No.847265

【獣機特警K-9IIG】殺戮の序曲(完)【交流】

古淵工機さん

執筆中にフリーズとかいろいろあったけどどうにか完成。

■出演
クオン:http://www.tinami.com/view/551025
イシス:http://www.tinami.com/view/609970

続きを表示

2016-05-11 23:56:11 投稿 / 全8ページ    総閲覧数:713   閲覧ユーザー数:683

ラミナ市近郊の産業都市・タイゴンバレー市。

その郊外、廃坑の奥深くにブラッドファミリーの秘密工場はあった。

 

「フフフ…こんだけのデス・フォッグがあればどんだけ殺せるかねえ…」

精製プラントの前で不気味にほくそ笑むのはスレイ・ブラッド。カプセルの中には緑色に輝くデス・フォッグが充満している。

その時、闇を裂くサーチライトの光がスレイ・ブラッドを照らし出す。

「動くな!これ以上好き勝手にはさせないぞ!」

やってきたのはK-9隊の久遠・ココノエ、イシス・ミツザワ、ジョナサン・ボーイング、筑波未来の4人だ!

 

「へっ、やっぱり来やがったか。懲りねえヤツらだぜ」

「それはこちらの台詞よ!」

「今日という今日はお縄を頂戴してやる!」

「さあ!覚悟しやがれ!!」

一斉に攻撃態勢に入る4人。

 

だが、スレイはその4人を見るや声を上げる。

「おっと!いいのかなこんなところでドンパチやっても?」

「なにっ!?」

「俺の後ろにあるプラントが少しでも傷つけばデス・フォッグがこの廃坑から流れ出す!そうなりゃタイゴンバレーはオシマイってワケだ!」

「くっ、卑怯なマネを!」

「ヒャハハハ!どうだ、手も足も出ねえだろォ?逆に俺は攻撃し放題だがな!!」

そう言いながら、スレイはイシスとジョニーめがけて手のひらからビームを発射する!

 

「きゃっ!」

「ぐわっ!!」

「イシスさん!ジョニーさん!!」

「くそっ!あれじゃうかつに攻撃できない…!」

「ヒャハハハハ!じゃあそろそろメインイベントの開始と行くかね!」

スレイがスイッチに手をかけようとしたその時だった。

「あっはっはっはっは!あんたたちの作戦は全てムダになったにゅ!」

突然、スレイの背後から一人の女性ロボットが姿を現した。キャプテン・ミミナだ!

 

「な、なんだテメー…まさか、ストレィキャッツ海賊団のミミナとかいう野郎か!?」

「ご名答だにゅ。今この瞬間、あんたの目論見は崩れたにゅ」

「なんだとぉ?冗談もたいがいに…」

「冗談だと思うならカプセルの中を見てみるにゅ」

 

スレイがカプセルを見ると、精製されていたはずのデス・フォッグは、透明な気体となっていた。

 

「なっ…て、テメー何しやがった!?」

「何って中和剤を全部のカプセルに仕込んだだけだにゅ。あたしの電子頭脳にはK.I.L.L.ガスの対処法もインプットされているのだにゅ」

「くそっ!コケにしやがって!こうなりゃまずテメーからだぁ!」

スレイは、手のひらからレーザーソードを展開してミミナに飛びかかる!

 

「そんな動き…止まって見えるにゅ!」

ミミナは素早い身のこなしでソードをかわすと、手の甲からレーザーナイフを展開して反撃に移る。

 

「にゅ!!」

「ぐあっ!畜生…オレ様の顔に傷を…!」

ミミナのレーザーナイフにより、スレイの左頬の人工皮膚は裂け、中からのぞく内部メカが火花を散らす。

「おっと!観念しろスレイ・ブラッド!」

クオン、イシス、ジョニー、ミライがスレイを包囲する。

「ちっ…今度会ったらただじゃ置かねえからな!あばよ!!」

スレイはポケットから煙幕弾を出すと、床にたたきつけてそのまま逃げ去っていった。

 

「うわっ!くそっ…逃げ足の速い奴だぜ!」

「あーもう!なんでこれからってときに逃げられるかなーっ!」

地団太を踏んで悔しがるジョニーとミライ。

「さて、事件も解決したことだし…キャプテン・ミミナ、君の身柄を…」

「た、隊長…そのミミナが消えて、代わりにこんな手紙が…」

「なに!?」

 

『残念でした。こっちもそう簡単に捕まる気はないにゅ。そいじゃ、また遊ぼうにゅ!ミミナより。』

「…くそーっ!これだから海賊ってやつはー!!」

ミライの叫びが、むなしく廃坑に響いた…。

こうして、ブラッドファミリーの恐るべき野望は砕かれた。

だが、いつまた彼らが牙をむいてかかってくるかわからない。

戦え!K-9隊!負けるな!ストレィキャッツ海賊団!


1
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
2
1

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択