No.1041937

小説「深海の天秤」一章 ファーストインパクトの挿絵②

神嘗 歪さん

〈小説「深海の天秤」の文章〉

「待ってくださいッ!」

 落谷と澤木課長が、同時に声のするほうに振り向く。するとそこには、さっき病院の件で質問を投げ掛けた小野塚が立っていた。

続きを表示

2020-09-27 09:36:46 投稿 / 768×1024ピクセル

2020-09-27 09:36:46 投稿
総閲覧数:55 閲覧ユーザー数:55
768×1024ピクセル

0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
0
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択