No.1065320

数え方

瑞穂檀さん

twitterと無配ペーパーに載せた掌編です

2021-06-27 20:00:34 投稿 / 全1ページ    総閲覧数:73   閲覧ユーザー数:73

 

 嫌なことは数えても減らない。それが寝しなの布団の中ならなおさら。布団の中ってのは、嫌な考えがループする絶好の場なのだ。

 しかも、初めての一人暮らしの夜である。

 まだ開ききれていない引っ越しの段ボールと、揃っていない家具。電源を入れたばかりの冷蔵庫の音が妙に耳障りで、馴染みのない天井が視界に迫ってきて。

 心がほぐれない。眠れない。

 そもそも、喧嘩をして独り暮らしを決めたのだ。

 母と喧嘩をした。じゃあ一人で暮らせばいいじゃないと言われ、怒りに任せて部屋を借りたのだ。

 あれからまともに口をきいていない。

 喧嘩の理由はあまり覚えていない。たぶん、日常のつまらない何かだ。

 明日の出勤用の服はどの段ボールだったかわからない。自分だけで朝起きられるかもわからない。

 料理なんか半端にしかできない。

 嫌なことは数えても減らない。

 今まで何とも思わず、当然のようにしてもらったことの全部が、嫌なことになってしまう。

 一人じゃできないくせに、できている振りして独りよがりで。アレが出来ない、嫌だ。これもしたことない、嫌だ。

 嫌だ嫌だ嫌だ。

 なによりも。なによりも、寂しかった。

 一人が寂しい。

 なにが、一人で大丈夫、なんだ。

 なんで、一人の方が気楽でいい、なんだ。

 自信満々に大声で宣言して。嫌だ。

 明日から一人でしなくちゃいけないことを数えると、どんどん増えていって。数えても減らない。

 涙が出てきた。

 時間を見ると、もう十二時を回っている。

 寂しい。眠れない。

 寂しいのも嫌だ。眠れないのも嫌だ。

 震えるように、携帯電話を取る。

 少し迷って。きっと寝ているからいいよねと、母にかけた。

 母は起きていた。

「どうしたの」

 聞いてくる。

「別になんでもないけど」

「あっそ。何でもないなら、よかったね」

 つんけんしてしまう。お互いに、だ。

「母さん、寝てた?」

「まあ、ね」

 ぐすりと、鼻をすする音がした。

「風邪?」

「違う。寒いんだよね、家の中が」

 そんな季節だろうか。

「あんたがいないと、室温上がらないじゃない。だから寒いのよ」

 一人暮らしの部屋の中を見回す。薄暗い部屋。

「そうだね、確かに一人だと、なんか寒いね」

「でしょ。あんたも鼻声じゃない、あったかくして寝なさい」

「うん」

「最初は慣れないだろうけど、そんなもんだから。母さんも昔、色々やらかしたから。困ったら電話でききなさい」

「うん……」

「明日も早いんでしょ。お休み」

 お休みなさいと、返して。通話は切れる。

 布団にもぐり直した。

 嫌なことは数えても減らない。だから、数えながら全部をひっくり返してみた。

 嫌なことはひっくり返せばいい。今まで当然のようにしてもらって、自分ではできなかったことが沢山ある。

 当然のようにしてもらえていた、優しさを数えて。きっとできるようになる、自分を数えて。

 寂しいのは、今まで寂しくなかったから。寂しいのは、私が母さんを好きだから。

 眠れないのが嫌なのは、家ではぐっすり眠れていたから。眠れないのは今夜から、ついに一人で頑張る決心をしたから。

 嫌なことはひっくり返すと二倍になって、全然減らない。

 もっと嫌なことを探そう。全部、丁寧にひっくりかえしてやろう。

 楽しくてやめられなくて。

 嫌なことを沢山数えて、満足して。

 とうとう嫌な事が思いつかないくらいに、疲れて。

 そしてゆっくりと。

 眠りにつく。

 

     おわり

 

 

0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
0
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択