No.1099528

九番目の熾天使・外伝 無双風花雪月

竜神丸さん

また懲りずに書いてみた。

2022-08-06 23:27:37 投稿 / 全1ページ    総閲覧数:5318   閲覧ユーザー数:1821

 

???「―――世界の循環を、君で途切れさせてはならない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、歴史の波間に消えるはずだった……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベレス「邪魔をするなら、斬る」

 

 

 

シェズ「これが……“灰色の悪魔”……ッ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一人の傭兵が紡ぐ、フォドラの新たな物語……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

okaka「ほぉ、流れ者の傭兵って訳か」

 

 

 

シェズ「護衛の依頼なら受けるぞ? 傭兵だからな」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

灰色の悪魔への雪辱を果たさんとする、流浪の傭兵……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ディア「で、逃げたターゲットがこの大陸……フォドラに逃げ込んだって事ですね」

 

 

 

支配人「そいつを見つけて仕留めるのが、今回の俺達の任務なんだとさ」

 

 

 

竜神丸「天上より女神が見守りし大地……ねぇ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

任務遂行の為、フォドラを訪れる旅団の戦士達……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シェズ「この力は、何なんだ……?」

 

 

 

竜神丸「ふむ、謎の力を使いし傭兵ですか……」

 

 

 

支配人「お前さんの力がどうあれ、頼りにさせて貰うぜ」

 

 

 

ディア「今はどうか、君の力を貸して下さい。お互いの目的の為にも」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼等の出会いから始まる、決して交わる事のない三つの物語……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エーデルガルト「私の野望は、このフォドラの不条理を破壊し尽くす」

 

 

 

ディミトリ「これは血塗られた過去との決別であり、我が国が決して避けては通れない道だ」

 

 

 

クロード「俺には野望があるんだ。それを叶える為に戦ってる」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国の未来を背負いし、三人の級長達……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エーデルガルト「リバインズ先生。あなたも私達に協力して貰えないかしら?」

 

 

 

竜神丸「私が帝国の将? これはまた、随分な好待遇ですねぇ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ディミトリ「俺はこれ以上、もう誰も死なせたくはない。頼むぞウル、力を貸して欲しい」

 

 

 

ディア「やっとその言葉を聞けましたね、あなたの口から……!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クロード「俺もここじゃ異物みたいなもんでね。異物同士仲良くしようぜ、なぁレイ?」

 

 

 

支配人「たく……お前の本音は一体、どこに隠されているのやら」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれの勢力に分かれ、彼等はこのフォドラで激突する……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エーデルガルト「帝国軍、進軍開始!!」

 

 

 

竜神丸「どれ、実験の成果をお見せしましょうか」

 

 

 

ヒューベルト「行きましょう、この道の先へ……!」

 

 

 

フェルディナント「我が名はフェルディナント=フォン=エーギル!! いざ勝負だ!!」

 

 

 

ドロテア「綺麗な花には棘がある、思い知ったかしら……!」

 

 

 

ベルナデッタ「ぴええええっ!? 来ないで下さい!! 来たら撃ちますよおおおおおッ!?」

 

 

 

カスパル「今の俺は誰にも止められねぇぜ!! 親父でも連れて来ない限りなぁ!!」

 

 

 

ペトラ「ブリギットの流儀、見せる、見せつけます……!!」

 

 

 

リンハルト「面倒だけど仕方ないか……良いよ、たまには全力を見せよう!」

 

 

 

モニカ「陛下に仇なす者は、相手が誰であろうと容赦はしません!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皇帝エーデルガルトが率いる帝国軍……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ディミトリ「続け!! ファーガスの精兵達よ!!!」

 

 

 

ディア「共に戦いましょう、望む未来の為に!!」

 

 

 

ドゥドゥー「あなたと共に戦う為に、俺達はここへ来たのです……!!」

 

 

 

フェリクス「どんな手で来ようと、捻じ伏せるまで!!」

 

 

 

メルセデス「大切な人の為なら、頑張れるものね。一緒に行きましょう……!」

 

 

 

アッシュ「戦う事を選んだのは僕自身、だから絶対に後悔なんてしないよ!」

 

 

 

アネット「私だって騎士の娘だもの、簡単には負けないんだから!」

 

 

 

シルヴァン「こんな俺にも、守りたい物の一つや二つはあるもんでね……!」

 

 

 

イングリット「騎士の旗に栄光あれ! 必ずや、勝利を掴み取ってみせます!!」

 

 

 

