No.1005532

大漁

金子みすゞ作の大漁からのイメージをイラストにしました。

大漁の詩を読んで最初に思い浮かんだ言葉は「いただきます」でした。
食べるためには他者の生命が必要であり、その相手には人間と同じように時間を共にする存在がいて、彼らの命や未来をいただいて自分は今生きている。いただきますの語源は多説あるようですが、食材そのものへの感謝や弔いなどの気持ちが「大漁」と通じているように思いました。

2019-09-26 20:51:14 投稿 / 1654×2339ピクセル

 
2019-09-26 20:51:14 投稿
総閲覧数:184 閲覧ユーザー数:165
1654×2339ピクセル
 

0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
3
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択