No.948318

真・恋姫この二人の冒険者に祝福を!2第一話

アサシンさん

金策奔走

2018-04-10 07:04:03 投稿 / 全3ページ    総閲覧数:552   閲覧ユーザー数:507

 

 

 

ついに雪が降り始めた今日此の頃、自分は一人でアクセルの街近くの平原にて大量のジャイアント・トードを相手に戦っている、何故かって?普通に内臓売るレベルの国家予算並みの借金を返済するためだが何か?

っと言う訳で、以前討伐した初心者殺しの素材で作った某有名なゲームに登場する暗殺教団の暗殺者の服装に、隠して死守した霊剣を背に、腰に雪刀を佩いてウィズの店に行き。モンスターを誘き寄せるポーションを残った有り金で買えるだけ買って手始めに近場で狩りやすく数が多いジャイアント・トードを討伐しに来たんだが

 

 

カズト「数が多過ぎないか?」

 

 

この寒い時期にポーションも使う前からボコボコと地面の中から湧いてくる、まぁこの二振りの剣(つるぎ)の試し切りには丁度いい、ベルディアから頂いた霊剣は冬将軍の時に一太刀しか振るわなかったしあのテンモクイッコウリスペクト野郎に腹にブッ刺したまま放置された刀に至っては自分の血を拭って間違っても盗まれない様に仕舞っていたから人達振るうどころか佩いたのも今日が初めてだ・・・・・他のアイテムや武具は著作権的な物と一緒に全部売り払った、ブルータルアリゲーターの革(革製品)に試作段階の物とその図案やメモも全て。御蔭でベルディアの時に課せられた自分の分の借金も近い内に完済出来るだろう

 

 

カズト「(ザシュッ)っと、コイツでこの辺一帯は討伐しちゃったか。それで四人ともどうして此処に?」

 

セナ「こんにちわホンゴウさん、いえ、先の真夜中に起こった爆裂騒動でジャイアント・トードが多く目覚めてしまい、アナタのパーティーに討伐するようにと」

 

カズト「通りでこんな寒い中トードが多いわけだ、とりあえず先ほどポーションを撒いて誘き寄せもしましたけどアクセルの街近辺はほぼ討伐したかと思われます」

 

カズマ「なぁブラザー、他にこの時期美味いクエスト無かったか?俺達セナさんに連れて来られてギルドに寄らなかったんだ」

 

カズト「それなら丁度いい、こんな時期なのに峠と森林エリアにゴブリンの群れが複数別々の場所に移住して来た様だぞ?参謀」

 

カズマ「おいちょっと待て、それっていい稼ぎに成るゴブリン共と初心者殺しが複数来ているって事か、前衛を頼めるか?」

 

カズト「肯定だ、テイラーからクルセイダーのスキルを幾つか手解きを受けた、アクアが居るから問題は無かろうがサンクチュアリ(聖域)も発動可能だ」

 

カズマ「う~っし!そんじゃぁ基本方針を決めるぞ?最前衛は兄妹、俺は弓矢で支援、アクアは全体に支援と回復魔法、めぐみんは初心者殺しが餌にしているゴブリンを一ヵ所に集めるから安全地帯からぶち込んでやれ」

 

アクア「まかせてちょうだい」

 

めぐみん「先制爆裂出来ないのは致し方ありませんか」

 

カズマ「それじゃぁ案内してくれ兄弟」

 

カズト「了解だ参謀」

 

セナ「では私はこれで、ジャイアント・トードの討伐と回収はこちらで手配して置きますね」

 

 

セナさんは街に戻り、自分達は複数のゴブリンの集団とそれを追いたてる初心者殺し討伐に向かった

 

 

 

 

 

 

アクセルへの帰路にて

 

 

カズト「今日は本当助かった、報酬の分け前は本当にいいのか?」

 

ゆんゆん「いっいえ本当にお構いなく」

 

アクア「本当!?ありがとうね♪」

 

 

複数の初心者殺しとソイツ等が追い立てたゴブリン達相手に肉壁が無く苦戦するも何とか一匹も残さず討伐し終えた後の事だ。森の中から出た所でその一帯に隠れ潜んでいたジャイアント・トードの群れに囲まれたのだ

先に初心者殺しをアクアの支援魔法を掛けてもらってから兄弟と二人でアサシンよろしく暗殺して面倒な方を撃滅、アクアとめぐみんの二人に見晴らしのいい高台で待機して貰い、自分と兄弟で散らばっているゴブリンの集団を森の中の一角に追い立てた、初心者殺しの毛皮を被って。初心者殺しに追い立てられて来た全てのゴブリンを一ヵ所に集め、手鏡の反射を利用してめぐみんに合図を送る、勿論自分と兄弟の安全確保をしてからだ

