No.177603

真・恋姫無双呉ルート(無印関羽エンド後)番外編猛虎道場第四幕

海皇さん

 こんにちは皆さん。今回も若干早めの投稿になりました。 今回も猛虎道場なんです・・・が、今回は一刀と恋姫シリーズ以外のエロゲ主人公の会談がテーマです。
 ・・・はっきり言ってネタです。まあおまけ程度に見てやって下さい。 

2010-10-11 13:46:24 投稿 / 全8ページ    総閲覧数:8145   閲覧ユーザー数:7039

 外史の狭間にて

 

 王蓮「のう、刀牙よ」

 

 刀牙「何?王蓮」

 

 王蓮「なにやら例の天の御使いがここに来ておるが、またバッドエンドになったのか?」

 

 刀牙「ん?違う違う。今日はなんでも種馬同盟の会合の日だからここに来たんだって」

 

 王蓮「種馬同盟?何だそれは?」

 

 刀牙「なんでもあらゆる外史から集まった女難の運命を背負った主人公達の会だとかなんとか。で、一刀君はそのリーダーだってさ」

 

 王蓮「ほう、それはなんとも面白そうだな!して今、会員は何人いるのだ?」

 

 刀牙「それがね、まだ結成して間もないから、会員は4人しかいないってさ」

 

 王蓮「4人!?そんなので同盟といえるのか?」

 

 刀牙「そういわれてもね・・・。まあこれから会員も増やしていく予定らしいよ。

 なんか隣の部屋で会合やるみたいだがら、見てみる?」

 

 王蓮「ふむ!面白そうだな!では少しばかり見学させてもらおうか!」

 

 刀牙「そうだね。それじゃあ少しお邪魔して・・・」

 

 外史の狭間の会議室

 

 室内では、中央の円卓を囲んで四人の人物が座っていた。

 

一刀「え~と、みんな集まったな?」

 

士郎「ああ、全員いるぞ」

 

武「まあたった四人だからな、居なかったらすぐ分かるわ」

 

レスター「ははっ、まあまあ武、そうふてくされないで・・・」

 

一刀「え~と、それではこれより、『外史を越えた女難の運命を背負った主人公達の同盟』通称種馬同盟の第一回会合を始めたいと思います!リーダーの恋姫の世界出身、北郷一刀です」

 

士郎「Fate stay nightの世界出身の衛宮士郎だ」

 

武「マブラヴの世界出身の白銀武だ」

 

レスター「祝福のカンパネラの世界出身のレスター・メイクラフトです」

 

一刀「今回は皆さん、俺の呼びかけに集まってくださって感謝しています」

 

士郎「いやいや、こちらこそこんな会合作ってくれて感謝してるよ」

 

武「俺達はそろって女難の運命を背負ってるからな。同じ運命の人間と話せる場所が出来たのは嬉しいよ」

 

レスター「まあ世の中の男性から見れば何贅沢言ってんだ!!って言われそうだけどね。

でも俺達にも俺達なりの苦労があるんだ・・・。俺なんか毎日毎日搾り取られて・・・」

 

一刀「分かる!分かるぞその気持ち!俺だって毎夜毎夜すっからかんになるまで搾り取られるのが日課で・・・。いつか腹上死するんじゃないかって・・・」

 

士郎「あ~それ俺も経験あるわ。俺なんかいつもセイバーと凛に魔力補給を口実にやらされてるからな・・・。それに時々桜も加わって・・・」

 

武「っていうか士郎はその三人だけだろ?というか各ルートで一人だけしか付き合わないんじゃないのか?」

 

士郎「その筈なんだけどな・・・、俺の場合何故か世界が少々特殊なことになっているようでさ、三人とも恋人の状態なんだよ・・・。あと、たった三人って言うけど、その三人でも充分搾り取られてるんだよ俺は!!」

 

レスター「いやいや士郎はまだマシだよ・・・。こっちなんか四人だからね・・・。この前なんか四人まとめてきたから、本当に干物になるかと思ったよ・・・」

 