ロドリグ「ここで死ぬ訳にはいかない、親友との約束の為にも……!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国王ディミトリが率いる王国軍……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クロード「さぁて、始めようか!!」

 

 

 

支配人「行くぞ!! 道は俺が切り開いてやる!!」

 

 

 

ヒルダ「へぇ、歴戦の傭兵って感じね。アタシも守って貰おうかな~?」

 

 

 

ローレンツ「この僕が勝利へと導いてみせよう、華麗にな!」

 

 

 

ラファエル「オデの筋肉が、暴れてぇって叫んでるッ!!」

 

 

 

リシテア「私も全てを賭けます、未来を切り開きましょう!」

 

 

 

イグナーツ「ここで満足はしたくない。僕、もっともっと頑張りますね!」

 

 

 

マリアンヌ「主よ、どうか私達を、お守り下さい……!」

 

 

 

レオニー「師匠から教わったやり方で、何が何でもこの戦いに勝ってやる!!」

 

 

 

ホルスト「ホルスト=ジギスヴァルト=ゴネリル、参る!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

盟主クロードが率いる同盟軍……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レア「私も、全身全霊で戦います。フォドラの為に、そして人の為に……!」

 

 

 

フレン「この戦いに、終わりはあるのでしょうか……?」

 

 

 

セテス「今、教団を潰される訳にはいかんのだ……!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジェラルト「どれ、俺達流の歓迎をしてやろうじゃねぇか!」

 

 

 

アロイス「このアロイス!! 貴殿と団長に、どこまでも御供致しますぞ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユーリス「おいおい何だ? この俺に見惚れでもしたのか?」

 

 

 

コンスタンツェ「おーっほっほっほっほっほ!! 私の前に跪きなさい!!」

 

 

 

バルタザール「レスターの格闘王の出陣だぜぇ!!」

 

 

 

ハピ「いつもお気楽だよねぇ、ほんと。死んでも文句言わないでよ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャハド「俺様こそが次のパルミラの大王、シャハド様だ!!」

 

 

 

ナデル「正直気分は乗らねぇが……向かって来るなら容赦はしねぇぜ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

okaka「セイロス教団にジェラルト傭兵団、アビスの連中に、パルミラ軍まで参戦するとは……この戦争はここからが本番ってところか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして激化する戦争の中、流浪の傭兵は再び、灰色の悪魔と対峙する……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベレス「なるほど、あの時よりも手強くなったね」

 

 

 

シェズ「また会ったな、あの時のお礼を返させて貰うぞ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タレス「我等は闇。消え去る事はない」

 

 

 

ソロン「獣共が、我等の邪魔をしおって……」

 

 

 

クロニエ「アタシの名はクロニエ。アンタの命を奪う者よ。なんちゃって♪」

 

 

 

コルネリア「こうなっては仕方ありませんわねぇ。私が、御相手して差し上げましてよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戦争の裏で暗躍する、謎の勢力……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミュソン「貴様、何故……“エピメニデス”の力を使っている?」

 

 

 

シェズ「エピメニデス……?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戦争の中で、傭兵は少しずつ、己の力の正体に近付いていく……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クロード「変えなきゃならない世界があって、変える手段が目の前にある……!」

 

 

 

支配人「ここまで来てしまった以上、俺達はもう、止まろうにも止まれないのさ……!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ディミトリ「復讐を遂げる機会が、巡って来たのだ!!」

 

 

 

ディア「ドゥドゥー達と同じです……あなたの復讐は、あなただけには背負わせません!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エーデルガルト「あなたの存在は私にとって、大事な歯車の一つになってくれた」

 

 

 

竜神丸「私が変わったとすれば……それはきっと、あなた達の存在があったからなのかもしれませんね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

己が信念の為に、刃を交える者達……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

okaka「この戦い、どの勢力が勝ったとしても、フォドラは荒れに荒れるだろうよ」

 

 

 

ベレス「君達と戦うのは何度目だったか。今度こそ、これが最後になるかな?」

 

 

 

シェズ「必ず勝とう。このフォドラの、まだ誰も見た事のない未来の為に」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戦いの果てに、彼等を待ち受ける未来とは……?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

???「僕だけは君の味方であり続けよう。僕と君は、運命共同体(・・・・・)なのだから……」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

九番目の熾天使・外伝 無双風花雪月

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

???「復讐なぞ、人の為にやる物ではない。己が心を満たす為に、己が欲を叶える為にやるのじゃ。その覚悟は……できておろう?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

COMING SOON……?

 

 

0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
3
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択