No.842433

三題噺‐その5‐

さん

2016-04-14 20:51:44 投稿 / 全1ページ    総閲覧数:317   閲覧ユーザー数:317

『さまよう胡蝶』

 

 此処は何処だろう。

 そして、どうして俺は、蝶に為っているんだろう。

 

 

 

 行かなければならない所が有る。

 そんな思いに駆られるが、何処へ向かえば良いのだろう。

 前か後か右か左か、はたまた上か下か。

 全く分からず、憤りにも似た焦りを感じる。

 しかし、進まなければ何も変わらない。

 進んでみれば何か分かるかもしれない。

 直感を頼りに羽ばたいてみる。

 

 

 

 羽ばたくってのは、案外、難儀な事らしい。

 一向に進まないうえ、どっと疲れる。

 幼い頃に、鳥に為れたらどんなに良いだろうかと思っていた。あの大きな翼で大空を翔け巡りたいと思っていた。

 しかし、鳥も俺が思っているよりももっと、難儀で不自由なんだろうなと、今は思う。

 なんて考えながら飛んでいると、一輪の花が見えてきた。

 あれだ。

 何故だか分からないが、すぐに分かった。あれが俺の探し求めていたものは。

 俺は全速力で羽ばたく。必死にそこへ向かい、花びらにとまる。

 六本の脚先から、心地良い温もりが伝わってくる。俺は心の底から、安堵と愛おしさを感じた。

 

 

 

「……ん?」

 目が覚めた。

 どうやら夢だったらしい。手足がちゃんと二本ずつある。

 月の光が差し込む。

 今夜の満月はとても大きく、明るい。真夜中でも周りの物が見え、そして色濃く影を付けている。隣で寝ている彼女の顔を艶やかに映し出す。

 ヘンな夢だったなァ。

 しかし、夢を見るたびに思う。

 夢とはいったい何なのだろうか。

 俺は夢の中では蝶に為ったけれど、果たして俺は……。

「…………ん」

 色っぽい声だ。

 どうやら彼女も目を覚ましたらしい。

 まだ寝惚けているのか、目を細めてこちらを見つめている。

 そして、口元をすこし綻ばせてこう言った。

「不思議な夢を見たわ。とてもヘンだったけれど、おもしろい夢」

「へぇ、どんな夢?」

「花に為る夢よ。一輪の花に為って、ずっと何かを待っている夢」

 真実なんて、考えてみたところで、明確な答えが出る訳ではない。

 なら、今ある人生を楽しもう。

「そして、一匹の蝶に出会えたわ。それだけの夢。オカシな夢でしょ? けれど、とっても温かい夢だったわ」

 月明かりが彼女を妖しく映す。大きく美しい瞳に満月が写り込む。

 彼女の目を見つめて言う。

『月が綺麗ですね』

 

 

 

 

 

お題

・夏目漱石 ・荘子 ・星新一


0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
0
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択