武「俺から見ればうらやましいぜ・・・。俺なんかunlimitedやオルタネイティブじゃあもう戦争戦争の毎日で女の子としている暇ほとんど無かったぜ・・・。しかもオルタネイティブじゃあ全員ラストに死んじまうしよ~!元の世界に戻れたときにはどれだけ嬉しかったことやら・・・」

 

一刀「そ、それは大変だったな・・・(あれ?unlimitedじゃあ冥夜さんとの間に子供いるんじゃなかったけ?)」

レスター「そういえば一刀はどれだけの女の子と付き合ってるの?」

 

一刀「?俺?え~と、確か・・・二十一人、かな?」

 

士郎「二十一人!?」

 

武「すげえ!!」

 

レスター「俺達が霞んで見えるよ・・・」

 

一刀「え~と・・・そんなに凄いか?」

 

士郎「凄いなんてもんじゃないぞ!世の中に女の子をそんなに口説き落とせる人間はほとんど居ないぞ!?」

 

武「しかも真じゃあ華雄と男キャラ以外全員とヤッているからな・・・。50人近くはいるんじゃないか?」

 

レスター「なんかもう・・・次元が違うね・・・」

 

一刀「ちょっ」

 

士郎「一刀、お前が、お前が神なのか!?」

 

一刀「待て!神って何だ神って!!」

 

武「そうだ!一刀はゼウスなんだな!!種馬の神なんだな!!」

 

一刀「誰がゼウスだ!!誰が!!」

 

レスター「いや、一刀、誇ってもいいよ!君は種馬神、ゼウスだ!!」

 

一刀「全然誇れねえし嬉しくねえよそれ!!!むしろ汚名だろ!!」

 

士郎「いやいや一刀、そうとも限らないぞ?この称号はこの世全ての男達から羨望され、憎悪され、命の危険すら負いかねないほどの称号なんだぞ?」

 

一刀「全然嬉しくないわそれ!!」

 

武「嬉しくないだと!?贅沢だぞ一刀!お前、二十一人も女の子侍らしてそれで嬉しくないのかよ!!俺なんか羨ましくてお前に殺意すらも抱き始めてるぞ!」

 

一刀「うっせえ!!物語の初っ端からヒロイン二人に囲まれているお前に言われたくねえわボケ!!」

 

レスター「まあまあ、とりあえず一刀のあだ名は種馬神ゼウスってことで・・・」

 

一刀「何どさくさに紛れて決めようとしてんじゃゴルアアアアアアアア!!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 30分後

 

 

 

一刀「はあ・・・はあ・・・もうやめようぜ・・・」

 

士郎「ああ・・・俺も少し言い過ぎた・・・」

 

武「俺もやってることは一刀と五十歩百歩だしな・・・」

 

レスター「そもそも俺達は全員そういう主人公だからね・・・。良くも悪くも・・・」

 

 4人は疲れたように其々のいすに座り、自分達の席に置かれている飲み物を飲んだりして自身を落ち着かせていた。

 やがて一刀が口火を切った。

 

一刀「そう言えばレスター、確かカンパネラのアニメ、もう終了したんだよな?」

 

レスター「ん?ああ~そうだったね」

 

武「いいよな~、お前等はアニメが出来て。俺達なんかアニメ化すらされて無いんだぜ?ちょっと不公平じゃないか?」

 

一刀「おい、そんな事言うけどな、俺なんかアニメ化されたのは良いけれど、リストラされたんだぞ、リストラ!!なんで主人公の俺がリストラされなくちゃならないんだよ!!他にないだろこんなアニメ!!」

 

士郎「いや~、確かギャラクシーエンジェルがそうだったような・・・」

 

一刀「知らないよそんなのは!!やっぱりあれか!?種馬だからか!?女の子を手当たりしだい抱きまくったからか~!!!」

 

武「うう・・・で、でもさ、いくら女の子に手を出したって言っても、一刀は彼女達を大切に想ってるんだろ?ならいいじゃんか!」

 

