No.570799

真・金姫†無双 #38

一郎太さん

なんやかんやで、#38。

急展開。

そしてやっぱり#40で収まりそうな件について。

続きを表示

2013-04-28 17:20:48 投稿 / 全9ページ    総閲覧数:7507   閲覧ユーザー数:5187

 

 

 

#38

 

 

そんな訳で、俺たちが董卓軍に加担を初めてから3日目。

 

こいつぁ、ヤバいぜ!

 

「どうする、ねねたん?」

「むむむ……」

 

虎牢関の城壁で、地上の軍勢を見下ろす俺たち。昨日恋たんにボコられた劉備軍や、霞たんの部隊にいいようにあしらわれた公孫賛軍は、一旦下がっている。んで、最前線にいるのが。

 

「いやー、参った。まさか曹操と孫策が同時にくるとは思わんかったわ」

「なに他人事のように言っているのですか! 如何に恋殿がいるとはいえ、これは少々厄介な事やもしれまないのですぞ!」

「……zzz………呼んだ?」

「まだ寝てていいぞ、恋たん」

「ん……zzz」

 

そう、最前線には、雪蓮ちゃんと華琳ちゃんの軍。連合の中で一番強いんじゃね?

 

「そんじゃ、どするんすか?」

「それをいま考え中なのですぞ」

 

波才の質問に、ねねたんは簡潔に答え、腕を組むと唸り始める。だが、俺には言っておかないといけない事がある。

 

「はーい」

「何ですか?」

「霞たんから聞いたかもしんないけど、俺って長沙に店持ってんだよ。で、孫策とも仲が良くてな。それが使えるかもしれないぞ」

「……いいのですか?」

 

ふむ、俺の心配をしてくれるとは、ねねたんもとうとう俺にデレ始めたか。

 

「デレてなんかないのです! 勘違いも甚だしいのです」

「またまたー。そんなに照れなくてもいいんだぞ? よーしよしよし」

「ぬぁあああああっ! 抱っこするななのです! 頬擦りするななのです!」

 

言いながらも、そこまで暴れて抵抗を示す訳ではない。素直じゃないなぁ。

 

「お前に抱き締められてるから動けないだけなのです、この馬鹿力!」

「ほっぺ柔らけー。ぷにぷにー」

「くすぐったいのです! れ、恋殿ぉぉおおおっ!」

 

顔を真っ赤にするねねたんが可愛かったですマル。

 

 

 

 

 

 

***

 

前日夜。劉備軍天幕。

 

「それで話って何、星ちゃん?」

 

この場には、5人の少女が居た。劉備、関羽、張飛、諸葛亮、そしてこの会合の主催者である趙雲だ。昼間の攻城が上手くいかなかった所為か、どことなく沈んだ空気が満ちている。

 

「愛紗、鈴々。この近くに人の気配はあるか?」

「お主とて、それくらいわかるだろう」

「より確信したいのさ」

 

話を振られた関羽は訝しんだ様子で返すが、仲間のいつになく真面目な視線に、意識を集中させて気配を探る。義妹の張飛も同様だ。

 

「……大丈夫だ。少し離れた場所に、お前が命じた見張りが立ってはいるが、声は聞こえないだろう」

「鈴々も大丈夫と思うのだ!」

 

仲間であり一流の武人でもある2人の同意も得て、趙雲はこの秘密の会合の議題を口にする。

 

「某が昼間戦った相手なのだが……」

「あぁ、お前の服を大蒜臭くした奴だな」

「臭かったのだ」

「まだちょっと臭うよね…」

「はわわっ、星さんの顔に翳がっ!?」

「 」

 

趙雲の昼間の様子を思いだし、桃園の三姉妹たちは、思い思いの事を口にする。趙雲は凹んだ。

 

 

 

 

 

 

「――――それはいいとして、だ」

 

気を取り直して、趙雲は再び口を開く。そして、その口から発せられた人名に、皆が驚愕した。

 

「その相手なのだが……北郷だった」

「北郷って……鳳統ちゃんのお兄さんの?」

「なっ、何故北郷殿が董卓軍についているのだ! 先日まで孫策殿の軍に居た筈なのに」

「声が大きいぞ、愛紗」

「ぐっ…すまぬ……」

 

諌められ、関羽は居住まいを正す。冷静さを取り戻そうとしているのだろう。そして、今度は通常の声量で趙雲に問いかけた。

 

「それは、本当なのか?」

「あぁ、本当だ。そして言われた。自分が董卓側にいる事が、どういう意味なのかを考えてみろと」

 

考える事は、軍師の仕事だ。皆の視線が、この軍唯一の軍師少女へと向かう。だが、そこに普段のおどおどとした様子の少女はいない。じと眼を瞑り、言葉を発するタイミングを計っているようだ。そして。

