No.1058763

【サイバ】めありんとナッツ【交流】

Dr.Nさん

   めありん https://www.tinami.com/view/1054196
    ナッツ https://www.tinami.com/view/1056093
     結衣 https://www.tinami.com/view/912439
    ひろみ https://www.tinami.com/view/903824
魔法ちょうちん https://www.tinami.com/view/738956

続きを表示

2021-04-08 21:44:46 投稿 / 全5ページ    総閲覧数:52   閲覧ユーザー数:51

日曜日。めありんとナッツが一緒に住んでいるマンション。

 

ナッツ「…ふあ~あ。まだ7時か。せっかくの日曜だってのに、学校に行く時間には目が覚めちまうもんだな。…ん、何だこのいい匂いは?」

キッチン。

 

トントントン、トントントン。

グツグツグツ。

 

ナッツ「おはようございます、王女様」

めありん「おはようナッツ。起きたのね?」

ナッツ「はい、たった今目が覚めました。それは?」

めありん「ああ、いい匂いでしょ? これ、お味噌汁っていうの。唯ちゃんに作り方を教えてもらったのよ。そろそろ出来るから、先に顔と手を洗ってらっしゃい」

ナッツ「はいっ!」

食卓。

 

ナッツ「手と顔、洗ってきました」

めありん「お疲れ様。早く席について」

ナッツ「はい。うわー、これはおいしそうだ!」

めありん「でしょ? お豆腐の入ったお味噌汁にお新香、味付け海苔にゆで卵。この国の朝ごはんの定番なんですって」

ナッツ「へえー。料理がお上手なんですね、王女様」

めありん「…気に入らないわ」

ナッツ「はい? あ、あの、僕何かまずいことでも言いました…?;;;;」

めありん「それよそれ!」

ナッツ「ですから何を;;;;」

めありん「何で敬語なのよ?」

ナッツ「そんなこと言われましても、騎士が王女様に対して敬語を使うのは当たり前かと…」

めありん「なによ、アニメの中の学校ではタメ口で、しかもめありんって呼び捨てにしてたくせにw」

ナッツ「そ、それは正体を隠してたからでして;;;;」

めありん「王国魔法騎士団の使命、言ってごらんなさい」

ナッツ「はっ! 国王に絶対的忠誠を誓い、自分の命を賭して自国民の生命と安全を守ることです!」

めありん「よく出来ました。国王に絶対的忠誠を誓うってことは、その娘にも絶対的忠誠を誓う、そうは思わんかね?w」

ナッツ「は、はあ」

めありん「今からわたしには敬語は禁止! 呼び方も王女様ではなく、めありんって呼び捨てにしなさい。分かった?w」

ナッツ「承知しました王女様」

めありん「だからぁーwww」

ナッツ「わ、分かったよめありん;;;;」

めありん「大変よく出来ました。やっぱ将来王配となる者はこうでなくっちゃねw」

ナッツ「オウハイ? オウハイってなんですk…なんだよオウハイって?」

めありん「分からないことがあったら自分で調べること」

ナッツ「オウハイ…。ええっと、王配とは、女王の配偶者に与えられる称号のことであるっ!?↑↑↑」(かあ~っ//////)

めありん「なーに赤くなってんだかw」

ナッツ「そんなこと言ったって…;;;;」

めありん「さ、冷めないうちに朝ごはんにしましょ。食べ終わったら出かけるわよ」

ナッツ「出かけるってどこにだよ?」

めありん「いいからいいからw ついてくれば分かるってw」

レディースファッションYui。

 

めありん「おはようございます結衣さん!」

結衣「おはようめありん。今日は何をお求めかしら?」

めありん「いえ、今日はわたしのではなくて付き添いです」

結衣「付き添い? 誰もいないけど?」

めありん「えっ?」

 

ナッツ「……」 |・)

 

めありん「ちょっと、なに入口でコソコソ覗いてんのよ」

ナッツ「だって、ここ女の子の服屋さんだし。なんか下着もいっぱい飾ってあるみたいだし」

めありん「別にいいでしょ、今のあなたは女の子なんだから。もう男の子のふりをする必要もないんだし」

ナッツ「それはそうだけど…」

めありん「今日はわたしがあなたにお洋服を選んであげる」

ナッツ「はあ…」

めありん「かわいい下着もねw」

ナッツ「下着!? 僕が女の子用の下着!?」

めありん「女の子が女の子用の下着を着るのは当たり前じゃない。さ、遠慮せずに早くいらっしゃい?」(∩▽∩)(満面の笑み)

ナッツ「うん…」

 

ひろみ「……」 |・)

 

結衣「あら、ひろみさんいらっしゃい。そんなところで覗いてないで入ってらっしゃいよ」

ひろみ「だって、ここ女性向けのブティックだし。女性用の下着もいっぱい飾ってあるし」

結衣「いいじゃないの、あなたは女性なんだからw 別に恥ずかしがることなんてないわ、いらっしゃいw」

 

・・・・・・

その夜、居酒屋あい。

 

ひろみ「昼間ナッツを見たよ。彼もいろいろと苦労してるみたいだな…」

魔法ちょうちん「(お前何か勘違いしとらんかひろみよ?)」

ひろみ「はい? 同じTSをしてしまった者同士、シンパシーを感じるのは当たり前じゃん」

魔法ちょうちん「(ナッツはTSじゃなくて、最初から女の子だぞ)」

ひろみ「うそーん!」

 

 

=END=

 

 

 


0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
2
1

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択