No.685132

不知火海軍仕様改修機"Gosfordpatriarch"(ゴスフォードペイトリアーク)

kaennさん

日本帝国海軍とオーストラリア海軍の共同計画にて次代の水陸戦用戦術機として改修をされた機体
メインの装備は大型水中銃(メガロノドン)と両腰に装備された二本の長刀(村正)である。
他の装備は長刀の鞘先端部に付いている小型銃(蛟)と跳躍ユニットがわりのブースター内蔵クローにクロー内蔵型マシンガン、肩のニードルガンとなって居り機体各所にレアメタル製の特殊アーマーが装着されている。
機体名称の"Gosfordpatriarch"(ゴスフォードペイトリアーク)とはオーストラリアで"深い水の族長"という意味で海軍の主力戦術機としての未来を期待して名付けられた。
更にテストを重ね海神より速く水中を動き陸戦でも通常の不知火を凌駕する性能に到った。

続きを表示

2014-05-09 00:51:29 投稿 / 2048×1383ピクセル

2014-05-09 00:51:29 投稿
総閲覧数:1329 閲覧ユーザー数:1306
2048×1383ピクセル

0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
1
4
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択