No.1034352

山岳基地人質救出作戦

vivitaさん

LAの1部隊が突如離反。街の住人をさらって山岳基地へと閉じ籠った。
事態に対処すべく、LA上層部は騎士ルシアと研究者トロスに出撃を命じる。
第三世代ヘキサギア部隊による、山岳基地の攻略が始まった。


続きを表示

2020-07-02 13:11:57 投稿 / 全1ページ    総閲覧数:8   閲覧ユーザー数:8

LA部隊は、枯れた山岳地帯を進んでいた。

そこにかつてあったであろう自然は、汚染によって消えている。

兵士はだれもが無機質な鎧―アーマータイプを身にまとい、香る瘴気から身を守っていた。

その傍らには、機械の獣たち―第三世代ヘキサギアが歩いている。

 

「見えてきたな。」

 

騎士ルシアがつぶやいた。

眼下にひろがるのは、野盗たちの集落。

放棄された基地をもとに作られ、各所にセントリーガンが配備されている。

見えているものは、威嚇のためわざと晒してあるのだろう。実際はもっとあるはずだ。

 

「対空火器が充実している。空から攻めるのは無理だな。

野盗とは思えない、すばらしい設備だ。おお、開発されたばかりの新型まであるじゃないか。」

 

トロスが技術屋らしい見識を見せた。

みなの顔が曇る。

先日、LAの1部隊が突如反逆し、LA基地を襲撃。近くの集落から住人をさらっていった。

ルシアたちは、住民の救出―そして裏切り者を始末する命をうけ、ここにきた。

しかし、思いのほか任務は困難なものになりそうだった。

 

「このぶんだと、報告にあったボルトレックス2機以外も揃えているかもしれんな。

彼らは寄る辺のない野盗ではない。強力な支援者がいる。」

 

「元はLAの正規兵。ただの野盗と思わないほうがいいか…。」

 

「攻略するだけでも難しいだろう。もはや人質は諦めるべきだな。

射程外からの砲撃で、廃墟ごと焼き払おう。」

 

「いや、人質の救出はせねばなるまい。それが騎士のつとめというものだ。

…それに、裏切り者ごと住民を焼いたとあっては、LAから人心がはなれる。」

 

ルシアの言葉をきき、トロスが考えこむ。

トロスにとって人心などどうでもいいが、彼が所属するLAはそうではない。

人類支配をもくろむ悪のSANATに対抗する正義の組織・・・そういう建前を大切にしている。

事が露見すれば、研究者としての地位をとりあげられるかもしれない。

 

「科学の発達には犠牲がつきもの。それを理解する者が少なすぎるな…。

まあいい。ならば陽動作戦しかあるまい。敵と人質を切り離す。

全員、ヘキサギアを換装しろ。」

 

輸送用の顎無しモーターパニッシャーから武装が降ろされる。

ロードインパルス3機がスナイパーキャノンを装備した。

ルシアの<コケコ卿>とトロスの<ミルコレオ>には電子戦装備が搭載された。

輸送用モーターパニッシャーは、連絡のためLAへと帰っていく。

 

「ロードインパルス部隊がここから狙撃を行う。

当て所はよく考えろ、人質をまきこむ可能性がある。

建物からはなれたヘキサギアや、僻地のセントリーガンだけねらえ。

 

敵勢力が応戦してきたら私とルシアで潜入。人質を救出し、基地を焼く。」

 

作戦が始まった。

ロードインパルス3機が、崖上から基地へとスナイパーキャノンを見舞う。

銃弾は、建物をかすめるようにとんでいった。

数機のセントリーガンが沈黙するが、見えているものすべてではない。

射程がひらきすぎてギリギリ当てきれない、そう思われるようによそおう。

 

基地から、モーターパニッシャー3機が飛びだしてきた。

ボルトレックスも3機いる。やはり、報告以上のヘキサギアがいるようだった。

ボルトレックスは、モーターパニッシャーの多脚にがっしり固定されていた。

エアフローターによって、一気に崖上へと昇ってくる。

 

