No.468962

第2章 ○○「宇宙海賊?」

虎命!さん

学園生活を満喫していたが・・・

2012-08-12 06:37:05 投稿 / 全1ページ    総閲覧数:2258   閲覧ユーザー数:2151

茉莉香な家に行ってから一ヶ月後のこと。俺は何時も通りに学生生活を送っていた。

 

○○「さてと、次の授業は体育でソフトボールか。」

 

マミ「ソフトボールね~。」

 

○○「なんだ遠藤、球技は苦手なんか?」

 

マミ「球技系は苦手なのよ。他は得意なんだけどさ。茉莉香が羨ましいよ、勉強に運動両方出来るんだからさ。」

 

茉莉香「そ、そうかな~?エヘヘ♪」

 

○○「でも、そんな茉莉香にも苦手なものがあるんだよな~」ニヤニヤ

 

マミ「あ~、あれか~」

 

○○「あれですわ。」

 

茉莉香の苦手なもの、それは即ち料理である!依然茉莉香の家にお邪魔したときに、母親の梨理香さんが包丁で怪我をしてしまい、その代わりに茉莉香が料理の続きをしたのだが、結果は虚しく軽く焦げて出てきた茉莉香がいたのであった。

 

茉莉香「な、なによ~!料理なんてちょっと練習すれば出来るんだから!!」

 

○・マ「ま~そう言うことにしておきましょう・・・」

 

俺と遠藤は、お互い遠くを見つめていた。

 

チアキ「バカやってないで、さっさとグラウンドに移動したら?もう皆行ったわよ。」

 

○・茉・マ「わ~!!急げ~!!!!」

 

俺達は慌ててグラウンドに向かった。

 

 

・・・グラウンド・・・

 

 

先生「はい皆さん、今からソフトボールをしますので、チーム分けをして下さい。」

 

女子生徒「○○君、私達のチームに入ってよ♪」

 

女子生徒「ダメ!○○君は私達のチームに入るの!」

 

○○を巡って言い争いが始まってしまった。それを見かねた体育教師が

 

先生「皆落ち着いて。それじゃあチームの代表者がくじを引いて、当たりを引いたチームに○○が入る事にするから。」

 

全員「は~い!」

 

各チームの代表は誰になるのか?

 

女子生徒「私達は誰にする?」

 

女子生徒「ここは、茉莉香にしようよ♪○○君と仲良いしさ。」

 

茉莉香「私!?私クジに自信ないんだよね。」

 

女子生徒「でも、茉莉香が引いてハズレても誰も文句言わないよ。」

 

茉莉香「も~わかったよ。」

 

茉莉香は、皆に言われて渋々代表になった。果たしてその結果は・・・

 

○○「さて、どうなったかな?」

 

俺はチームが決まるまでの間にトイレに行っていた。その時、向こうから叫び声(?)見たいな声が聞こえてきた。

 

茉莉香「やった~!引いたど~!!」

 

○○(よ○こ濱○さん!?)

 

茉莉香「あっ!○○君、クジ引き当てたよ!!」

 

先生「じゃあ○○は加藤達のチームだ。残りはさっさと決めてしまって。」

 

全員「は~い!」

 

こうして決まったチームだが、俺と同じチームには俺、茉莉香、クリハラが一緒だった。

 

マミ「いいな~茉莉香達、私も同じチームがよかった。」

 

先生「それじゃ始めるぞ!」

 

こうして試合が始まった。試合はお互い緊迫した投手戦、均衡を破ったのはマミの一打だった。マミのタイムリーで一点を先制した相手チーム。俺達はこの回に逆転しないと負けてしまう。

 

茉莉香「う~!マミのタイムリーがここで出るとは。でもまだ最後の攻撃があるし逆転するよ!」

 

チームメイト「お~!!」

 

茉莉香の掛け声で気合いをいれたメンバー!ここからどんな攻撃を仕掛けるのか。

 

チアキ「先頭は私ね。」

 

茉莉香「チアキちゃん頑張れ~!」

 

○○「クリハラ頼むぞ~!」

 

