No.568419

赤い糸に恋した少年

ムウミンさん

昔に考えていた、赤い糸の妖精と人間の男の子の純愛物語の絵です。  赤い糸「お前はバカだ。」  男の子「どうしてさ?」  赤い糸「赤い糸に心奪われる人間なんて、前代未聞だぞ。ワタシ、糸なんだぞ?お人形に恋してるようなもんだ!」  男の子「そうなんだ?でもね、絵本にそういう話、いっぱいあるんだよ。べつにいいじゃないか」  赤い糸「…どうしてワタシに恋したの?」  男の子「わかんないよ、そんなこと。運命を感じたのかな」  赤い糸「…バカみたい」  男の子「どうして?」  赤い糸「運命の人たちを赤い糸…ワタシが結びつけるようにするのに、ワタシとお前では…なにで結べばいいの?」  男の子「わかってる…ボクたちは結ばれないんだよね?」  赤い糸「そう、ワタシは恋できないの、だからワタシのことはあきらめてよ。」  男の子「ううん、あきらめないよ、絶対」  赤い糸「…バカの極みだな、お前」  男の子「じゃあね…糸が違う種族に生まれ変わって、ボクの生まれ変わりと出会えたら、結婚してくれる?」  赤い糸「…いいよ」  男の子「ずぅっと待ってるからね。」  赤い糸「…うん」    この二人は今は生まれ変わって、今描いているおねショタ漫画に雲として登場しています。

2013-04-21 14:34:47 投稿 / 720×959ピクセル

2013-04-21 14:34:47 投稿
総閲覧数:473 閲覧ユーザー数:473
720×959ピクセル

0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
3
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択