No.672673

チラリズムを極めし者

「服や鎧は身体を守るための防具。局部を隠し羞恥心を抑えるという精神の防具でもある。
だが、極端に面積を減らした防具を“着る”というには些か疑問が残るのだ。防具としての意味が薄いものはもはや装飾品なのではないだろうか。要するにネクタイ、靴下、下着で通勤するオッサンのようなものだ。 面積を減らすなら水着のように意味をもたせねばならぬ。かと言って隠しすぎるとキャラクターの魅力が半減してしまう。
ではどうすれば良いのか? …簡単だ。…チラリズムだ。チラリズムすればいいのだ。 チラリズムとは宝探し、始まってすぐにお宝が見つかる宝探しなど価値がない。それはもうただの宝拾いなのだ。探すことに価値がある。
つまり露出全開のものより、チラチラ見えるほうが興ふッ…ゴホッ!ゴホッ!…魅力的なのだ。お前たちも…そう思うだろう?………」
「…師匠ッ!?師匠ぉおーーッ!!」

2014-03-21 23:55:20 投稿 / 724×910ピクセル

2014-03-21 23:55:20 投稿
総閲覧数:597 閲覧ユーザー数:586
724×910ピクセル

0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
11
4

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択