No.1048337

「 グリフォン三態 」

 昨秋開催した「百獣戯画」修斗画廊一人展の出展作品です。

 グリフォン(上半身/鷲、下半身/ライオン、の幻獣)は、当初は西洋の架空動物集の「五幻獣」の中の一体として予定していたのですが、上半身が鷲であるという設定に因み、オオワシ・イヌワシ・ハクトウワシの三種を描き出そうと途中で思い付き、独立して一つの作品の中で仕上げていきました。

 ・使用画材:BBケントボード、不透明水彩絵具(ガッシュ、ポスターカラー)、水彩色鉛筆、筆ペン(薄墨)。

続きを表示

2020-12-13 05:45:23 投稿 / 905×1311ピクセル

2020-12-13 05:45:23 投稿
総閲覧数:312 閲覧ユーザー数:312
905×1311ピクセル

0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
1
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択