一刀「・・・そ、そうか?」

 

レスター「そうだって!!一刀はどっかの誰かみたいな女の子を捨てたり傷つけるようなことはしてないし、彼女達もそのことはよく分かってるよ!だからたかがアニメに出れないくらいで挫けちゃ駄目だって!」

 

一刀「うう・・・ありがとうな、レスター」

士郎「そういえばさ、あと一人、同盟の会員がいたんじゃなかったけ?」

 

武「はあ?俺は知らないぞ?」

 

レスター「う~ん・・・俺も知らないな・・・、一刀は何か知ってる?」

 

一刀「俺か?・・・あれ、確か一人居たような・・・、なんだろう・・・考えるだけですげえむかむかしてくる・・・」

 

士郎「ん?そうか・・・「悪い!遅れた!」・・・誰だ?」

 

???「いや、誰だって、俺だよ俺!伊藤 誠だよ!会員の!」

 

武「あ~、確か日本初代総理大臣の・・・」

 

誠「それは伊藤博文だ!school daysの伊藤誠だっての!!」

 

一刀「・・・ああ、誠死ねか」

 

士郎「ヒロイン捨てたゲス野郎か・・・」

 

武「おい、誰だよこんな生きる価値ゼロの害虫会員にしたの・・・」

 

レスター「俺は知らないぞ?むしろ会員にするの断固抗議するな」

 

誠「ちょっ!お前ら!酷いじゃないか!!」

 

一刀「酷いのはお前だろうが!アニメでのことを俺達が知らないとでも思ったのかよ!!」

 

士郎「最初の彼女の言葉は飽きたと言って捨てて、その次に彼女になった世界も他の女と関係持ったら捨てる・・・、挙句の果てには世界を妊娠させておいて・・・結局勘違いだったみたいだけど、そのまま世界を捨てて別れた彼女とよりを戻そうとする・・・、自分勝手にもほどがあるだろうが!!」

 

武「もはやBETA以上に存在を許せないな・・・こいつ」

 

レスター「今すぐにでも消し去ろうか?俺はいつでもいいよ?」

 

誠「ま、待ってくれ!!そ、そんな事言われてもあの時はそうするしかなくて・・・ってなんで皆武器構えてるんだ!!!」

 

一刀「いや~汚物は消毒しないと駄目じゃない♪」

 

士郎「俺はお前のような悪を、種馬とは認めない!」

 

武「そういうわけだ。成仏しやがれ」

 

レスター「むしろ俺達を恨まないでね♪」

 

誠「えっ、ちょっ、ま、待ってくれ!お、俺アニメで死んでるからそれでチャラで良いじゃないか・・・って、あ、や、やめ・・・ぎゃあああああああああああ!!!!!!」

 

 

 

 一刀「ふい~、悪は滅んだな」

 

 士郎「ああ、こんなに清々しい気分は聖杯戦争が終わったとき以来だ」

 

 武「俺もだ、まるでオリジナルハイブの「あ号標的」を殲滅したときみたいな・・・」

 

 レスター「そこまで言うかな・・・。まあ気持ちは分かるけど」

 

 一刀「それじゃあそろそろお開きにするか」

 

 士郎「あ~そうだな。そろそろ帰って夕飯作らないとセイバーと藤ねえがうるさいし」

 

 武「俺も純夏と冥夜がうるさそうだから帰るわ」

 

 レスター「あ、俺もそろそろ戻らないと・・・」

 

 一刀「で、だ。このゴミをどうするよ、同志達よ」

 

 士郎「ゴミ袋にでも詰めるか?」

 

 武「そんなのないだろ。ここに置きっぱなしにしとくしかないだろ」

 

 レスター「でも、それじゃあここに居る人達に悪いよ?」

 

 一刀「ふっ、そんなこともあろうかと・・・『アナザーディメンジョン!!』」

 

 一刀が指を鳴らした瞬間、ボロボロな誠がフッと消え去った。

 

