No.1072036

テーマ別に書きます。

H@さん

テーマ別に書きます。

文章訓練中です。( ^)o(^ )

2021-09-14 05:47:39 投稿 / 全1ページ    総閲覧数:27   閲覧ユーザー数:26

テーマ別に書きます。

 

◎05:13より少し前に変な夢を見ました。その夢の内容は、お母さんと私が二人で部屋にいる時に―お母さんは部屋で布団にくるまり寝そべっていました。自分はその隣にいました―見知らぬ男がいつの間にかお母さんの隣にいて何かブツブツ言っていて、最後に「お母さん、私の下着とか着替え何処にいったの?いつの間にか無くなっているじゃん!」とか言っていたけど起きて見て調べたら実際は無くなっていませんでした。ちょっと不気味な夢ですね。

 

◎またシバ達は、別に何とも思われていないのだから、さらに自分のやりたい放題言いたい放題言ったとしても好かれるほど狙っている好都合な捕虜―自分の事―から何とも思われていないのだから願望が叶わなかったとしてもそれはきっちりと諦めないといけないと思いますよ。上記の夢もその辺のタイプがつくったように思うので書きました。

 

◎他の人等もこの男性ともし密着して付き合うときっとまったく同じような感想を抱くと思いますよ。反応を特別する事自体がとても無意味で馬鹿らしいときっと思うと思いますよ。

 

◎シバは、特別な地位がある訳でもお金持ちのお坊ちゃんでも、お金持ちの大のお気に入りでも無いのにすごく好みがうるさく、諦めがつかないので捕虜的存在が本当の好み意外に欲しいだけだと思うのです。どこでどのように情報を得て調べたか分からないけどその存在にだいたい自分が当てはまる事に気づいているのでしつこいだけだと思います。自分が欲しい物を手に入れるのに最適な捕虜ときっと考えていると思うのです。彼が一番欲しいのは自分の好みが沢山集まっているハーレムだと思います。それを邪魔している人、邪魔しそうな人を潰すのに自分の存在が好都合と考えていると思うのです。だからこそ自分が彼を断ったとしても実際問題可哀そうでも何でも無いと思います。むしろその手に簡単に乗ると最終的に大きな損失を受けるのは自分自身なんですから。

 

―夢の中に母の外見も出ていました、夢を作った人は母の外見も知っていると思います、だから使えると思ったと思います―

 

◎ネットの中だけでも日頃お世話になっている人を完璧にもてなそうという気持ちになれないのでしょう。嫌だったら四六時中ネットの中にいる必要も無いけどそれもできないのでしょう。気になってしかたないのでしょう。いつだって気に入っている人は自分だけの物にしておきたいのでしょう。そのために自分のような捕虜がどうしても必要なんだと思います。ライバルのウィークポイント的存在に絶対に成り得るとかなり前から企んでいたのに違いないと思うのです。そしてどんなに不利な立場であったとしても常に自分中心でいたいのでしょう。本当にただそれだけだと思います。

 

※じゃあどういう風に捕虜的に扱おうとしているのかというとまた昔みたいに「しょっちゅうドンドンの弁当を奢ってやっている、食べさせてあげている・・・!」と主張して、良い女性はみな自分等がそのお礼にもらえるのが当然!とやろうとしていると思うのです。さらに時には自分等が裏でまったく関与をしていないフリをして、好きな人をゲットするのを邪魔された恨みでその人の家系に(やや)似ていると思う自分を闇にでも売り飛ばして憂さを晴らそうとしていると思います。―またドンドンだからDをくれ!とシャーシャーと言ってのけているのでしょう、ということはシバとマキはそういった意味で常に共犯だと思います―

 

◎この間うちに来た怪しい不動産屋の男もシバとかマキ、その関連の男性達の嫌がらせに違いないと自分は憶測しているのです。やはり自分が好きな人をたとえ立場がすごく良いライバルであったとしても絶対に譲りたくないからでしょう。またシバ・マキは正しく、本当に欲しい人、タイプを得るためにその他の悪用専用のタイプを平気で接客店に沈めるタイプでモロ紐志願者だと思いますよ。