スナイパーキャノンがモーターパニッシャー1機をつらぬく。

つるさがっていたボルトレックスといっしょに、崖下へと墜落していく。

ふらふらと小回りをきかせるモーターパニッシャーに当てることは、難しい。

撃墜できたのは1機だけだった。

切り離されたボルトレックス2機が崖上へと降り立つ。

 

『GAAAAAAAAAAAAA!!!!』

 

2機の白竜が吼える。呼応するように、獅子たちも咆哮した。

ロードインパルスのガバナーが、あわててスナイパーキャノンを切り落とした。

獣性を解放した機械たちが、しなやかな動きで跳ね、絡み、互いの武器をぶつけ合う。

 

一方、ルシアとトロスは基地内部へと潜入していた。

幸い、ここは元LAの基地。トロスの手元には地図データが残っている。

それらしい場所に当たりをつけることは簡単だった。

 

人質たちは、屋内訓練用の大部屋へと集められていた。

警備はふたり。ルシアがスタニングレイピアをふるい、気絶させた。

しかし、助けられたというのに、人質たちはルシアへと怯えた視線をむける。

 

「我々はLAの騎士だ。さらわれた貴公らを助けにきた。

どうか安心してほしい。」

 

ルシアの説明をうけても、人質たちは怯えている。

困惑するルシアをよそに、トロスはなにか納得したようだった。

 

「ふうむ、なるほどな。こいつらは反逆者だぞ、ルシア。

さらわれたのではなく、自分から望んでここにきたのだ。」

 

「なに…?」

 

「しかし妙だな。おまえたちD-16の住人は比較的優遇されていた。

わざわざ離反する必要はないと思うが…?」

 

トロスが人質たちに問いかける。

彼らは怯えて答えなかったが、代わりに蠱惑的な声が響いた。

 

「それはもう、LAの非道な人体実験から逃げるためでしょう。」

 

漆黒のドレスをまとった魔女、武器商人ノーチェだった。

ルシアは、反射的にノーチェへと剣をかまえた。怒気にふるえながら、ノーチェをにらむ。

 

「また貴様の仕業か、ノーチェ…!なぜそこまで人を弄べる?」

 

すぐにでも飛び掛からんとするルシアを、トロスが止めた。

怯えた人質たちを指し示す。ルシアは、恥じるように剣をおさめた。

 

「非道とは誤解だな。たしかにLAは人体実験を行っているが、それは希望した兵士にだけだ。

くわえて、兵士たちには特別手当を支払っている。仮に四肢が動かなくなっても困らないほどな。」

 

トロスの言葉は真実だった。LAは、人材を使い捨てるほど馬鹿ではない。

再生可能なパラポーンを有するVFを相手に、そんなことはしていられないのだった。

しかし、ノーチェは鈴を転がすような声で笑う。

 

「確かにそのとおり。でも仮に、もし悪―SANATを討てるのであれば、話は別。

正義のためならば、LAは非道を犯せる。

D-16の住人は、極めて稀有な特異体質。いくら強化のために薬漬けにしても、壊れない。」

 

「なるほど、そういう虚言で上層部を動かしたわけか。

上層部の一部を非道な実験にはしらせ、その情報を兵士たちにリークにする。

一銭の得にもならないというのに、よくやるものだ。仲間割れを見るのがそんなに楽しいのか?」

 

「ええ。騎士様の戦友が殺し合うのですもの、どんな菓子よりも甘美ね。」

 

人質たちが困惑した表情になる。目の前で語られた真実が、飲み込めないようだった。

人質たちにとってノーチェは、兵士たちとともに自分を救ってくれた存在。

それがいま、こうもあっさりと自分たちを騙し、傷つけたのだと告白している。

 

大顎で建物をつきやぶって、巨大な機械虫<サンダービートル>があらわれた。

背につけられたプラズマキャノンが、深緑に輝く。銃口の先には、住民たち。

 

ルシアがすぐさま駆けた。スタニングレイピアを投げ放つ。

サンダービートルの背に、レイピアが突き刺さった。流れる電流が、機能を一時的に麻痺させる。

 

「全員、私についてこい。ここから脱出するぞ!」

 

