No.514447

フレームアームズ 輝槌・伊達

ノブタさん

脳内設定
実戦配備された輝槌にも実装されている対光学兵器用シールド発生装置。これは、その技術検証用として製造された一機。
機体の各所に整波装置を設置することにより、実用化された物よりも効率的にシールドを発生させることが出来たが、一箇所でも被弾・破損すると一気に出力が弱まるため結局こちらの方式は採用されなかった。
機体自体は2機製造され、一機はパーツ取りのため解体、もう一機は新造兵器試験のため、福岡のFA実験施設で使用されていた。
写真の装備はその施設が月面陣営からの襲撃を受けた際、出撃時に使用した装備である。

続きを表示

2012-12-02 20:42:39 投稿 / 900×645ピクセル

2012-12-02 20:42:39 投稿
総閲覧数:1428 閲覧ユーザー数:1360
900×645ピクセル

2
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
9
1

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択