 

◎また別に組み合わせは無くて同じ顔でも結婚している人はいるので自分が思ったとおりの組み合わせでくっついたり付き合わないと頭に来る人等もある意味紐志願者だと思います。上記に書いたような男と似たような部類の人物だと思います。非常に利己的だと思います。それは、どっかの会社の人間関係なのかもしれないけど、そこで実際に働いていない限りしつこく強要される筋合いは毛頭ないからそう思います。

 

◎自分が逆にされたら怒り狂うでしょう?!損得勘定が絡んだらそうじゃなくなるらしいけど、最初メいっぱいそういう態度取ったんだから今更遅いですよ。人が断っているんだから無理やり付き合おうとするのは止めて欲しいです。・・・いつものしつこい人等の事を言っています。また雨さん達も結局は最後は本人同士が決める問題だから第三者が組み合わせを指図するのは限度があると思いますよ。

 

◎さらに今好かれいてる可愛がられている・・・と思っている女性等もあまり信用しない方が良いですよ。何故なら自分は10代の時に山本美月さんに似ている女性がご主人に殴られた事を知っているからです。という事は、所詮男という物は本来野蛮な人が多いって事だと思いますよ。

 

◎ねぇ男からテレパシーがあり彼が犯罪者だという事が証明されましたま。何故なら、この間までなくなっていたモリタポさんの写真の中身を念写して来たからでした。盗んだ事がある証拠だと思います。実際しばらくの期間無くなっていました。そしてこちらからは一度もテレパシーを送っていないのにすごくしつこくてくっつくべき、あの写真のあの男が邪魔しているなど・・・しつこくうるさく、くっつくべきだと言っている自分より執拗にモリタポさんの事でうるさくしつこい・・・夢中で夜も眠れない感じでマジ異常だと思います。空き巣とかしているのじゃないかと思います。それはねぇ男の事です。

 

◎また話は変わりますが自分の過去の体験上山本美月さんのタイプの女性はソープランドに多いタイプです。それを考えても一時的にチヤホヤされたとしても多分最初だけで、山本美月さんのタイプの女性がご主人に殴られた事があるように結局誰かと一緒になっても途中で暴行を受けて接客店に売り飛ばされるパターンが想像以上にすごく多い証拠のようにも思うんです。そういうカラクリをかなり若い時から知っていたのでそれもあって自分は、男嫌いなのかもしれないです。―だってほとんどが付き合ってから売ればどれだけ金になるかだけで相手を選んでいる感じだから・・・特に女性が2のタイプの場合はほとんどがそうみたいだから。金になるからじゃなくて自分が昔付き合った人の話しましたよね。似ているからだから縁付けられた時期があったんじゃないですか?それはある女性の事です。なのでそれを無理やり壊したから変な事件が一時期続いたのかもしれないですしね。

 

※だから本当にこの事を書いたら夢を壊すようで悪いけど、男から見て欲しい物・・・を買えるほど稼げそうな人にしつこくしている可能性がすごく高いと思うという事です。だからこそほとんどの巷の接客店がいつも新人でにぎわっていると思いますから。悪いけどベロゥマスクは暴力を奮う男だよ表向きは大人しいけどね。証拠が出ない場所に出たら人が変わると思いますよ。

 

※そのため一週間で死ぬビデオとかいうあの映画、リングとかは、自分にとってはあまりピーンと来ないのです。でも営業妨害だと思ったからその話をずっとしなかったでしょう。だけど何故か知らないけど突然その話をする事になったって感じです。多分リングと言うのは貞子や貞子のお母さんのタイプの女性を暴力アッセンしていた、あるいはしているという事実を証拠隠滅するためだけのものだと思うのです。―タイプは関係なく男は特定のタイプの女性に対しては、―貞子とか貞子のお母さんみたいなタイプには―みんなそうだと思いますよ―本田泰章もすごく似ているタイプの男性が包丁事件じゃ、もう芸能界で華々しい活躍は無理でしょう。

 