トロスが号令をかける。人質たちが懸命に建物の外へと走っていく。

追おうとするサンダービートルに、駆けつけたコケコ卿とミルコレオがとびかかる。

 

鶏の騎士と虫混じりの獅子が、巨大な機械虫を叩き、うち崩していく。

コケコ卿は尻尾の物理ブレードで、ミルコレオは鬣の大角で。

2機の動きはすばやく、巨躯を誇るサンダービートルはうまく対応してきれていない。

 

『おいトロス!こいつデカいくせに弱ェぞ!このままレイブレードで終わるぜ!』

 

「ミルコレオ。そんな一瞬で終わらせていいのか?いたぶってお前の強さを示してやれ。」

 

『たしかにそれもいいな!オラァ、いくぜェ!』

 

聖剣レイブレードは使用できない。汚染レベルを上昇させれば、住民たちに被害がでてしまう。

火器を使おうにも、下手に弾をだせば人質に当たりかねない。

サンダービートルの重装甲は堅牢で、なかなか突破できない。

必殺の武器がつかえないなか、軽装甲の2機は少しずつ追い詰められていった。

 

一方、ルシアとノーチェは斬り合っていた。

剣技で勝るルシアを、ノーチェが仕込んだ罠の数々で翻弄する。

VICに侵され、ルシアのアーマータイプは半ば機能を停止していた。

 

(サンダービートルの重火器を使わせるわけにはいかない。

スタニングレイピアで麻痺している間に終わらせねば…!)

 

ルシアがノーチェへと剣をなげつけた。

予備の2本目を失い、徒手空拳。

踊るように剣を避けたノーチェへと、愚直に突進していく。

 

ノーチェの顔が愉悦に歪む。碑晶質の短剣がアーマーを貫通し、ルシアの肉を穿った。

 

「焦ったわね、騎士様。今回はこれでお終い?」

 

短剣を胸に刺したまま、ルシアがノーチェの腕をつかむ。

 

「終わりだ。貴公の悪行は、ここで終わる!」

 

ルシアのアーマーから、カチカチと耳障りなタイマーの音がする。

それに気づいたノーチェが必死にルシアからはなれようとするが、かなわない。

アーマーが爆発し、ルシアとノーチェは炎へと飲みこまれた。

 

宙に浮くモーターパニッシャーを、ロードインパルスが蹴る。

突然の方向転換に対応しきれず、ボルトレックスが切り裂かれた。

つづけざまにチェーンガンが掃射され、モーター・パニッシャーが沈黙する。

 

崖上の戦場に残ったのは、ロードインパルス2機。

五分五分といった戦力比だったが、なんとか勝利をおさめることができた。

ガバナーたちは、生き残ったことを実感するようにため息をついた。

 

眼下の基地が爆発する。

人質たちを引き連れて、トロスとミルコレオがやってきた。

コケコ卿が、焼け焦げたルシアを乗せている。なんとか生きているようだった。

 

「諸君、ご苦労だった。敵勢力は全滅、人質も無事だ。見事な戦果だな。」

「貴公らが…生き残って…よかった。」

「喋るな、傷にさわるぞ。」

 

部隊はLAへと戻っていった。

 

「熱い抱擁だったわね、文字通り、半身が溶けるような。」

 

『腕を掴まれただけです。義体の損傷は80%、半身どころではありませんね。』

 

コックピットへと乗ったノーチェの身体は、右上半身しか残っていない。

トドメを刺されれば終わり。絶体絶命の状況。

仮死状態となり、死んだと見せかけることでなんとか逃れたのだった。

 

「ただ事実を語るだけなんて。あなたは本当につまらないわね、ビートル。」

 

『真の戦いに、詐術は必要ありませんので。あなたがやっているのはお遊びです。』

 

「お遊びでいいじゃない?人生、幸せに生きていかないとね。

それに、嘘ばかりじゃない。D-16のうちひとりは、本物だもの。」

 

ノーチェが虚空へと手をのばす。愛しい人を想って、あまくささやく。

 

「くすぶる火種にあなたがどう焼かれるのか。楽しみね、ルシア。」


2
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
0
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択