No.962016

霊夢と紅林先生と。

mintoさん

霊夢短編集より。

2018-07-31 15:26:47 投稿 / 全1ページ    総閲覧数:151   閲覧ユーザー数:150

 

霊夢短編集

紅林先生と。

 

 

霊夢(れいむ)が暮らす幻想郷には人里があった。

 

紅林先生はそこで医者を開いていた。

 

彼は徒歩で博霊神社に向かう。

霊夢はまだ眠っていた。

 

パジャマ姿だ。起きる。

 

傷口の手当て。

霊夢は数日前に魔理沙と弾幕ごっこをしてひどい目に。

 

今から思えば微笑ましい光景だったが。

 

霊夢は紅林先生の手当てを受ける。

 

「傷あとが残るね。

足に」と紅林先生。

 

霊夢はそれを聴いて膨れ面。

 

しかし、このあと紅林先生と部屋の片付けをするのだ。

 

夏は暑かった。

霊夢と紅林先生は会話。

 

 

 

 

 

0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
0
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択