No.1114876

【獣機特警K-9ⅡG】豚も鳴かずば撃たれまい【交流】

Dr.Nさん

2023-02-25 20:42:42 投稿 / 全6ページ    総閲覧数:278   閲覧ユーザー数:268

ラミナ署、夜9時。

 

カタカタカタ、カタカタカタ、カタカタカタ。

ノートパソコンで書類を作っているのはミハエル。

 

ミハエル「ふう、やっと1件め終了。あー疲れたぜ」

 

首を回しながら拳で肩をトントンと叩く彼。

とそこへ。

 

ミウ「ミハエルさん」

テムナ「自分まだおったんかいな」

ミハエル「ああ。例の殺人事件の報告書をな」

ミハエル(モノローグ)「雨の夜、スーパーラミナH店の駐車場で起こったナイフによる殺人事件。被害者は豚型ファンガーの中年男性、そして犯人はやはり豚型ファンガーの男子高校生。被害者を何度も何度も刺していることから、強い恨みを持っていたと思われる。しかし不思議なことに、犯人も被害者も、お互いの名前も知らない間柄だったという。時折肉体関係を持つ以外は」

中年豚「さあて、半額の寿司もゲットしたし、早く家に帰って小説読みながら呑み直すとしますかw ウィ~ヒック!」

 

『おじさん…』

 

中年豚「おや、キミは? 偶然だなこんなところで、ウィ~ヒック!」

男子高校生豚「ずっと探してましたよ」

中年豚「探してた? ウィ~ヒック!」

男子高校生豚「おじさん、俺にはキミしかいないって言ってたくせに!」

中年豚「はい? 何のことだね、ウィ~ヒック!」

 

ギラリ。

男子高校生豚の取り出したナイフが、雨の駐車場の水銀燈の灯りを不気味に反射する。

 

中年豚「ちょ、ちょっと待て! 何を怒ってるのか分からんが話せば分かるって!」

男子高校生豚「問答無用、この浮気者!!」

 

グサッ!

 

中年豚「ギャッ!?」

 

グサッ! グサッ! グサアッ!!

 

中年豚「ギャアアアア!!!」

 

・・・・・・

ミウ「ちょっと待って。その男子高校生は被害者の顔ぐらいしか知らなかったんでしょ? どうしてその駐車場にいるって分かったの?」

ミハエル「ある日、彼は被害者のSNSのアカウントを見つけたのさ」

テムナ「名前も知らへんのにどうやって見つけたんや?」

ミハエル「ネットは狭い。思いあたるワードであれこれ検索すれば、あっという間にヒットするさ」

ミウ「あー」

ミハエル「彼は、最初はその想い人の様子を嬉しそうに見ていた、こっそりとな。ところが」

ミウ「ところが?」

ミハエル「被害者はある日、そのアカウントで他の男とヤった様子を自慢気に晒したのさ」

ミウ「は? アッー!」

テムナ「アッー!」

ミウ「自分だけだと言ったくせに、ってわけね」

ミハエル「そういうこった。その日以来、彼のヲチの目的は変わった。そしてひと月前、彼は被害者がスーパーラミナのH店で買った寿司の画像を上げてるのを見つけた。そしてそれには半額シールが貼ってあったんだ」

ミウ「確かスーパーラミナは全店が10時閉店。で、半額シールが貼られるのは、1時間前の夜9時」

ミハエル「よく知ってるな」

テムナ「H店やないけど、ウチらも夜勤の時、それを目当てに買いに行くことあるさかいな」

ミウ「あ。ということは!」

ミハエル「察したようだな。それ以来毎日、犯人は夜9時以降、スーパーラミナH店の駐車場で待ち伏せしていたそうだ」

ミウ「1ヶ月も。なんという恐ろしい執念、張り込みの刑事顔負けね」

テムナ「ま、全ては自己顕示欲やな。全世界に自分の行動範囲を晒してるってことに気付かんのかいな」

ミウ「SNSなんて誰が見てるか分からないのにねえ」

ミハエル「豚も鳴かずば撃たれまいってやつさ」

ミウ「そして酔っ払って駐車場って、被害者は飲酒運転でスーパーまで来たってこと?」

ミハエル「そういうことだ。その報告書も今から作らねばならねえ。あーめんどくせえ!」

ミウ「お疲れ様。わたしたち今からその半額シール目当てに買いに行くんだけど、あんたのも何か買ってこうか?」

テムナ「自分、晩飯まだなんやろ?」

ミハエル「いや、それには及ばねえ。俺にはこれがあるから」

ミウ、テムナ「あ」

ミウ「それって愛妻弁当」

ミハエル「そ。ネフティスちゃんの愛がたーっぷり入った弁当さw これがあれば一瞬でHPもMPも全回復!」

朝、ミハエルのマンション。

 

ミハエル「じゃあ行ってくるよネフティスちゃん」

ネフティス「行ってらっしゃいミハエルさん。はい、お弁当。いつ食べてもいいように傷みにくい食材を使ってるから、夜でも大丈夫よ」

ミハエル「ありがとう。愛してるぜネフティスちゃん♥」

ネフティス「わたしも愛してるわ、ミハエルさん♥」

ミウ、テムナ「……」

ミウ「バ夫婦乙」

テムナ「リア充爆発しやがれ」

 

 

=END=

 

 

 


 
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
1
1

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択