マミ「最初のバッターはチアキちゃんか。いっくよ~!」

 

チアキ「そこ!」カキーン

 

茉莉香「打った!回れ~チアキちゃん!」

 

○○「ヨッシャ~!二塁打や!!続け~!」

 

クリハラの二塁打で押せ押せムード中、続くバッターは送りバントでワンアウト三塁。そして次のバッターは茉莉香だ。

 

○○「茉莉香~いけ~!」

 

茉莉香「よ~し!マミ!勝負よ!!」

 

マミ「まっけないよ~!ウリャ!」ビュッ

 

茉莉香「それ!」キーン

 

○○「あぁ!浅い!これじゃ返れない。」

 

茉莉香の打球は低いフライになり、内野と外野の間に落ちたが、三塁のクリハラはホームに行けなかった。そして、打順は俺に回ってきた。

 

○○「ここで俺に回るか~!」

 

茉莉香「頑張れ~!○○君~!」

 

チアキ「ちゃんとしなさいよ!」

 

○○「ここで打たなければ、男が泣くぞ!打ってやるよ!!」

 

マミ「フフフッ、○○だからって手加減はしないよ。」

 

○○「望むところ!こっちは一応昔野球をやってたんだい!来い!遠藤!!」

 

マミ「その意気込み、流石だね。受けてたつよ!○○」

 

俺対遠藤!果たして勝負の行方は・・・!!

 

 

グワラゴワガキーン!!

 

 

茉莉香「やった!当たった!」

 

チアキ「よし!これで・・・なっ!?」

 

俺の打った打球は、クリハラに向かっていった。

 

茉莉香「危ないチアキちゃん!!避けて!!」

 

茉莉香が言ったときには時すでに遅し。打球はチアキの脇腹に直撃した。

 

チアキ「ガハッ・・・クッ・・・」ドス

 

○○「クリハラ!!大丈夫か!?」

 

茉莉香「チアキちゃん!しっかりしてチアキちゃん!!」

 

先生「急いでクリハラさんを保健室に!!」

 

○○「俺が連れていきます!!クリハラ、しっかりしてくれ!」

 

俺はクリハラをいわゆるお姫様抱っこをして、保健室へと急いで向かった。

 

 

・・・保健室・・・

 

 

○○「クリハラ、無事でいてくれ・・・」

 

茉莉香「○○君、チアキちゃんの様子はどう?」

 

○○「保険の先生は、腹部に当たったけど大事には至らないようやって。」

 

茉莉香「そっか、安心したよ。○○君はどうするの?」

 

○○「俺はクリハラが目を覚ますまでここに居るつもりや。」

 

茉莉香「わかった。私もバイト終わってからまた来るから。」

 

茉莉香はそう言い残して、保健室から出ていった。それから3時間後・・・

 

チアキ「う、う~ん・・・ここは・・・?」キョロキョロ

 

チアキは、自分の起きた状況を整理していた。

 

チアキ「そっか、私体育の授業中にコイツの打ったボールが当たったんだ。」

 

チアキは、気絶する前の状況を整理した。そして、辺りを見回して○○を見て一言。

 

○○「Zzzz・・・」

 

「・・・で、何で当てた本人がここにいて、しかも座ったまま寝てるのかしら?もしかして、ずっとそばに居てくれたのかしら?」

 

チアキは、椅子に持たれたまま寝ている○○を見てそう考えた。すると・・・

 

○○「う~ん・・・はっ!寝てしもうた!!ってクリハラ気が付いたんか?」

 

チアキ「えぇ、今さっきだけど。それよりあなたずっとここにいたの?」

 

○○「あぁ、俺が原因だしこのままほっとけないからさ。」

 

チアキ「変なところで気を使うのね。」

 

○○「ハハハ、女性に怪我をさせてもうたからね、責任は感じるよ。」

 

チアキ「ばっ、馬鹿じゃないの///」

 

○○「でも良かったよ。目立った怪我も傷もなくて。もし、傷などあったら責任とらないといけないからな。ま、クリハラだったらそれも良いけど。」

 