纏めて爆殺するまでは良かった・・・そう、其処までは本当に良かったのだ、例によって自分は兄弟と爆心地に出来ているガラスを回収し終え、アクアが魔力枯渇で動けないめぐみんを背負って合流し初心者殺しの素材も回収してアクセルへ戻ろうとした所で。爆裂魔法に驚いてか引き付けられたこの周辺一帯に潜んでいたジャイアント・トードの群れとエンカウント

アクアはめぐみんを背負っており、初心者殺し複数体への奇襲染みた暗殺に神経をすり減らしてトドメに初心者殺しから剥ぎたての毛皮を被ってのゴブリンの誘導・・・もうね?肉体的にも精神的にもキツイ所にジャイアント・トードがダース単位でやって来た♪・・・・・・マジ終わったかと思ったよ。その時駆けつけたと言うかストーキングしていた女の子、ゆんゆんが助太刀してくれた御蔭で粘液塗れに成らずに済んだ、自分と兄弟は、アクアとめぐみんはマミった所を助けられ自分と兄弟も背中合わせでジャイアント・トード共を相手取っていた故に助けに行く事が出来なくて本気と書いてマジでヤバかった

その後、自分とアクアはめぐみんとの勝負?に負け粘液塗れになったゆんゆんを連れて先にアクセルの街へ討伐報酬と素材の買い取り、クエスト達成の報告に向かっている所だ、兄弟とめぐみんは先に屋敷に戻って湯を沸かして置いて貰った

ゆんゆんとはアクセルの東門に入った所で別れて自分は粘液塗れだがルンルンと鼻歌を歌う余裕があるアクアに先導され冒険者ギルドへ向かった

 

 

カズト「どうもルナさん、クエスト完了報告に来ました」

アクア「したー」

 

ルナ「御疲れ様でしたカズトさんアクアさん、カードをお預かりしますね・・・・・うわぁ」

 

 

カエルの粘液塗れのアクアを見ても普通に対応していたのに自分達のパーティーの冒険者カードに記録されているモンスター討伐の記録を見て普通に引かれた、地味にダメージ貰うなコレ。その後初心者殺しから剥ぎ取った素材を買い取り専用の受付の人に案内されて着いた場所へ持って行ったらコッチは以外にも見慣れているのか量に少し驚いたくらいで直ぐに質を見定めて基本よりも高めに買い取って貰った。受付嬢のルナさんとおしゃべりして待っていたアクアの所に戻り今回のクエストと準緊急クエスト扱いの大量発生したジャイアント・トード討伐の報酬も借金から差し引かれるもかなりの金額が手元に残った、ついでに自分のベルディア戦で負った借金は消え、アルダープの屋敷の分とアクアの借金返済に何割か当てて貰い二人で屋敷に戻った

 

 

 

 

 

 

 

 

アクア「ロリニート」

 

カズマ「ぴゅぃっ?!」

 

カズト「何が如何して混浴に至った?」

 

めぐみん「聴かないでくださいお願いします」

 

 

帰ったら兄弟がようj・・・しょうj・・・・JOSEIのめぐみんと混浴していたらしい、二人に報告に行ったアクアに兄弟が助けを求めた事により事態が発覚、扉をフリーズでカチンコチンに凍らせるって、使えるな(真_顔)

何て騒動があった翌日、ダクネスがお嬢様になって戻って来た。話しを三行くらいに要約すると『アルダープが息子との見合いを要求・この世界では年頃の娘の相手を探して来たダクネスの父親が乗り気・自分達に何とかしてくれと救援要請』と言った所だ。この件に関して見合い相手の領主とは全く違い善良な良き貴族らしいアルダープの息子の似顔絵を破り去った兄弟とアクアが担当した

っと言うのもセナさんに要請を受け自分はめぐみんを連れて他の冒険者達と共にキールのダンジョンに向かう事と成った、なんでもダンジョンに異常が起きており最後に其処を訪れたのが自分達のパーティーと言う事で何か知らないか?手を貸してくれと屋敷に訪ねて来たからだ・・・・・このパターンは

 

 

カズト「めぐみん、兄弟と合流後、指示があるまでダンジョンに入るのと爆裂魔法の使用を禁ずる、その間その杖で爆裂魔法を撃たなくてもモンスターを相手取れるよう杖術の鍛錬をしよう、カエル相手に喰われるのを防げるように成ろう」

 

めぐみん「魔法では無いのですね?そこの所詳しく」

 

 

道中めぐみんの方針を決めてセナさんに聞いた情報を思い出す、仮面にタキシード姿の自爆する自立人形について

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・この外史に続きを!2

 


0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
3
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択