No.943189

真・恋姫†無双~魏アナザー√2~(偽)

九条さん

真・恋姫†無双の魏√ 及び 真・恋姫†夢想-革命- 蒼天の覇王 その後

2018-02-27 17:02:46 投稿 / 全3ページ    総閲覧数:2733   閲覧ユーザー数:2436

 

※原作のネタバレ?含みます。注意して下さい

 

 

 

 

 この世界に戻ってきて早三年。本当にあっという間だった。

 あの世界での時間は、過ごした時間に比べても長かった。見ず知らずの男達に襲われて、助けらて、色々な人達と出会い、戦場を共にした。

 街の人達もみな優しかった。全員がそうではなかったにせよ温かい世界だった。

 

 心残りがある。

 最後に顔を見せてくれたわけではないけど、泣かせてしまった人がいる。

 不敵な笑みがよく似合う子を泣かせてしまって過去がある。

 

 あの日、あの放課後で、再びあの世界戻れたらと強く願った。

 この三年間は全てその為に費やしてきた。

 

 あの世界は俺がいなくなったことで曹操による天下統一というひとつの外史になったそうだ。

 正史に逆らい運命を変えたことで消えた俺が何からの手段を用いて再びあの世界に戻ることで、外史の定義が不安定になり、良からぬことを考えるものが出てくるかもしれない。

 そして、いつかまた世界から消えることになったとき、こっちの世界に戻って来れるかどうかは分からないと、三年前に現れた貂蝉は言った。

 

 尊敬する爺さんや両親がいる。学生時代の友人達もいる。

 それでも、あの王の行く末を隣で見続けたいと思ってしまった。

 この思いを変えることができなかった。

 

「決心は……変わらないのねん?」

 

 相変わらずの、もはや見慣れてしまった姿の貂蝉が言う。

 「仮の免許皆伝心じゃ」とかなんとか言いつつ爺さんに無理やり渡された、道場に飾ってあった真剣を持ち上げて、心の中でお世話になった人達への感謝を。

 おそらく爺さんには薄々感づかれていた気もするけどもはや迷うことはない。

 

「…………ああ」

「ますます良い顔になったわねぇん」

 

 貂蝉がどこからか銅鏡を取り出した。下半身のある場所から取り出したように思えたが気にしてはいけない。

 

「これはご主人様が外史を作り出した原因……のレプリカよぉん。レプリカと言えど、これは強い願いに反応するように作られてるわ」

「強い願い……」

「そう、ご主人様の真っ直ぐな気持ちを思い浮かべれば、再びあの世界に戻れるはずよぉん」

 

 渡された銅鏡に自分の顔が反射する。

 

「華琳……」

 

 いつも俺を試していた。

 

「華琳……」

 

 頬を叩いた俺を驚いて見ていた。

 

「華琳っ……」

 

 本気で俺を叱りつけていた。

 

「華琳……!」

 

 泣きじゃくる俺を抱きしめてくれた。

 

「華琳……!!」

 

 震えた声のくせに、一度も振り返らなかった。

 

「かりん……!!!」

 

 

 一瞬で辺り一面を覆い尽くすほどの光が溢れ、そして消えた。

 残されたのはいくつもの破片になった銅鏡だったものと貂蝉だけだった。

 

 

【やたらと長いあとがき】

 

お久しぶりです

九条です

 

HRも140になり手持ち無沙汰になったところで

孫呉の血脈が発表されたので触発され執筆しました

続くか続かないかは別として(もし続いたらタイトル変えます)

読んでいただけたら分かるように魏√のその後になります

 

自身の作品でも3回目ぐらいらしいですこういうの

でも報われたっていいじゃないと

孫呉の血脈でも全員生存√とか欲しいですけど

おそらく蒼天の覇王と同じく

新規キャラを追加したシナリオはそのままで細かな再編という形になるんじゃないかなと

報われない……

シナリオを書いていたバッジョさんが退社されたということで

今後どうなることやら……応援はし続けますが

 

既に2年半近く放置されている作品は完結することはないでしょうきっと(ぉぃ

ただ、色々とコメントを頂いていますので削除はしないことにしました

 

香風と恋が相変わらず可愛すぎるので、2人をヒロインにした話とか

呉√に何進、何太后を加えて思春と傾に対して主従をはっきりさせる話とか

もしくは詠ちゃんも加えて?とかも面白そうだなぁなんて

褐色はスバラシイ文化

 

ではでは次回があればまた会いましょう

(#゚Д゚)ノ[再見!]

 

0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
5
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択