No.468968

第三章○○「俺が海賊業務!?」

虎命!さん

続き

2012-08-12 07:48:20 投稿 / 全1ページ    総閲覧数:1716   閲覧ユーザー数:1643

俺が弁天丸に乗り込んだから2週間が過ぎた。俺の料理は好評みたいで、弁天丸クルー達は凄く喜んでくれていた。けれど、よく食堂に茉莉香とチアキが来るのだが、船長と副船長が揃ってブリッジを空けて良いものだろうか?多分よくないと思うが、その事に関してはあまり触れないようにしようと思う。

 

 

・・・弁天丸食堂・・・

 

 

茉莉香「ヤッホ~!○○君♪また遊びに来たよ。」

 

チアキ「お邪魔するわよ○○」

 

○○「よう!茉莉香にチアキ、また来たのか?」

 

茉莉香「来たら駄目だった?」シュン

 

○○「そ、そんな事はないで!チアキもよく来てくれたわ!!」アセアセ

 

ミーサ「私もいること忘れないでね♪」

 

○○「えぇ、それはもう忘れてなんかいませんよ・・・さて、茉莉香とチアキは何にするんだ?後、ミーサさんはエスプレッソでいいですよね。」

 

ミーサ「えぇ、それでお願いするわ。」

 

茉莉香「ミーサズルい!○○君に何も言わないでもわかるなんていいな~・・・」プ~

 

○○「おいおい、ミーサさんはいつも頼むのがエスプレッソだからわかるんだよ。茉莉香やチアキは、いつの注文が違うから分かるわけないやろ・・・」ハァ~

 

ミーサ「あらあら、○○も茉莉香やチアキの事もうちょっと知ってあげなきゃね♪」

 

○○「ミーサさんもからかわないで下さいよ。」

 

そんな話をしていると、食堂の扉が開いた。

 

クーリエ「○○君~、今日は何かいいもの入ってる?」

 

○○「あぁ、クーリエさん。今日はブリッジでも食べやすいようにこんな物作ってみました。」

 

そう言うと、俺はクーリエさんに頼まれた物を取りに奥に向かった。

 

○○「ほい、お待たせ。○○特製のお菓子だよ♪」

 

クーリエ「やった~!これこれ!もうこれがないとやっていけないよね♪」

 

○○「そう言ってもらえると嬉しいですわ。」

 

クーリエ「ありがとう♪それじゃね。」

 

クーリエさんは、そう言い残して食堂を出ていった。

 

チアキ「ちょっと○○!クーリエに渡したあれ何なの!?」

 

茉莉香「そうだよ!クーリエだけズルいよ!!」

 

○○「ちょっ!二人とも落ち着いて・・・」

 

ミーサ「大変ね・・・」ハァ

 

そんな賑やかな食堂だったが、突然警報が鳴り出した。

 

茉莉香「警報!?何が起きたの!?」

 

ブリッジから茉莉香の通信機に呼び出し音がなった。

 

茉莉香「こちら茉莉香。」

 

百眼「船長大変だ!何処かの海賊さんが弁天丸に向かって発砲してきてやがる。」

 

茉莉香「えぇ!?何処の海賊船なのよ!」

 

ケイン「それが解れば苦労しない!悪いが直ぐにブリッジに来て下さい!」

 

茉莉香「わかったわ!チアキちゃんミーサ、聞いての通り海賊船が襲ってきているから、直ぐにブリッジに向かおう!」

 

ミーサ「わかったわ!」

 

○○「大変だね。頑張ってくれよ!」

 

ミーサ「あら?他人事みたいに言ってるけど、あなたも一緒にブリッジに行くのよ?」

 

○○「・・・前から思ってたんですが、何で俺まで行くんスか?俺、いつ行っても茉莉香とチアキの間に座ってるだけですよ・・・」

 

ミーサ「仕方ないじゃない。茉莉香達の希望何だから。」

 

ミーサさんは、当たり前のように言い返してきた。

 

チアキ「さっさと行くわよ!」

 

茉莉香「チアキちゃん待ってよ~!」

 

ミーサ「ほら、○○も行くわよ♪」

 

○○「何だかな~・・・」

 

俺は渋々ながらも、ミーサさんと一緒にブリッジに向かったのだった。

 

 

・・・ブリッジ・・・

 

 

茉莉香「お待たせ!で、敵艦隊の状況は?」

 

クーリエ「今調べてるとこ!もう少しで解析できるわ!」

 

百眼「レーダーに熱反応は今のところなしだな。」

 

茉莉香「わかった。シュニッツァー砲撃準備は?」

 

シュニッツァー「問題ない。いつでも発射出来るぞ。」

 

茉莉香「わかった。三代目、エンジンの調子はどんな感じ?」

 

