No.1138412

雷上動の話

雪凪さん

日本三大狐が一柱・四尾の待宵。その愛弓・雷上動。
起源は中国は春秋時代にまで遡り、日本においては源氏に代々受け継がれ、
当時の大妖怪「鵺」を射落とすのに用いたとされる。
水破、兵破という2本の矢をもって真価を発揮できるとされているが、
待宵がこれを入手した時には既に2本の矢は確認できなかったという。

続きを表示

2024-02-10 09:05:01 投稿 / 1388×2000ピクセル

2024-02-10 09:05:01 投稿
総閲覧数:157 閲覧ユーザー数:154
1388×2000ピクセル

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
13
6

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択