No.935221

九番目の熾天使・外伝 ~短編EX8~

竜神丸さん

絶望の魔法使い

2017-12-30 20:52:40 投稿 / 全1ページ    総閲覧数:3191   閲覧ユーザー数:907

これは、望まない結末を強いられた者達の物語…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「そう、全てはこの地で始まった……」

 

 

 

 

管理局の暗部に消された一つの村。

 

 

 

 

その生き残りは、美空だけではなかった……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あれは…!!」

 

 

 

 

「黒い魔法使い…!?」

 

 

 

 

海鳴市での任務中、旅団メンバーの前に突如現れた謎の魔法使い…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「もしかして、鶫君…!?」

 

 

 

 

「お久しぶりです、ウルティムスさん」

 

 

 

 

魔法使いの正体は、あの消え去った村の生き残りだった…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「緊急事態発生! 緊急事態発生! 世界各国に、次々と怪人が発生してます!!」

 

 

 

 

「グロンギ、オルフェノク、ファンガイア……どんどん増えて行きます!!」

 

 

 

 

「くそ、何がどうなってやがんだ!?」

 

 

 

 

それと同時刻、地球の世界各国に次々と怪人が出現。世界は混乱へと陥っていく…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「!? アンタ、進兄さんや姉ちゃん達が言っていた…」

 

 

 

 

「会うのは初めてだったか? お初にお目にかかるぜ……詩島剛」

 

 

 

 

異なる地球から迷い込んできた一人の青年は、事件の中で太古の破壊者と対面する…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「久しぶりだな……一緒に戦うぞ、貴虎!! ミッチ!!」

 

 

 

 

「あぁ!! 俺達はもう、世界を蝕む悪意には屈しない!!」

 

 

 

 

「守ってみせるんだ……僕達が、ヒーローになって!!」

 

 

 

 

かつて多くの罪を重ねた兄弟は、支配人と再会し、共に世界を蝕む悪意と対峙する…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「は、腹減ったぁ……魔力が無いと死んじまう…」

 

 

 

 

「おい見ろ仁藤、あんなところにファントムがウジャウジャいるぞ」

 

 

 

 

「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!? ピンチはチャンス、ランチタイムだぁっ!!」

 

 

 

 

ファントムの宿りし青年は、魔力を喰らうべく大量発生したファントムに挑みかかる…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「よせ、無茶をするな剛!!」

 

 

 

 

「俺は、こんな所で死ねないんだよ…!! もう一度、“アイツ”に会うまでは…!!」

 

 

 

 

地獄より蘇りし強敵達を前に、ライダーの力を失った戦士は窮地に陥る。その時…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「何だ? マッハドライバーが勝手に…!?」

 

 

 

 

「俺だって譲れないんだよ……チェイス、もう一度一緒に戦ってくれ…!!」

 

 

 

 

≪シグナルバイク! ライダー! チェイサー!≫

 

 

 

 

その時、一つの奇跡が戦士を復活させる…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「駄目だよ鶫君!! こんなの、やってる事が管理局と全く変わらないじゃないか!!」

 

 

 

 

「黙れ!! この僕を邪魔をしてくれるな…!! 僕は成し遂げてみせるんだ……僕から全てを奪った、管理局への復讐を!!!」

 

 

 

 

果ての無い復讐に染まり切った黒い魔法使い。

 

 

 

 

そんな彼の耳にはもう、かつての友の言葉は届かない…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「それが君の絶望だというのなら、僕がその絶望を受け止める……さぁ、終焉の時間だ!!!」

 

 

 

 

「たとえ君だろうと、僕の邪魔をするのであれば容赦はしない……さぁ、滅びの時間だ!!!」

 

 

 

 

世界を守る為に。

 

 

 

 

復讐を果たす為に。

 

 

 

 

二人の魔法使いは、己の願いの為に、かつての友と激突する…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

九番目の熾天使・外伝 ~短編EX8~ 絶望の魔法使い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ゆっくり見物させて貰うよ、君達のショータイムとやらを」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更新日、未定…

 


0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
3
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択