No.1051212

【サイバ】ある日のカルチャースクエア(1)【交流】

古淵工機さん

「天空市にも中野ブロードウェイ的なカオスなビル欲しいよね」
というやり取りからなんか生まれた。

■出演
ミライ:http://www.tinami.com/view/778760

続きを表示

2021-01-10 17:00:06 投稿 / 全3ページ    総閲覧数:519   閲覧ユーザー数:474

天空駅前。

南口の近くにあるアーケード街『天空中央商店街』を、さらに南へ歩ききったところに、

ひとつのビルディングがある。その名も『カルチャースクエア天空』…。

 

地上15階建てのうち5階までの部分と、地下1階が売り場になっている屋内商店街だが、

一時は空き店舗が出るなど寂れかけていた。しかし、1980年代以降にいわゆるサブカル系の店舗が

空きテナントに入ってくるようになると、アニメファンやゲーマーがこぞって集まるようになった。

 

そう!ここはまさしく市内きっての『オタクの聖地』なのである!!

そんなオタクの聖地に入り浸っている女子中学生が一人。

アカオオカミ(ドール)形マシーナリーの筑波ミライである!

「やっぱりここは第二の故郷って感じだねェ…」

 

2階から5階はとくにアニメショップやら古書店やらがテナントとして入居し、

じつにオタクが寄り付きそうな雰囲気のお店が多い。

そんな道すがらで彼女が出会ったのは宮城野一颯と青葉愛羅だ。

 

「あ、ミライちゃん今日も来てる」

「イブキちゃんにアイラちゃん!おはよーっす!」

「またアニメ関係のモノ探し?」

「うーん、まぁそんなとこ。『船せれ』とか『友達達』とかのフィギュアも一通り見ていくつもりだよ~」

「それはまたディープなw」

「ところでイブキちゃんたちは?」

「コスプレ衣装探しだよ~。ここは結構な衣装が揃ってるのよね」

「ね♪」

「だったらあたしいい店知ってるよ!」

 

と、ミライがイブキとアイラを引き連れてやってきたのはコスチューム専門店。

「ここなんか魔法少女物とかいろいろ揃ってるよ」

「わぉ!カワイイ系のものからSFまであるねぇ」

「ミライちゃんはここで何か買ったことあるの?」

「『機甲闘兵ランガム』のデオン軍の士官服かなぁw」

 

オタクの聖地であるこのビルには一癖二癖ありそうな面々がやってくる。

さて、別のフロアにも何やら客が…?

 


0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
1
1

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択