チアキ「何馬鹿な事言ってんのよ///」ドキドキ

 

○○「さて、そろそろ帰ろうか?途中まで送っていくけど?」

 

チアキ「そ、そうね!お願いするわ///」

 

俺とクリハラは、保健室を出て街に向かった。

 

チアキ「そう言えばあなた、アルバイトは見つかったの?」

 

○○「いや~、それがまだでさ。何処かに良いバイトないかな~と思ってさ。」

 

チアキ「そうね~、あなた何が得意なの?」

 

○○「得意っていうか、料理するのが好きだけど?」

 

チアキ「料理ね~、だったら家に来ない?丁度料理できる人を探していたところだったのよ。」

 

○○「クリハラのとこ?何か料理屋でもやってるの?」

 

チアキ「そのうちわかるわよ。」

 

○○「??」

 

クリハラは、気になる発言をしたまま黙ってしまった。

 

チアキ「それじゃあ私はこっちだから。」

 

○○「ああわかった。」

 

チアキ「働く件、考えておいてね。こっちも船長に言っておくから。・・・後、私の事チアキで良いわよ。それじゃ」ニコッ

 

○○「あ、あぁ。わかったよ、それじゃあまた明日。」ドキッ

 

俺は、クリハラと別れて家に向かった。

 

○○「クリハラ、ちゃんと笑えるやん。何時もあんな顔してたら愛いのに。けど、船長に言っておくって何だ?」

 

考えながら自宅へと向かった。

 

 

・・・それからさらに一ヶ月後・・・

 

 

チアキ「○○、以前話した件覚えてる?」

 

○○「あぁ、チアキの所で働くって件だろ?覚えてるよ。」

 

チアキ「えぇ、それで船長から是非お願いするように言われたから、今日の放課後にでも、空港に来てほしいの。」

 

○○「空港に?何でまた??」

 

チアキ「あなたの雇い主が、宇宙にいるからよ。」

 

○○「宇宙に!?何で宇宙なんだよ!?」

 

チアキ「あぁ、そう言えば伝えてなかったわね。あなたの雇い主は宇宙海賊弁天丸の船長だからよ。」

 

○○「う、宇宙海賊だ!?そんなのアニメか空想の話だろ?」

 

チアキ「そう思ってしまうのは仕方ないわね。けれど、事実なのよ。」

 

○○「マジですか!?」

 

チアキ「マジよ!」

 

○○「は~、取り合えず会うだけ会ってみるわ。」

 

チアキ「そんなに落ち込まないでも大丈夫よ。船長は、あなたとも深い関わりがある人物だから。」

 

○○「はぁ??」

 

俺は首を傾げながら、放課後チアキと一緒に空港に向かった。

 

○○「で、今から何処に向かうんだ?」

 

チアキ「直接弁天丸に向かうから、自家用のシャトルで向かうわよ。」

 

○○「自家用って・・・チアキ、お前は何者だ?」

 

チアキ「それは向こうについてから話すわ。シートベルトしっかりしてね。」

 

チアキは、そう言い残すとものすごい勢いで空港を後にした。そして俺は宇宙に出た。

 

○○「は~、久々に宇宙出たけど、相変わらずスゲ~な!」

 

チアキ「そうかしら?私は良く出てるからあまりそうは思えないけど?」

 

○○「チアキらしいな。で、今から向かう弁天丸ってのはどんな海賊船なんだ?」

 

チアキ「どんなって言われても・・・ひとつ言えるのは、あなたが思ってるような海賊船ではないわよ?うちの船長があんなんじゃ不安かも知れないけどね。」

 

○○「不安?」

 

チアキ「まぁ、着いてからのお楽しみにしといて。・・・そろそろ着くわよ!」

 

○○「はいはい。」

 

おれは、シートベルトをしっかりと着けてるか確認した。そしてシャトルは弁天丸に到着した。

 

 

・・・宇宙海賊船弁天丸・・・

 

 

チアキ「こっちよ。」

 

チアキに案内されて、俺は船長がいるブリッジに向かっていた。

 