◎し、しかしいくらお金を儲けたいからってフリーズミーみたいな状況の場所で本当にマジアルバイトしたいんかい?!って思いますよね。馬鹿だのちょんだの言われながらで・・・。けど悪い男にひっかかれば多分半強制的にそういうところへ行かされる事もあるんじゃないかと思います。おやじや彼女にせかされているのか?“ねぇ男”はどんなに避けられていても、いつまでもしつこくテレパシーを自分に送って来ています。彼も多分紐志願者の一人だと思います。でもまたああいうところに行くとしたら相当の覚悟があって行くわけだから決して他の人々が悪戯にその人にまとわりついてはいけないと思いますよ。馬鹿だのちょんだの言われて稼いだ場合そのお金のほとんどは自分のために使いたいし、もし他人に使うんだったら相当理想のタイプじゃ無いと絶対に無理だと思いますよ。無理やりその役目になろうとしているのがそもそもすごく感じ悪いし不謹慎だと思うのです。

 

◎お前馬鹿だな・・・どうしようもないな・・・とかちょっとした事で年中強面やマフィア界の美形男性に大きな声で喚かれたり怒鳴られるような場所で―ほぼ毎日朝から晩までそんな感じだと思います―アルバイトするんだから・・・自分のためにお金使いたいし、相当理想じゃ無いと他人に奢りたくないですよね。精神的ストレスが日々凄いから毎日でもサウナとかフィットネスクラブに行っても良い位の状況でしたから。だからあの時代そういう事が分かっているからこそモリタポさんが現れたと思います。マジ本当にあそこはフリーズミーに近い場所なので平然と気軽に「また今すぐ行けよ!」なんて酷い事絶対に言われたくは無いのですよ!!本当にある意味すごく酷い目に遭うんだから人から命令された形では行きたくないですよね。自然に自分の意思で行きたいですよね!!もちろん悪者にされてから行くのは絶対に嫌ですよね。だって中でまた散々悪者にされて虐められる訳だから・・・。良い人という必要性はまったく無いですが、せめて悪者にだけは絶対にされたくないですよね。その上地上に戻ると全て自分が悪者になっているというのもやめてもらいたいものですよね。たった一つ良い事と言えばお給料が良い事だけ・・だったと思いました。後友達が綺麗な人がやたら増えるだけ・・・かなですね。―多分寄って来る主に男性を誰も断らないように精神破壊する事が目的だと思います、お金がすごく良い事だけがメリットみたいな場所でしたね―

 

※さらに男が身近にいないけど―つまりハッパをかけてくれる存在が一人も身近にいない女性―周囲にいる男達の中で狙っている人が多い女性で、裏で指名の投資がすごいタイプが行く羽目になりやすいと思います。何故ならその裏で高額の投資をしている男達に見返りを与えないといけないからだと思います。

 

◎けどやっぱまた自分から足を向けるとしたらよっぽど切羽詰まった事が無いと難しいと思います。また朝から晩まで・・・とか想像してしまうし、昔のメンバーじゃ無かったらまた一から親睦を深めないといけなかったりで精神的にすごく疲れそうだからです。でも外見は今よりずっとお洒落になるとは思いますよ。また趣味じゃ無くても女らしい格好も増えるように思います。何故ならあまりにうるさいからそういうお洒落をした方が良いかなと思うようになるからです。お金もいっぱい入るからちょうど買えるから買うって感じでそうなりやすかったですね。ただ本当に精神的に大変にはなると思います。

 

◎でも、最後は慣れて来るとあまり怒鳴られなくなって優しくされるけどそれが当たり前になって来ると最初よく怒鳴られたり文句を言われていた時期よりは全然稼げなくなって行くというのも本当でした。だからそこの場所ですごく稼げていた時期は毎日ピリピリして全身緊張するくらいよく注意をされたり怒鳴られていた時期だったと思いました。だからそういう場所だからこそ簡単には人に勧められないと思いますよ。特に身内や親しい人にはそうだと思います。その辺を決して履き違えないで欲しいのです。

 

※実際問題自分がアルバイトしていた頃にそこの店主から「ここにきてその後幸せになったって奴の話は一度も聞いた事が無い・・・!」と言われたくらいでしたからね。あくまで自己判断と自己責任においてたまたまきっかけがあり自分が良いと思った時だけじゃ無いとあまり関わらない方が良いかも・・・と思うんです。

