No.735874

真・恋姫†無双 〜穢刀の幻想~ 零

hirowiさん

こんにちはhirowiです。
初投稿作品ですのでお手柔らかにお願いします。
一刀は性格をちょっとだけ悪にしようと思っています。

それでも良ければ、よろしくお願いします。

2014-11-08 14:07:57 投稿 / 全6ページ    総閲覧数:1843   閲覧ユーザー数:1479

 

○○○はしがき○○○

 

この作品は北郷一刀が【三国志の外史】を統一しようとする物語です。

 

読みにくい文章になるかも知れませんが、よろしくお願いします。

 

■必ず最後のあとがきを読んで下さい■

 

 

 

 

 

ある世界で書かれたある神話集。

 

神々が世界を創造した時の話。

 

神々は強力だったが、盤古が神々達の王になり支配は終焉した。

 

盤古(ばんこ)、神農(しんのう)、女媧(じょか)、伏犧(ふっき)だ。

 

盤古は伏犧に命令し、自分に刃向かう者を倒せる強力なモノを創造させた。

 

伏犧は己の肉体から世にも恐ろしいモノを産んだ。

 

 

─────恐怖─────だ。

 

 

盤古は宇宙世界の創世神となり、

 

神農は医薬と農業を司る神に

 

女媧は人類を創造した神に為った。

 

騙されて恐怖を産んだ伏犧は冥界に幽閉され、其処を統治した。

 

盤古は女媧に人を創造させ、人の祈りは神を不滅とした。

 

だが、やがて人は危惧し始めた。

 

自分達を庇護してくれない神に疑いを持ち、ついに人々は立ち上がった。

 

その時、混乱に紛れ伏犧は冥界を這い上がって天界へ忍び込み、盤古を殺そうと刃を向けた。

 

しかし事は上手く回らず、伏犧は有ろう事か人間界へ封印され、神の座を剥奪された。

 

そして何千年もの間、世界を転生・顕現しては世界の【人間】と見続けさせられた。

 

 

───だが───これが──盤古の過ちであった───

 

 

────伏犧は人間に──興味を──持ってしまったのだ───

 

 

 

 

時は二世紀も末、人々の心に闇が出来ていた。

 

戦は絶えず、食べる物も無く、治せぬ病で人々は恐怖した……。

 

A「クソッ! 何で俺がこんな目に……」

 

B「返して……私の子供を返してよ……」

 

C「神の所為だ……全部神が悪い!」

 

D「何故、我ら人間を平等に作らなかった」

 

E「神は大陸を破壊し困窮させる……見放されたのだ……」

 

F「でも、命を与えてくれた事に感謝しなきゃ」

 

G「糞共に媚びろと言うのか?」

 

H「私も小さい息子もただの商人だ。それさえも神は奪うのか? 存在意義を奪うのか?」

 

I「いつか、誰かが立ち上がる。そして不敬を示すだろう……」

 

時は過ぎ、中国史上最大の農民発起……黄巾の乱が起こる前……。

 

人々は飢餓に苦しみ、困窮して逝った。

 

その中で国を恨み、神に刃向かう者が立ち上がった。

 

賊頭「盤古の心臓を突いた素晴らしい仲間に! 乾杯だ!!」

 

賊「「「おおおお!!」」」

 

賊頭「神殿は燃え、盤古像は崩れ落ちた! もう無能な神に祈る必要は無い! 新時代の幕開けだ! 人間の時代の!!」

 

賊「「「「「おおおおおおお─────!!!」」」」」

 

 

とある所に、雲の上に白く高い塔が悠々と聳える城が存在する。

 

そこには神々が住み、人間を見下ろす事が出来る天空の城。

 

ここに十二の神が住んでいるとされている。

 

後の世に十二の神は天地開闢十二神(一神三皇八帝)と呼ばれるようになる。

 

 

宇宙開闢の創世神であり万物を生成した、盤古。

 

神として人間に叡智を説いたであろう、伏犧、女媧、神農。

 