チアキ「ここがブリッジよ。ここに船長がいるから。」

 

○○「わかった。しかし、俺と認識のある人物って誰だ?知り合いに海賊やってる人はいないけど?」

 

チアキ「会えばわかるわよ。こっちよ///」ギュッ

 

チアキは、少し照れ臭そうにしながら俺の手を引いてくれた。

 

 

・・・ブリッジ・・・

 

 

チアキ「船長、ただいま戻りました。」

 

???「お帰り、待ってたよ。」

 

チアキ「ほら、あなたも早く入りなさい。」

 

○○「おわっ!引っ張るなよ!は、初めまして。この度こちらで働くかのお話をさせにこさせていただきました・・・」

 

???「○○君だよね♪」

 

○○「えっ!?何で俺の名前を知って・・・」

 

俺は、驚きのあまり顔をあげた。そしたらそこにいたのは、見慣れた顔だった。見慣れたどころではなかった・・・そこに立っていたのはこの船の船長たる人物。その人物はと言うと・・・

 

○○「ま、茉莉香!!??」

 

茉莉香「エヘヘ~、私だよ○○君♪」

 

○○「何で茉莉香がここに?てかここは海賊船だよな?そしてここはブリッジで、茉莉香がそこに座ってると言うことは・・・まさか!」

 

茉莉香「そ!そのまさかだよ♪んんっ!!宇宙海賊船弁天丸船長のキャプテン茉莉香です♪そして・・・」

 

チアキ「宇宙海賊船弁天丸副船長のチアキ・クリハラよ。」

 

茉莉香「驚かせてごめんね○○君。」

 

○○「・・・・・・」ポカーン

 

百眼「船長!!こちらの客人、あまりの衝撃に動かないぞ。」

 

クーリエ「ま~仕方ないよね。同級生二人が海賊船の船長と副船長って聞かされたらね。」ポリポリ

 

お菓子を食べながら答えるのは、はっぴを着ていて眼鏡をかけてる女性だった。

 

茉莉香「○○君!?しっかりして!!」

 

○○「はっ!!悪い悪い、余りの出来事に一瞬意識が飛んだよ。」

 

茉莉香「アハハハ・・・ごめんね。」

 

チアキ「で、○○はここで働くの?働かないの?」

 

○○「あぁ、そうだったね。どうしようかな・・・ん~」

 

茉莉香「駄目・・・かな?」ウルウル

 

チアキ「駄目なの・・・」シュン

 

○○「え~と・・・その~」オロオロ

 

ケイン「○○、うちの船長は愚か、副船長まであんな風に頼むことは滅多にないぞ?ここは、俺からも頼むよ。」

 

ミーサ「私からもお願いするわ。船長達がこんなにお願いするのは珍しいわよ?特に男の子にたしてはね。」

 

○○「ケイン先生にミーサ先生まで!?二人とも海賊だったんですか?」

 

ケイン「まあね。で、どうするんだ?引き受けてくれるんだよな?」ニッコリ

 

○○(ケイン先生、笑顔が物凄い怖い・・・)

 

ミーサ「引き受けてくれないなら・・・ウフフ」

 

○○(引き受けないならなんですか~!!けど・・・)

 

茉・チ「・・・」ウルウル

 

○○「わかりました。ここの料理を引き受けさせていただきます。」

 

ケ・ミ「そうこなくっちゃ!!」パチン

 

茉莉香「ありがとう○○君!!」ダキッ

 

○○「ちょっ!茉莉香!?」

 

チアキ「茉莉香!ちょっと離れなさいよ!!」

 

ケイン「これから賑やかになりそうだな。」

 

百眼「そうだな。」

 

クーリエ「いいんじゃない?茉莉香ちゃんもチアキちゃんも喜んでるし。」

 

ミーサ「そうね。さて、これから忙しいわよ!」ニッコリ

 

俺はこうして、今日から宇宙海賊船弁天丸の料理長?としてこれからお世話になる人達とブリッジで、茉莉香とチアキに抱きつかれていたのだった・・・これからどうなるんだ?


0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
2
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択