No.1032431

機械道ドリームパニック

vivitaさん

レナは、戦う機械になりたかった。
あたたかな絆を引き殺して、血濡れた夢がつき進む。
たとえすべてを失くしても、望むことは止められない。

※コトブキヤ様のコンテンツ『ヘキサギア』の二次創作です。

2020-06-12 18:35:22 投稿 / 全1ページ    総閲覧数:10   閲覧ユーザー数:10

 私は、私を殺そうとするその大顎に魅せられていた。

 機械虫モーター・パニッシャーが、バルクアームのコックピットへと喰らいついている。

その身体は、すでに頭部しか残っていない。

弓なりに曲がったハサミがきしむ。自身の力に耐えきれず、すこしずつ崩壊していく。

 それでもまだ、喰らいつくことをやめない。

 

(私も、こんなふうになりたい)

 

 恐怖は感じなかった。ただ、身が焼けるような羨望だけがあった。

 その日から、私は望みをかなえることしか考えられなくなった。

 

***

 

「またいそがしい仕事だな。」

 

 モーター・パニッシャーは、戦場のなんでも屋だ。

主戦力であるボルトレックス級の僚機、偵察や警備、果てはタクシーまで。

使い勝手のよさから、どこへでも連れていかれるし、なんでもやらされる。

 

「偵察して仮拠点を設立。基地へもどってエクスアーマーを輸送。

その後、正面から突撃するロード・インパルス部隊と合流ってひとりで何役だ?」

 

「べつにことわってもいい。きみは働きすぎだし、えらぶ仕事も過酷だ。」

 

 ハイブの言葉に、ビートルは首を横にふった。

 

「やるに決まってるだろ。かなり危険そうな仕事だしな。金を払ってでもやりたい。

つーかさ、文句を言ったわけじゃないってわかってるだろ、ハイブ。」

 

 ビートルは、いつもの日常が流れていると思っていた。

穏やかな空気。仕事の確認をしながら、軽口を叩き合っているだけ。

 しかし、ちがった。ハイブの心には、もう限界がきていた。

 

「きみが心配なんだ。もう引退して平和にすごさないか、レナ。」

 

 ビートルが望んで捨てた名を、ハイブが口にする。

 それを聞いたビートルは突然、それまでの穏やかな態度を一変させた。

舌打ちし、つまらなさそうに濁った眼でハイブを射抜く。

 

「あ?」

 

 ビートルの声色には、思いやりが一切ない。むきだしの殺気がハイブへと刺さっていた。

 

「ビートルだっつってんだろ?

もしかして頭がねえのか?

じゃあ首の上についてるソレ蹴っても大丈夫だよな?

頭じゃねえもんな?」

 

「このまま無茶な戦いをつづければ、きみは死ぬ。

それも普通の死にかたじゃない。暴力と苦痛にまみれた死だ。

 

社長であるぼくが死ねば、他の社員たちが黙っていない。

きみは大勢のヘキサギアにおそわれ、死ぬことになるな?」

 

 殺気をうけてなお、ハイブは謝らない。それどころか、ビートルを脅してくる。

 ビートルとおなじように、ハイブの眼も濁っていた。

二人とも、もう相手の心に寄り添うつもりがないのだった。

ただ、みずからの望みだけをかなえようとしている。

 

「俺はな、戦いたいんだよ、ハイブ。

いいぜ?テメーがふざけたことを言いつづけてくれるのなら、それだけイラつきが増す。

そんなにイラつくヤツに喰らいついて死ぬのは・・・きっと気分がいい。」

 

 ハイブが、うちのめされたような顔になる。

ビートルの言葉は本気だった。本気で死んでもいいと思っている。

幼いころからビートルを知るハイブには、それがよくわかった。

 

「ぼくは両親からきみを託された。守りたいんだよ、レナ。」

 

「死ね。」

 

 ハイブの頭めがけて、ビートルの脚が鎌のようにふるわれる。

 横なぎの一閃は、剣によって止められた。

バイブレーションソード。振動によって敵を削り斬るポーンA1の主力装備のひとつ。

 

「お戯れがすぎますね、レナ様。」

 

 剣を手にあらわれたのは、ライトアーマーをまとった騎士。

バイブレーションソードが起動し、ビートルの脚が斬りおとされる。

つづけざまにくりだされる剣によって、またたく間にビートルは四肢を失くした。

 