 

◎また稼ぎがピークの時例えば毎日10万円とか5万円かせげたとしてもそれがいつ突然終わるか分からないので後々苦しみたくなかったらきちんと毎日決められた金額を貯金をしておいた方が良いと思いますよ。でもそれは、もしそこへ行ったならの話ですけどね。―つまり働いている期間は毎日がまるでギャンブルみたいな感じって事です―まったく安定性が無いって意味です。多分自分によく似ているタレントの人気の変動も大きな影響があるかもですね。よく分からないけどまったくあてにならない明日はどうなっているかサッパリ分からない感じのところでした。

 

◎あのでも誰かがまた行かないといけないのは本当ですよ。何故ならあちこち企業がつぶれているので、お店やデパートもそうだけど。だからそれらの資金切れを立て直さないといけないからみんなが高額の物をもっとドンドン買えるようになるために何人かは必ず行かないといけなくなると思うんです。そういう場所であったとしても。そのためこの時期の男性のモーションや誘いはすごく危険だと思います。こういう真実に対して気づいている男達も多くて自分の付き合っている女性が行く事になればある意味手柄になるから必死だと思うので・・・。なのでこの時期の男性のしつこいアタックは十中八九その用事であると思うとまず間違いないと思われるのです。時には強引にあるいは自然にいつの間にかって形で導かれて行くように思うのです。ただしエリートさんの場合、元々貯蓄が豊かで自営業をいつでも始められるくらい準備が整っているのだったら一定期間、試しで行ってみても悪く無いかも・・・という場所かもですね。あとは中途長期休暇がもらえるんだったら・・・・と思います。

 

※けどやっぱエリートまで位が上がったならそうヤスヤスとそのポジションを手放さない方が良いですよ。特に最高の給与額が100万円だったとしたらまともな仕事でそれくらいもらった方が全然良いのですからキャリアにブラック項目を絶対に入れない方が良いと思うのです。晩年になったとしてもいづれそうなるのだったら途中でそういう場所に寄り道して全てを失う事になるのはすごい馬鹿らしいと思いますから。―美女で誘惑してエリートを転落させるって罠がきっとあると思いますから―

 

※あともう一つ大きな難関があります。そこで働いて稼ぐには常日頃そこの町で一、二を争う不良とお付き合いをしないとならないという事です。そうじゃなかったら本物の裏の人と時々デートをしないといけないと思います。そういった難関があります。でも正直言って不良とお付き合いがあった期間だったのに突然支援が消えました。その時の大きな原因は今思うと、モリタポさんが私を突然断った事だったと思いました。あともう一人と彼女と自分と三人の関係がずっと続く事がそこでの高額の支援の一番の条件だったと思いました。自分だけじゃ無くてその時は他の人も稼げなくなっていました。お店で閑古鳥が毎日鳴くようになったのです。そしてモリタポさんに断られてから一年も経たないうちにあの前代未聞の大火災事件、スーパールーズ事件が起きたのです。

 

※最後お店でプーヤンとかムーミンみたいな体型の女性と一緒に二人で働きましたがいつもだいたいチャッピキかやっと一人お客がつく感じでした。店員の裏の人が逃げるお客を追いかけて無理やり・・・って事もありました。正にその様子はムーミンをただ見して逃げたらただじゃおかないって感じだと思いました。キャンセルするとドスが聞いた声で店員がお客を脅していたと思いました。・・・というかお店に入ったからには・・って感じだったと思いました。お客が逃げても外まですごい剣幕で走って追いかけていましたね。―そして、そのすごい剣幕の男性従業員も体がすごく大きくて顔もふっくらしていたのです―

 

