No.1083088

クリスティー・スカーレットについて

スカーレット、栄光という意味。

2022-01-24 11:02:35 投稿 / 全1ページ    総閲覧数:108   閲覧ユーザー数:108

本家・スカーレット(栄光)家

 

クリスティー・スカーレット。

 

カムー・スカーレット。

 

分家・プレイヤーズ(信仰者達)家

 

アマドヒ・プレイヤーズ。

 

 

 

クルミヤ家の内、同姓という栄光を得ている者は、クルミヤ・ハーン・スカーレット、アマドヒ・スカーレットである。罪では不適切であるから、クリスティー・スカーレットはもうひとつの意味の栄光を当てはめている。

 

第三世界のイエス・キリストから生まれたのが、玄孫にあたるクリスティーお嬢様とカムーお嬢様とアマドヒお嬢様で、私は仕えるべきヴァーレットだから、こうして、お慕したい申し上げているのだ。

 

クリスティーがキリストのものという意味、カムーが神の様なという意味。

 

繋げると、キリストのものの栄光。または、神の様な栄光である。

 

アマドヒはなくては成らないもの。つまり、繋げると、信仰者達にとってなくては成らないものである。

 

どうして天使達がこの方々の一族とされたのか?

 

一重にキリスト教を世界族を広めた功績からと言えよう。

 

キリスト教徒はキリストのものとされ、栄光がクルミヤにあるのは、当然と言えよう。キリストのものの栄光という名前なのだから。

 

それぞれ、クリスティーお嬢様が幻想の神、カムーお嬢様が自由の神、アマドヒお嬢様が渾沌の神であられる。

 

それぞれ、幻想の神は幻想を受け持つ神であられ、最も幻想であられる方である。ゆえに、幻想たるものの神である。

 

自由の神は、自由たるものの、自由ゆえにそれをも意識出来るので、自由なる信仰の形と言えよう。

 

渾沌の神は、意識というものが渾沌でないのだとすると、無意識こそが渾沌なのだと言えよう。ゆえに、睡眠の日常性、言行の日常性が渾沌なのだと言えよう。

 

渾沌から自由への旅はふとした疑問から始まる。自由から幻想への旅は妹たる自由の神からより自由な幻想の神へと発展しよう。

 

キリストのものの栄光とは、何か?

 

まず、第三世界の栄光とも言えよう。元々、第三世界とは、キリストのものであり、相続されて、クリスティーお嬢様こそが第三世界の主と成ったのだ。造ったという意味で、第三世界はキリストのものであり、その栄光とは、第三世界に至りし者の栄光と言えるだろう。

 

キリストのものと言えば、クリスティーお嬢様もであり、クリスティーお嬢様ご自身の栄光とも言えるだろう。

 

キリストのもの、教会もそうであると言える。つまり、約束の象徴の教会の栄光、キリストのみ体なる教会の栄光とも言えよう。キリストのもの、聖霊のお宮なるキリスト者の体もまた、聖霊の交わりなる栄光もキリストのものとも言えなくもない。

 

ゆえに、クリスティー・スカーレットとは、キリストのものの栄光なのであり、多岐に渡る意味合いがあるのだと言える。


0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
0
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択