「・・・ルシア。テメェ、どこに隠れてやがった。」

 

「いつだってそばにいますよ?主君をお守りするのは、騎士のつとめですから。」

 

 ビートルに痛みはなかった。四肢の断面にみえるのは、壊れた機械部品だけ。

肉体はもうほとんど残っていない。望んだものになるために、そう変えてきた。

もはや機械化は最後の一線・・・情報体になるか、ならないかというところまで進んでいる。

 

「レナ。きみはガバナーとなり、崩壊した会社を救ってくれた。

けど、もういいんだ。ぼくらのビーハイブ社には、ルシアのような優秀なガバナーがたくさんいる。

ビートルからレナにもどる時がきたんだよ。」

 

 四肢を失くしたビートルは、なおもハイブに喰らいつこうともがく。

しかし、届かない。むしろ、反動で遠ざかっていく。

ハイブの宣告を、ただ聞きつづけることしかできなかった。

 

「この仕事が最後だ。終わったら、きみの身体は非戦闘用のものへと換装する。

きみが戦いを望んでいることはわかるよ。それでも・・・家族として、これ以上死に急ぐことは許さない。」

 

***

 

 身体を修理されたビートルは、第一格納庫へと歩いていた。

 一定の間合いをたもって、ルシアがついてくる。あからさまな監視だった。

ビートルがなにか不審なことをたくらめば、さきほどのように止めるつもりだろう。

 次にむかう戦場にも、もう手が回されているだろう。最後の仕事は、きっと安全でつまらないものになる。

 

 広大な格納庫には、ビーハイブ社のヘキサギアたちがいた。

有象無象。ヘテロドックスらしいふざけた機体だらけだった。かたわらには、換装用の武装が置かれている。

 

 そのなかの一機、モーター・パニッシャーが瞳のランプを灯した。

鋭利な四脚で、ビートルへと寄り添ってくる。

ビートルの愛機。ホープと名づけられたモーター・パニッシャーだ。

 

『だいじょうぶ?ビートル、なんだかつらそうだよ。』

 

「平気じゃない。ホープ、直接つなげてくれ。」

 

『・・・わかった、すこし待ってね。』

 

 耳障りな機械音をたて、ホープの頭部が回転する。背面の操作端末が、ビートルへと向けられた。

 ビートルの義手がコネクターへと変形し、端末へと突き刺される。

 ぐらりと世界が揺れるような感覚がして、ビートルとホープの思考がつながった。

 

(ハイブが裏切った。ルシアもふくめて、ビーハイブ社は敵だ。

全員が、俺を閉じこめて飼い殺そうとしてる。)

 

(ほんとうにつらい状況だね。

それで、どうするつもりなの?)

 

(逃げて終わるとは思えねー。

ハイブはどこまでも追ってきて、俺を邪魔するだろう。

ヤツのことは嫌いじゃない。しかし、俺から望みを奪うというのなら。)

 

 ビートルがコネクターを引きぬき、ホープとの接続を断った。 

 ホープがまた頭部を回転させる。もとの位置へもどすような動作だが、ちがった。

頭部は回りつづける。そうして、大顎のグレネードランチャーがルシアへとむけられた。

 

「・・・消えてもらうしかねーな、この世から。」

 

 グレネードは即座に発射された。床にぶつかって、大きな爆発が起こる。

 

***

 

(こんなに早く、ろくに準備もせずにしかけてくるか。)

 

 ルシアは、爆発をかわしていた。

ケツァールに連なる強化兵士であるルシアには、すぐれた感知能力がある。

いちはやくホープが射撃をこころみていることに気づき、回避動作をとっていたのだった。

 

 爆炎にかくれ、ルシアがヘキサギアへと乗りこむ。 

 

 

 コッカジョー。レイブレードとブースターを複数そなえた高速格闘機体。

コストと汎用性を度外視し作られた、敵を斬るためだけのスーパービルド。

その戦闘能力はモーター・パニッシャーをはるかに上回る。

 

 ルシアはすぐさまスモークミサイルをばらまいた。格納庫に白煙が充満していき、視界が奪われる。

 

(わたしは、他の鶏騎士とはちがう。正々堂々とした馬鹿な戦いはしない。

どんなに汚い手を使おうとも、主君の望みをかなえるだけ。

 

・・・戦士ビートル。殺しはしないが、二度と戦えない体になってもらう!)

