No.1051075

ネトゲ好きなおねえさんは表情だけでコミュニケーションを試みている

だぶまんさん

 とある平衡世界で強大なモンスターに命を奪われて転生した気がした俺は、毎年親族が集まる新年会にいつも通りにお年玉をもらう。
 そんなときいつもお年玉をもらうとき注意をしている従姉が目の前のこいつだ。趣味はネトゲを一日の半分ぐらいやることらしい。しかし、どこかで働いているらしいので彼女から僕の手元にお年玉が毎年来る。ありがたいことなのだが、何かめちゃくちゃ不自然というかしゃべらなくても言いたいことが分かるというかちょっと気持ち悪いぐらいタイミングがいいのだ。前世で何かあったのかもしれない。
だがしかし、お菓子。今年はお年玉ちょっと違う。何かポーズをとった渡し方をしているのだ。

 「ねえちゃん...もしかして...そのかまえ...」

続きを表示

2021-01-09 01:10:36 投稿 / 1000×1000ピクセル

2021-01-09 01:10:36 投稿
総閲覧数:130 閲覧ユーザー数:123
1000×1000ピクセル

0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
2
1

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択