No.1018510

機械の身体(エイトマン脳内アニメファンアート)

人間そっくりに作られたエイトマンが実はロボットであることがさち子さんに知られてしまう場面を、自分なりに考えて脳内アニメ風に描いてみました。後半はモノクロバージョンです。
エイトマン(漫画版)の結末はさち子さんに正体を知られ、東がじつはロボットであることを知ってさち子は恐怖に震えます。
「機械の身体をもつ鋼鉄作りの怪物である自分は、普通の人間としての生活ができない」ということがはっきりしたためエイトマンこと東八郎が失踪するというものですが、漫画版のなかではさち子さんが機械の身体を目の当たりにする描写がなかったと思います。
あれほど機械の身体を嫌悪し恐怖するには何かそういう場面を目撃したはず。ちなみにエイトマンの中身は「8マンのしくみ」というコミックに掲載されている挿絵を参考になんとか描いてみました。

2020-02-01 22:28:49 投稿 / 全6ページ    総閲覧数:108   閲覧ユーザー数:108


0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
1
1

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択