 

 ルシアには、標的の位置がわかっていた。耳にざらつく機械音。ビートルとホープでまちがいない。

 煙にかくれて、コッカジョーが忍び寄る。

 ブースターとブレードを起動し、不意討とうとしたその時、

 

――トンッ。トントントントントントントントントンッ。

 

と、空気のぬけるような音がした。

ルシアには、それがグレネードの発射音だとすぐわかった。しかし、数が尋常ではない。

 

(馬鹿な。モーター・パニッシャーの砲門はふたつ、これだけの連射は数が合わない。

い、いや、そうではない!!すぐに回避しなくては!音で軌道はわかる、このまま前へ抜けて・・・!)

 

 ルシアの操作技術は巧みだった。弾幕のわずかな隙間へと、コッカジョーをすべりこませる。 

 だが、それがまずかった。すぐれた能力が、逆にルシアを敗北へとみちびいた。

 

 隣をぬけていくグレネードから、カチリという音がした。つづいて響く、いくつもの爆発音。

 いっせいにひろがった爆炎が、ルシアたちを焼きつくした。

 

***

 

 煙が晴れる。

 

 

 あらわれたのは、重厚な鎧をまとったモーター・パニッシャー。

数多のグレネードランチャーと装甲が、コックピットを覆うようにつけられている。

 

 煙に乗じて行動していたのは、ルシアだけではなかった。ビートルもまた、ホープの姿をかえていたのだ。

 

 かわったのは、連射力だけではない。はなたれた弾丸も、初撃とはちがうものだ。

モーター・パニッシャーの弾倉には、何種類もの弾丸を装填しておくことができる。

一発目は、着弾によって爆発する着発式を。二発目以降は、電子制御で空中爆発するエアバースト弾を。

 二つの姿をつかって、ビートルはルシアを罠にはめたのだった。

 

 勝利したが、まだ終わっていない。騒ぎをききつけて、すぐに他の社員がやってくるだろう。

 新たなる敵に対応するべく、ビートルはまたホープの姿をかえていった。

 

 次に戦うヘキサギアがなんなのか、ビートルには予測がついている。

会社にいるヘキサギアのことは、すべて把握している。

それぞれがどんな風に戦ってきたのか。なにが好きで、なにが嫌いなのか、深く知っている。

 みな、ビートルの戦友だった。

 

***

 

「きみはほんとうにすごいね、レナ。」

 

 こわれきった街。その中心にビートルとハイブはいた。

 すでに決着はついていた。

 ホープのグラップルブレードが、ハイブを押さえていた。すこしでも力を強めれば殺せる。

 

「テメーは甘かったな、ハイブ。

最初に俺をたおしたとき、そのまま閉じこめちまうべきだった。」

 

「できなかったんだよ。いざとなると、決心がにぶった。」

 

「・・・テメーの甘さにひかれて、大勢があつまってきた。だから、ビーハイブ社は大きく育った。

テメーのやりかたは、これまで最善の結果をもたらしてきた。

 

だが、その甘さを俺にだけはふりかざすべきじゃなかった。

俺のことだけは、ほうっておくべきだった。

ほうっておいてほしかったんだよ、ハイブ。」

 

 ビートルが合図をおくると、グラップルブレードが動いた。急所をきれいに一突きする。

 苦しむ間もなく、ハイブは死んだ。

 

 ビートルは、しばらく立ちつくしていた。眼には、赤く染まったハイブがうつっている。

 

 ホープには、ビートルが平気でないことがわかった。傷つき、苦しんでいるのだろうと感じた。

しかし同時に、またひとつ望みに近づいたのだろうとも思った。

敵意に満ちた戦いこそが、ビートルのすべてなのだ。

これからも望みをかなえるために、ビートルは望んで多くのものを失くしていく。

その苛烈な生についていける人は、きっと誰もいない。

 

 ビートルがおぼつかない足取りで歩きだす。

 モーター・パニッシャーは、寄り添うようにビートルへとついていった。

 ビートルが心を失くし、誰とも手を繋げなくっても、この機械は主のそばに立つのだろう。

 機械たちだけが、人でない道を歩むビートルへとついていけるのだった。

 

 エアフローターの駆動音が響く。一人と一機の姿は、すぐに雲にかくれてみえなくなった。

 

                        ❝Machine road dream panic❞ closed.

 


1
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
0
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択