※上記の状況を思い出しても確かに一時期すごくお金が良いけどある種の奴隷を買っている感覚じゃ無いかと・・・。確かにお金は一時期すごく良いけど・・・。小間使いとまでは思っていない感じだけど・・・やたら格差を見せつけるシーンがすごく多かったので。モリタポさんに似ている他の年配女性の社交さんが―その女性の顔の原型は明らかに9のタイプでした―ただ整形している事がモロ分かりお化粧をしたり顔の角度によっては彼女ソックリな顔立ちだったのです。コーヒーをよくお店で飲んでいて何かを知っている感じがすごくしました。何かすごく態度が意味深だったんです。店内でコーヒーを片手に乾杯のポーズを取っていた姿も見た事がありました。その女性の場合もお客がお金を支払わないと店員がすごい剣幕で脅し上げてお金を取っていたと思いました。またその女性がすごく意味深に思えたのは、年配女性だったから余計そう感じたのかもしれませんけど。同時にいつもの事だけど『こんな年齢になっても男性に頼まれたり脅されて働いているとしたらとっても気の毒・・・!』とも思いました。多分男を見る目が無かったんでしょうね。ずっと遍歴を重ねて来て最後の最後に選んだ男が最悪だったというパターンかもしれません。自己判断だけで選んでしまったツケがが来てしまったのかもしれませんね。自分の見る目にあまりに自信があり過ぎて他人の意見をまったく受け入れないとそういう結果になりやすいかもですね。とも思いました。というか惚れた弱みと言ってもやはり一番悪いのは男のように思います。だから自分は紐志願者っぽいタイプは最初からまったく受け付けないようにしています。また、特にお店で閑古鳥が鳴きだしてからはママタイプの人はそうでも無かったけど、店員の男性が格差を見せつけたがる場面がすごくなって来ていました。その段階で自分がリアル社会に戻ってから起きた出来事を照らし合わせてみると偶然何かが一致する事が多い事に気づいて来たのでした。

 

◎でもどう考えても男性が若いうちに豪遊するとしたらホモの接客店で働いてパトロンを探すか、女性の紐になって貢がせるしかないですもんね。・・・wまたエリートだと晩年までは高額もれなかった場合それまでどうやってリッチに過ごすかとかですごく悩む時期もあるかと思います。かと言って女性に生まれても最初の方に書いた通りすごく不安定で最終的にあっという間に全てポシャって尻窄みみたいな状況になりやすいですよ。―このままずっと永久にその栄華が続くように見せかけておきながらある日突然全てが消える・・・って感じでしたね、それだと生活レベルが一気に下がるから最初新しい生活リズムに慣れるまですごく苦しみますよね―予めいつ頃からお給料がこれくらい減るとか予告があれば良いけどそういうのがあの裏界隈が関与していた接客店では当時まったく無かったのです―世の中本当に厳しいですよね。

 

◎私はシバとはもう付き合う気はありません。多分こっちの対応はまったく変わると思うけどモリタポさんと大差ない事をしたいだけだという事は既に自分は熟知しているからです。―彼の潜在意識の中に多分自分は彼女と似ていると自負している面があると思うんです、実際に似ている似ていないはまったく別でそのためまったく同じ事をして仲間意識をマスマス強化したいと考えていると思うのです―つまり、彼は明らかに彼女に恋心を抱いているのだけど中々上手く行かないのでとにかく自分達は同じ、似た者同士という親睦を深める事をまず始めようとしているように思うのです。そして成功したらそれを二人の愛の証にでもしようとしているように思います。そして、さらにアリバイやその他の権利問題を誤魔化すために自分の事を四面楚歌にしたいだけだと思います。そしてモリタポさんもそうだったけどこの男もその目的を達成するためだったら人が大勢傷ついたり死んでも全然平気って感じがするからすごく嫌になると思うんです。

 

※しかしモリタポさんはあの日あの時自分が断ったせいで他の大勢のお給料が消えて死刑事件が起きてしまった事への罪悪感はまったく無いのでしょうか?あの事件もきっと難攻不落なケチな女性を、将来的に貢がせるための罪悪感を植え付けるための一世一代の大事件計画だったように思うんです。だから基本男性の多くが紐になる事しか考えていないと思います。特に2のタイプの女性に対しては常にそうだと思いますよ。またそういう風に動かないと国がまともに稼がしてくれないのも真実のように思います。


0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
0
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択