三代目「エンジンの両方とも異常なしだ!安心して飛んでくれ!」

 

○○「いつ見ても、あれが茉莉香とは未だに思えない・・・」

 

チアキ「ま~ね、普段があんなのだから余計にそう見えてしまうわね。」

 

○○「そうだな・・・」

 

茉莉香「二人とも酷いよ~!」プンプン

 

ミーサ「ほらほら、つまらない事言っていないで目の前の敵に集中しなさい。」

 

茉莉香「ミーサまで~・・・。」

 

百眼「和やかムードのところ悪いけど、敵さんから高エネルギー反応!撃ってくるぞ!!」

 

茉莉香「ケイン、緊急回避!シュニッツァー!弁天丸が回避したらすぐに砲撃して!」

 

シュニッツァー「了解だ。」

 

茉莉香「クーリエ、敵の情報は何かわかった?」

 

クーリエ「お待たせ、解析終了したよ!敵艦の名前は・・・所属不明!?ハロルド保険組合にもないデータよ!!」

 

チアキ「何ですって!所属不明の船が海明星の近くにいたんじゃまずいじゃない!」

 

茉莉香「ん~、所属不明の船ね~。ねぇ○○君はどうしたらいいと思うかな?」

 

茉莉香は、何を思ったかは知らないが俺に質問してきた。てか、何で俺に意見を聞くかな・・・普通は船長が決断するんだろ?こういうのってさ。

 

○○「俺に聞きますか!?・・・砲撃準備もできてて、向こうも撃ってきてるなら反撃でいいんじゃない?」

 

ミーサ「あらあら。」

 

チアキ「決まりね。」

 

茉莉香「うん!決まりだね。それじゃあ、砲撃準備!敵が少しでも怯んだら、そのままドッキングを行って船内に潜入!」

 

クルー「了解!」

 

シュニッツァー「砲撃準備完了。さて、それじゃあ一発いくか・・・。」

 

茉莉香「お願いシュニッツァー。」

 

茉莉香の一言で、弁天丸は攻撃体制に入った。そして一気に相手側に接近したのである。

 

 

・・・相手船内・・・

 

 

○○「で、あちらの船に乗り込んだのはいいけど・・・。」

 

茉莉香「どうしたの○○君?」

 

チアキ「ぼさっとしてると置いていくわよ?」

 

○○「シュニッツァーさん、何で俺までここにいるんすか?」

 

シュニッツァー「船長達の希望だ。お前が来ないと行かないと言うからな。」

 

○○「だからって、無理矢理俺を引っ張ってこなくても・・・。」

 

ミーサ「はいはい、諦めなさい。お仕事終わったらパーっとやりましょうよ♪」

 

○○「料理するの結局俺やないですか・・・」

 

ミーサ「それは仕方ないわね。」

 

○○「シュニッツァーさん~。」

 

シュニッツァー「すまん。」

 

あぁ、ここに俺の味方は誰一人いないんですね・・・。そんな風に思っている俺等はおいていかれていた。

 

○○「あれ?皆は・・・。」

 

回りには誰もいなくなっていた。

 

○○「マジでおいていかれたよ・・・追いかけなきゃ!!」

 

急いで茉莉香達を追いかけた。しばらく行くと、道がふたてにわかれていた。どちらに進んだものか・・・

 

 

・・・一方茉莉香達は・・・

 

 

茉莉香「さてと、大分奥まで進んだけど・・・」

 

チアキ「いかにもって扉があるわね。」

 

百眼「ちょっと待ってな。こりゃ~すげ~セキュリティだな。」pipipi

 

百眼が、扉に掛かっているセキュリティを解きはじめた。すると、ミーサがあることを思い出した。

 

ミーサ「あら?○○は何処に行ったのかしら?」

 

茉莉香「えっ!?ミーサ一緒に来ていなかったの!?」

 

ミーサ「私はてっきりシュニッツァーと来てるもんだと?」

 

シュニッツァー「すまん。俺も気づいていなかった。」

 

チアキ「すまんじゃないでしょ!!どうすんのよ!ここは、未確認の船なのよ!そんなところに一人なんて危ないじゃない!!」

 

茉莉香「そうだね!・・・クーリエ?こちら茉莉香!」

 

クーリエ『は~い、こちらクーリエです。どうしたの?そんなに慌てた声なんか出して?』

 

茉莉香「この船の見取り図はまだ解析出来ないの?」

 

クーリエ『今丁度出来たとこだよ。それがどうかしたの?』

 

茉莉香「○○君とはぐれちゃったの!!で、○○君の居場所をすぐに見つけ出して!!」

 

クーリエ『えぇ!何してるんですか!?すぐに見つけるから、後でまた連絡いれるからね!!』プチッ

 

茉莉香「ひとまずクーリエの連絡を待ちましょう。」

 

チアキ「そうね・・・そうしましょう。」

 

ミーサ(あらあら、○○ったら二人から心配されて。無事に戻ってこなかったら許さないからね!)