 士郎「うわっ!消えた!」

 

 一刀「驚くなよ、別の外史に転送させただけだって」

 

 武「別の外史~?一体どこに・・・」

 

 一刀「三国の英雄全員漢女になっている世界さ。クロスデイズで男とヤッてやがったし、そこでも暮らしていけるだろ。ま、今度は攻めじゃなくて受けだがな」

 

 レスター「うっわ~・・・エグイなあ~・・・。まあ今までしてきたことを考えれば当然かな?・・・おっとそろそろ時間だ!それじゃあ皆、また会おうな!」

 

 士郎「ああ!次もまた四人で語り合おうぜ!」

 

 武「次はもうちょっと仲間欲しいな・・・。ま、いいか。それじゃあ一刀、士郎、レスター、またな~」

 

 一刀「おう!また会おうぜ!」

 

 そして四人の青年達はその場を去り、その部屋に静寂が訪れた。

 

刀牙、王蓮side

 

刀牙「いや~、色んな意味で凄い会合だったね~・・・」

 

王蓮「うむ・・・どの者もかなりの場数を踏んでおることが見て取れたわ!・・・あのボロボロにされた奴を除いてだが」

 

刀牙「あ~、伊藤誠君ね、まあ彼はアニメでヒロイン達に酷いことしてたから・・・」

 

王蓮「ああ!まったくあれを見たときは私自身奴を切り刻んでくれようかと思ったぞ!最後では思わず、ざまあ!と思ってしまったわい」

 

刀牙「まあまあ、それを言うなら誠君の父親のほうがもっと凄まじいよ?とりあえずこの家系図見てみなよ」

 

王蓮「ん?どれどれ・・・・・・・

 

 

・ ・・・・おい、刀牙よ・・・」

 

刀牙「何かな?」

 

王蓮「これは・・・何の冗談だ?」

 

刀牙「残念だけど、全部真実だよ・・・」

 

王蓮「いや、どう考えてもありえんだろこれは!!この家系図が正しければこの沢越止とかいう男、自分の娘、孫、曾孫、玄孫にまで手を出して、子を作っとるということになるではないか!!」

 

刀牙「その通りだよ。ついでに言うならその子達を自分の性奴隷にしたり、水商売をさせたりしているって」

 

王蓮「な、なんと・・・・・許せん!!」

 

刀牙「あ、ちょっ、王蓮、どこいくの~?」

 

王蓮「その止とかいう奴を斬ってくる!!そしてその死体を路上で晒してくれるわ!!」

 

刀牙「あ、ちょっ、王蓮、王蓮~!!・・・いっちゃったか。仕方が無い、俺も着いていくかね。まあ俺もむかむかしていたところだし・・・」

あとがき

 

 グダグダですいません・・・・。おまけの猛虎道場です・・・。

 

 何か完全に本来の趣旨である主人公の救済ではなく、ネタ方面に走ってしまってるんで

 

すが・・・。(だって主人公のバッドエンドのパターンっていっつも同じになりそうなんだ

 

もん・・・) 

 

 さて、今回は一刀と別のエロゲの世界の主人公達との会合の話です!

 

 基本的この外史の狭間はあらゆる外史に繋がってる為、ここからあらゆる外史の世界、

 

恋姫、真・恋姫関連の外史以外にも行けるという設定です。

 

 私自身、他のエロゲの主人公と一刀が会談したら面白そうだと思ったので・・・。

 

 まあ完全にネタですね・・・。

 

 今回登場したのはFateシリーズの衛宮士郎、マブラヴシリーズの白銀武、祝福のカ

 

ンパネラのレスター・メイクラフトの三人です。

 

 ただ・・・自分、この三人が登場するゲームの原作、やってないんですよね・・・。

 

 ほとんど漫画やアニメ、小説等で仕入れた知識ですので・・・。

 

 もしここが違うって思われたら、遠慮なく言ってください。

 

 では皆さん、今回はこれにて。コメント等、お待ちしております!

 

 

 


0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
38
5

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択