 

「はい。董卓さんが悪政を敷いているという噂ですが、嘘の可能性もありました」

「そうなの、朱里ちゃん?」

「ちゃんと説明しなかった事は謝罪します。ですが、我々にはこうするしかなかったのです」

「どういう事なの?」

「黄巾の乱の戦果で領地を賜ったとはいえ、我々の勢力は未だ弱小です。最大勢力である袁紹さんの呼び掛けでした。断れるはずもありません」

「でもっ――」

「それに」

 

説明に何かを言い掛けた主の声を遮り、諸葛亮は言葉を続けた。

 

「桃香様は義徳の人物として慕われています。そんな御方が、噂とはいえ悪と断じられた人間に肩入れしてしまえば、人心は離れていったでしょう」

「そんな……」

「ですが、噂が本当の可能性もあります。実際に、我々は洛陽に行くしかそれを確かめる術はありません。連合も集い、戦いはとうに始まっているのですから。

とかなんとか言ってはみましたが、こんな説明は色んな(S)(S)で出てるのでカットします」

「へっ?」

「……はわっ?」

 

何かが起きたようだ。

 

(中略)

 

「――――じゃぁ、私たちのする事は決まってるね」

「はい。洛陽に到達したら、秘密裏に董卓さんを救出します」

「そうですね、桃香様!」

「潜入の際には、某が一役買って出ましょう」

「鈴々だって頑張るのだ!」

 

そんな感じ。

 

 

 

 

 

 

***

 

そんな訳で、俺は波才や部下と共に、孫策軍と向き合っていた。当然、

この姿でな。

 

「ふざけた格好してくれるじゃない」

「はて、何の事ですかな?」

 

そして、俺の眼の前には雪蓮ちゃん。うっわー、コメカミに青筋が浮かんでるよ。血管弾けたりしないよな。

 

「まぁ、いいわ。そんな風に戦闘を舐めた奴らなんて、すぐに殺してあげるから」

 

言うや否や、雪蓮ちゃんが斬りかかってくる。それに続いて兵達も。俺の他に波才と恋たんがいるが、恋たんは祭ねーさんと思春たん、それから明命が相手をしている。波才には亞莎だ。

 

「っらぁ!」

「へぇ、なかなかやるじゃない」

 

そんな風に状況説明をしてはみたが、こっちはこっちでヤバい。雪蓮ちゃんがピキピキいってんだもん。

 

「貴方も呂布みたいに戟を使えるのね」

「まぁ、色々と事情があって」

 

南海覇王で斬りかかってきた雪蓮ちゃんを、恋たんのスペアの戟で受け止める。痺れる。というか、それ以前に武器が重たい。別のにすればよかった。

そのまま鍔迫り合いみたいな事をやっていると、ぐいっと雪蓮ちゃんが顔を近づけてきた。おいおい、雪蓮ちゃんって、実はおっさんフェチだったりするのか?

 

「で、貴方はそんなところで何をしているの、一刀?」

「…………あれ、バレてる?」

 

そんなアホな事を考えていれば、まさかの身バレ。

 

「当たり前じゃない。どれだけ一緒に過ごしてきたと思ってるの?」

「いやぁ、照れるなぁ」

「まったく……3日前の夜に居なくなった事は知ってたけど、なんでまたそっちに…………って、あぁ、そういう事ね」

「なんだよ」

「どうせまた、天和たちと同じような事を考えているんでしょ」

 

おやおや、相変わらずの勘の冴えようで。

 

「ふざけないで。あの時も言ったけれど、私たちに必要なのは風評なの。なんとしても、董卓の首は獲らなければならない」

「噂が嘘なのに?」

「つけこまれた董卓の負けよ」

「手厳しい」

 

つーか、剣が怖い。もう鼻につきそうなんですけど。

 

 

 

 

 

 

いつまでも静止状態でいる訳にはいかないので、適当に得物をぶつけ合う。

 

「じゃぁ、取引しよう」

「また?」

 

またって言うな。

 

「だってそうじゃない。天和達だって、兵の慰安や徴兵を手伝わせてくれてるでしょ」

 

そりゃそうだけどさー。

 

「で、そっちの提示するものは?」

「虎牢関」

「一番乗り?」

「もち」

「…………」

 

剣と戟をぶつけ合わせながらも、雪蓮ちゃんは考える。とはいえ、答えは決まっているだろう。華雄を捕らえて汜水関を落としただけでなく、虎牢関も獲ってしまったとなれば、そりゃ評判もうなぎ登りだ。

 

予想通り、出て来た返事は。

 

「乗った!」

「毎度!」

 

取引成立だ。

 

 

 

 

 

 