 

茉莉香達の心配そうな顔を見ながら、ミーサは○○の無事を祈りつつ多少恐ろしいことを考えていた。それと同時に百眼から返事があった。

 

百眼「お~い!セキュリティの解除終わったから先に進めるぞ!」

 

茉莉香「取り合えず先に進みましょう!」

 

解除された扉をくぐり、奥へと向かった茉莉香達一行。扉の奥に進むと、そこには見慣れないロボットが立っていた。

 

ミーサ「いかにも侵入者対策って感じね。」

 

百眼「しかし、見た感じ動く気配は無さそうだな。」

 

茉莉香「よかった。ん?何だろうこのボタン??」ポチッ

 

チアキ「茉莉香!!勝手に押さないで!!」

 

茉莉香「へっ・・・」

 

パカッ

 

茉莉香「きゃあぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!」

 

チ・ミ・百・シュ「茉莉香!!!!」

 

突然空いた穴に茉莉香は落ちていった。

 

 

・・・一方○○は・・・

 

 

○○「う~ん・・・どっちに行こうかな?・・・」

 

未だにどっちに進むか迷っていた。

 

○○「どうしよ・・・どちらにしようかな宇宙の神様の言う通り。」

 

何て事をしていて、決まったのは左の道だった。取り合えず進む事にした。しばらく進むと、何やら通信室らしき部屋に出てきた。ちなみに何故通信室と答えたかと言うと、目の前にモニターとマイクがあるからである。

 

○○「これ動くのかな?」

 

興味本意で機械をいじっていると、突然機械が動き出した。俺は慌てて機械を止めたいが、むやみやたらに弄るのは怖かったのでいじれなかった。すると、頭上から声が聞こえてきた。

 

???「きゃあぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!」

 

○○「な、何だ~!!」

 

俺は上を見た。すると先程までなかった天井に、大きな穴が空いていた。そこから出で・・・もとい落ちてきたのは・・・。

 

○○「あれは・・・ま、茉莉香!?」

 

茉莉香「○○~く~ん~!!」

 

○○「お~い!茉莉香!って返事してる場合やないよ!このままじゃ落ちてまう!受け止めれるかわからんけど、やるしかないか!」

 

俺は、受け止めれるかわからないが、茉莉香をしっかりと受け止める体勢に入った。しかし・・・

 

茉莉香「うわぁぁぁぁっ!」

 

○○「うぎゃ~!!!!」

 

ドシーン・・・

 

見事に俺と茉莉香は、お互いぶつかったのである。

 

○○「痛たたたたっ・・・」

 

茉莉香「だ、大丈夫か?」

 

○○「うん・・・何とかね。」

 

○・茉「・・・・・・」

 

お互い顔を見合わせた。だが、何か様子が変だ・・・何故俺が目の前にいるんだ??まさか・・・俺の頭の中に嫌な予感がした。

 

○○「えっ・・・私が目の前にいるの?」

 

茉莉香「そう言われたら、俺の目の前には俺がいるけど・・・」

 

○○「まさか私達・・・」

 

茉莉香「そのまさかやな・・・お互いが入れ替わってるわ・・・。」

 

○○「えっ・・・えぇぇぇぇぇぇぇっ!!!!」

 

お互い入れ替わったままの俺達は、チアキ達と合流して俺達の出来事を話した。そして、ミーサさんから出た提案は・・・

 

ミーサ「仕方ないわね、茉莉香と○○は暫くどちらかの家に一緒に住んで、船では船長室に一緒に寝泊まりしてもらうしかないわね。じゃないと、何時戻るか分からないしね。」

 

○○「えぇ!そんな・・・一緒だなんて///。」

 

茉莉香「いやいや!ミーサさんそれは不味いでしょ!」

 

チアキ「そうですよ!二人一緒なんて・・・私は反対です!!」

 

ミーサ「でも、それしか最善の方法がないのよね。」

 

チアキ「しかし・・・」

 

百眼「仕方ないな。」

 

ケイン「そうだな、ま~○○なら大丈夫でしょ?船長も別に満更でもなさそうだしね♪」

 

クーリエ「右に同じ~。」

 

ミーサ「それじゃあ決まりね♪」

 

チアキ「・・・・・・」

 

茉莉香「ハハハッやれやれだな。ってことで茉莉香、暫く宜しくな。」

 

こうして俺の初海賊業務?は終了した。しかし、これからもとに戻るまで茉莉香と一緒にいなきゃならないのね~。どうなることやら・・・


0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
2
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択