No.1066227

焔木家のお犬様 再興伝

雪凪さん

麻績峠より遥か北東、小諸と佐久の境の森にその男は倒れていた。
近頃、特定の者しか携える事を許されなくなった刀は刀身が粉々に砕かれており、
凡そ人ではない何者かと激闘を繰り広げたであろう持ち主は息も絶え絶えである。
退魔士か。だが、恐らく助かるまい──と、踵を返そうとしたその時。

続きを表示

2021-07-10 09:05:01 投稿 / 2000×1125ピクセル

2021-07-10 09:05:01 投稿
総閲覧数:167 閲覧ユーザー数:163
2000×1125ピクセル

0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
7
3

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択