さん

咲夜が活躍する物語。
レミリアの予知能力が働く話。

2021-02-19 14:59:26 投稿 / 全1ページ    総閲覧数:70   閲覧ユーザー数:70

紅魔館総出で、居間の様な所に皆が集まった。

レミリア始め、妖精メイドに至るまで。

お山にいた、小悪魔が下りてきて、窓をノックする。

 

「皆さん、いらっしゃったんですか。」

 

咲夜が窓を開けて、小悪魔を招き入れる。

 

「あーっ、マイクのテスト中。

繋がっているわね。

これから、スルト対策会議を始めるわ。」

 

「質問。スルトとは、何でしょう?」

 

Wikipediaよ。とレミリアが宣言する。

 

「北欧神話に登場する巨人。名前は「黒」 または「黒い者」 の意。

『エッダ 古代北欧歌謡集』ラグナロクではムスペルの一族を率いてアスガルドを襲撃し 、世界を焼き尽くすとされている 。よ。」

 

「よく分かっているじゃない?」

 

スキマから舞台上に、紫が登場する。

唐突にである。

 

「ごきげんよう。この紅魔館には、今回の事は任せないわ。封殺しに来たのよ。」 

 

「話し合いの暇もないのね。グングニル。」

 

グングニルを投げた途端、咲夜が時を止める。

グングニルのみ動いている。

最近開発した。時止めグングニルだ。

だから、紫の体に刺さるはずだった。

 

「そんな・・・・・・。」

 

「はっはっは、時止めグングニル破れたり!」

 

グングニルはあらかじめ、配置してあったスキマに飲み込まれてしまったのだ。

紫自身も姿を消し、騒然と成った。


0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
0
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択