No.294507

暑い、寒い?

tanakaさん

相変わらずのゆるゆりですが、ちょいと向日葵の言葉がアレかもかも。まぁ、生ぬるくお願います。

2011-09-06 18:39:25 投稿 / 全1ページ    総閲覧数:922   閲覧ユーザー数:906

「あ~つ~い~! 暑すぎる! 向日葵なんとかしろー!」

「なんとかって、なにも出来ませんわよ」

「クーラー。クーラーをつければいいじゃん。何で向日葵はクーラーをつけないんだよ!」

 バタバタと手足を動かしてクーラーを点けろと文句を言ってくる櫻子。そんなに暑いのなら、

バタバタと暴れなければいいじゃない。

「あのね櫻子。クーラーばかりに頼るのは身体に悪いんですわよ。それに、電気代もかかりますし、

なによりクーラーをつけるほど暑くはないでしょ」

 暑くないと言えば嘘になりますが、この暑さは決して我慢出来ない暑さではありませんわ。

窓を開けて外の空気を入れれば、十分ですわ。

「無理っ! 我慢なんて出来ない!」

 相変わらず駄々を捏ねる櫻子。そうやって暴れているから暑さが引かないのでしょ。

「そこまで暑いのなら、服を脱いで薄着になればいいでしょ」

「なるほど! その手があったか!」

「え……」

 勢いよく今着ている服を脱ぎ、薄着になる櫻子。

 いや、その……今の櫻子は薄着と言いますか、むしろ下着のみの姿になっている。

 正直、こんなことになるとは思いませんでしたわ。

「ん~だいぶ涼しく感じるかな」

「そ、そうですか……それはよかったですわね」

「ほんと、向日葵がクーラーをつけてくれたら、よかったのに向日葵のケチ」

「う……っ」

 櫻子が顔を近づけて文句を言ってくる。その……櫻子の顔が近づいてくるということは、

同時に櫻子の身体も近づいてくるわけでして……

 うぐっ……こんなの直視することが出来ませんわ!

「け、ケチなんかじゃありませんわよ!」

「むぅ、向日葵何処向いてるんだよ。ちゃんと私を見ろよ」

「な――っ!?」

「会話をする時は相手の方を見て話すのが常識だろ」

 まさか櫻子に常識を説かれるとは、思いませんでしたわ。ですが、今の櫻子の姿を見る

のはその……恥ずかしいのです。

「なぁ~向日葵、ちゃんとコッチを見てよ!」

 ギギギと私の頭を無理やり動かす。そして――

「よし。ちゃんとコッチを向いたな。向日葵、早速私に謝れ」

「は、はぁ!? 何で私が櫻子に謝らないといけませんの!?」

「だって向日葵、私の方を向いて喋ってくれなかったじゃん。だから向日葵は、私に謝る義務があるの」

「そ、そんな……」

「ほら、早く謝れ」

 下着姿の櫻子が触れるほどの距離まで近づいてきて、謝罪を要求してくる。

 あぁもう! そんな無防備な姿を晒さないで下さいな!

「あ、謝ればいいんですわね?」

「うん♪」

「櫻子の方を見なくて申し訳ございませんでしたわ。これでいいかしら?」

 櫻子の下着姿にドキドキしてごめんなさい。クーラーをつけなくてごめんなさい。

薄着になれと言ってごめんなさい。

 上っ面だけの薄い言葉での謝罪。ですが心の中では精一杯謝罪の言葉を述べる。

「うむ、許そう」

 そんな私の気持ちなど知らず、満足そうな笑みを浮かべている櫻子。こういう時、

櫻子がおバカでよかったと思います。私の邪な気持ちを悟られないから。

「まったく櫻子は……」

「――あぅ……少し寒くなってきたかも……」

「風邪でも引いたんじゃありませんの?」

「私が風邪を引くわけがないだろ」

 そう自信満々に答えていた櫻子ですが――

 

「うぅ……風邪引いた」

 予想通りと言いますか、きっちり風邪を引いてしまいましたわ。まぁ、あんな薄着で

長時間居れば、風邪も引きますわね。

「向日葵~寒い~」

「昨日とは逆のことを言ってますわね」

「あうぅ、これも全て向日葵のせいだ。向日葵が大人しくクーラーをつけていればこんな

ことにならなかったのに……」

「何をバカなことを……全ては櫻子の体調管理が甘いからでしょうに」

「向日葵のバカ~」

「なんなのよそれは」

 バタバタと手足を動かして文句を言う櫻子。まったく、この子はどんな時でも変わらないんですわね。

 

 ほんと、世話が焼けますわ♪

 


0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
2
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択