連合軍左翼では、張遼隊が曹操軍を相手に奮闘していた。

 

「なんやなんや! 精兵と名高い曹操の軍もたいした事ないなぁ!」

 

偃月刀を馬上から振り回し、敵兵を薙ぎ払っていく霞。部下たちも、騎乗から長柄の得物を振るっている。曹操軍も攻めあぐねているようだ。弓で攻撃を加えるという方法もあるが、仲間がいる為に、弓隊もそれを躊躇していた。

そこへ。

 

「勝負だ、張遼!」

「ん? なんや、自分?」

 

威勢の良い声が響く。敵兵達が、ほんの少しだけ安堵の息を吐き、霞はその登場人物が武将である事を悟った。

 

「我が名は夏候惇! お前を倒し、捕らえに来た! 私と勝負しろ!」

 

その名乗り、その要求を聞き、霞は口角を上げる。

 

「なっはっはっは! こりゃ、曹操んトコにおったいうのも本当やったようやな」

「……なんの事だ?」

 

そして笑い出した。その独り言を、春蘭は訝しむ。

 

「いや、今朝なんやけど、言われたんよ」

 

 

 

 

 

 

***

 

孫策軍に恋たんと俺、曹操軍に霞たんが当たることが決まった後、俺は霞たんと話していた。

 

「曹操なんだが、たぶん、霞たんを捕らえにくると思う」

「殺しにやなくて?」

「そ。曹操もこれまた人材集めが好きでな。それに、曹操軍は騎馬隊を率いるに相応しい将は、今のところいない。即戦力にと思って、狙ってくるぞ」

「へぇ、おもろいやん。ま、この『神速の張遼』を捕らえられるかどうかは分からんけどな」

「だから、その『神速』が使えない状況を作ろうとするんだよ」

「状況?」

 

首を傾げはしたが、すぐにその答えに思い至ったらしい。成程という顔で頷く。

 

「一騎打ち、か」

「その通り。さて、曹操軍の夏候惇から一騎打ちの勝負を投げかけられました。霞たんはどうしますか?」

「そりゃ、一騎打ちを挑まれたんなら、受けない訳にはいかんやろ」

「はい、不正解」

 

スパーン、と手製のハリセンで霞たんの頭を叩く。

 

「なんで叩かれなアカンの?」

「なんとなく」

「……」

 

話を戻す。

 

「質問その2。霞たんにとって、武人の誇りと董卓ちゃん、どっちが大事?」

「ウチは武しかない人間や。いくら主とはいっても、それだけは譲れん」

 

問いを発してはみたが、間髪入れずに返答がかえる。こりゃ、方針を少し変えないといけないかもなぁ。

 

などと、思ってたら。

 

「――――って、昔のウチなら言うてたやろな」

「違うの?」

「違うわ。いや、確かに武は大事や。そうそう譲れるもんやない。でも、月はウチにとって、とっくの昔に家族になってしもた。せやから、今回の戦いにおいては、ウチは『月の方が大事』て答えるわ」

「そっか、じゃ、話は早いな」

 

方針は維持の方向で。

 

「これもおそらくなんだが、霞たんと夏候惇の力量は同じくらいだ。だから正直、勝負がどっちに転ぶかわからない。霞たんが勝てればいいけど、敗けた場合を考えると、一騎打ちは控えて欲しい。董卓ちゃんのためにな」

「ん、約束するわ」

 

***

 

 

 

 

 

 

「――――ウチは、アンタとは一騎打ちの勝負はせん。それ以上に優先すべきことがあるからな」

「逃げる気か、張遼!」

「その通りや。アンタの軍を適当に引っ掻きまわしに行かせてもらうで」

「逃げるなぁっ!」

「ほななぁっ!」

 

憤る夏候惇を無視し、張遼は走る。一度曹操軍から外れて陣形を立て直し、もう一度曹操軍を攻めるつもりか、あるいは中曲の馬超や本陣の袁紹を攻めるのか。

 

「…………へっ?」

 

だが、夏候惇の――いや、夏候惇だけでなく、すべての者の予想は裏切られる。

 

「今度会ったらちゃんと勝負しよなー、惇ちゃーーん!」

「惇ちゃん!?」

 

霞と騎馬隊がはるか後方に駆けていく姿を、諸侯は眼にする。そしてその光景に呆気に取られ、ようやく正体を取り戻した時には、虎牢関の城壁に『孫』の旗が風に翻っていた。

 

 

 

 

 

 

あとがき

 

 

今回もオマケはないよ!

 

 

そして、いつだかの前言を撤回して#40で終わらせる。

 

 

ま、キリが良いということで。

 

 

ではまた次回。

 

 

バイバイ。

 

 

 


3
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
1
78
2

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択