人間として大陸を統べた黄帝、少昊、顓頊、嚳、堯、舜、禹、湯。

 

 

盤古「この世界の創造主に対して恩を仇で返すとは……」

 

現在、城の中の円形の部屋に神々が集まっている。

 

部屋は異空間に為っており、床はあるが壁は外景が見える様に透明に為っている。

 

部屋に相応しい椅子が十二個、均等に設置されている。

 

?「これから如何しますか?」

 

??「如何するも何も、我々が此の侭立ち止っている訳には行くまい?」

 

盤古「そうだ。この外史の人間は我々に刃を向けたのだ……」

 

突如、回りを黒い霧が包んだ。

 

???「……貴方の逆鱗に触れた……」

 

其の言葉は枯れている様な声で、部屋の中からした。

 

盤古「何者だ?」

 

入り口から黒い煙が集い、人の形を為す。

 

???「お久しぶりです。……最後にお会いしたのは確か……」

 

盤古「小僧か……神の座を剥奪された貴様がここへ何の用だ?」

 

?「貴様は伏犧! 何故ここにいる!!」

 

??「確か、今度は人間界に封じられたと耳にしたが……」

 

伏犧「はい……私は幾星霜、ずっと見ていました……貴方の怒りを」

 

伏犧は入り口から部屋の中央へ歩き、片足を付き、一礼を取る。

 

伏犧「貴方が人間を創ったのは祈りから不死を得るため。だが……それと同じく人間も、貴方の愛が必要だ。そして……それ故に人間は力を持ち脅威となった。つまり、私にとっても……」

 

盤古「何が望みだ?」

 

伏犧「我々に必要なのは愛だと。だが、貴方は愛に頼りきりだった。私は学んだ。必要なのは恐怖、苦痛……そして絶望」

 

??「…………盤古よ、伏犧は真実を……言う通りに」

 

盤古「……わかった。やってみろ」

 

?「しかし、我々には人間が……」

 

盤古「黄帝よ……。小僧の言う通りだ。たとえ外史であっても、彼等人間の無礼は許されん。秩序を思い出させるのだ……任せたぞ。互いを反目させ 我々の手中に戻すのだ」

 

伏犧「はっ!お任せよ」

 

盤古「この外史は小僧に任せるとして、我々は戻るとする」

 

神々「「「はい」」」

 

伏犧「(ちっ……自己の虚栄と保身しか考えていない愚神共め…………。盤古、貴様はこの俺が必ず殺す。それまで精々余生を愉しめよ)」

 

……そう考えている内に神々は部屋から去っていった。

 

伏犧「さて……外史の扉よ!! 我を混沌の地へ導き給え!」

 

 

 

 

 

 

作られた外史──。

 

それは新しい物語の始まり。

 

終端を迎えた物語も、望まれれば再び突端が開かれて新生する。

 

物語は己の世界の中では無限大──。

 

そして閉じられた外史の行き先は、ひとえに貴方の心次第──。

 

さぁ。

 

外史の突端を開きましょう──。

 

 

○○○後書き○○○

 

皆さん、hirowiです。

 

読んでくださってありがとうございます。

 

 

 

※注意事項

 

※これは私の初投稿作品です。

 

※私の国語力ほぼ0(中学生レベル)です。

 

※誤字や脱字や変な言い回しがあると思いますが、ご了承ください。

 

※ちなみに、三国志の知識は今のところ無印恋姫+真・恋姫無双しかありません。

 

※三国志演義とかは読んでいません。

 

 

 

♪もし、これから読んで下さる皆様へお願い♪

 

誤字やこれからのストーリーの流れ。技名・言葉の言い回しなどなど、なんでもいいので忠告・アドバイスお願いします。

(小説や文章を本格的に書くのはこれが初めてなので・・・勉強したいです)

 

何でもいいのできるだけ、多いと助かります。

 

 

 

これからよろしくお願いします。(*>▽<*)ゞ

 

 

 

0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
1
8
1

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択