No.733859

寂しがりやな覇王と御使いの兄

あなたまさん

真・恋姫夢想の2次小説です。
処女作となりますので駄作・チートが嫌いな方は戻るボタンを
魏√後に華琳の兄に転生した話です。
それでもいい方はお付き合いください

2014-10-31 05:59:30 投稿 / 全1ページ    総閲覧数:22736   閲覧ユーザー数:15573

 

この物語は魏√後の話です

キャラの口調(特に貂蝉・関西弁キャラ)が崩壊してます・・・

 

 

 

 

かつて一刀が通っていた高校・聖フランチェスカの寮で寝ていたのだが、三國志の主要武将が女の子と不思議な世界に飛ばされ、すべての才能に恵まれた覇王・曹孟徳に拾われた。一刀は持ち前の明るさと前向きさと人の良さを発揮し、曹操軍の中でも信頼を勝ち取る。

 

部下の技術師の李典に助言をしたり、うろ覚えではあるが未来の知識で味方の危機を回避。

史実での曹孟徳でも成し遂げる事が出来なかった天下統一の覇業を支え戦い抜いた。

 

しかし、あまりにも歴史を変えすぎた代償の為に、一刀は天下統一を果たしたその夜に……成都の森で最愛の華琳と別れが待っていた。

 

一刀「・・・ここは、俺は消えたあとどうしたんだ」

 

貂蝉「あらん~起きたわねご主人様」

 

 

起きたらピンクのビキニを履いてる化け物が体をクネクネさせならが一刀の周りを歩き回っていた。

余りの不気味さ・気持ち悪さに直視する事が出来ずに、思わず顔をそむけてしまう、そんな一刀の心境を完全に読み取ったのか、化物が憤慨と言わんばかりに叫ぶ

 

 

 

貂蝉「ぶらぁぁぁ!だ~~れがどんな犯罪者も命乞いするほどの歩くR指定の変態筋肉達磨の化け物ですってええ!」

 

 

一刀「そこまでいってねえよ!?てかきみだれ!?俺の考えよめるの!?」

 

 

貂蝉「私は都の”綺麗”な踊り子貂蝉ちゃんよん~大好きなご主人様のことならなんでもわかるわよ☆」

 

 

一刀「(((( ;゚Д゚)))」

 

貂蝉「そこまで引くことないじゃない~」クネクネ

 

 

貂蝉ってあの貂蝉だよな!?

王允の養女であり、絶世の美女で董卓・呂布を仲違いさせたんだよね!?

そんな美女がなんでこんな筋肉達磨なんだよ……この気持ち悪さ!この世の元とは思えないんだけど

 

 

一刀「と、ところで貂蝉だっけ?ここはどこなんだ?」

 

 

貂蝉「なんか変な事思われた気がするわねん。まぁいいわ、ここは現世とあの世の境目とおもってくれればいいかしら。ご主人様にやってほしいことがあって、ここに呼んだの」

 

 

この場所に関してはよく分からないが、華琳と別れた後現代に帰還出来ずにこの場に取り残されたって感じなのかな?それと、俺にやって欲しい事ってなんなんだ?

 

 

貂蝉「簡単にいうと曹孟徳を助けてほしいの」

 

 

華琳を助けて欲しいだと……まさか俺が消えた後に華琳の身に何か起きたのか!?

今すぐ事情をこの貂蝉に問い詰めたいが、こういう時こそ冷静に対処しろって教えを破るわけにはいかない……今は貂蝉の話しが終るまで堪えるんだ

 

 

貂蝉「あなたが経験した世界のことを私達は外史と呼んでいるわ、内容的にはパラレルワールドと同じようなものだけど、正史の三國志をベースに人々のこんな世界があったらいいなという思いから生まれるの。例えばご主人様が魏・呉・蜀にいたり袁家にいたりといった色々な世界があるの」

 

 

平行世界みたいなものか?

俺が劉備さんや孫策さんと供に華琳と戦う世界もあるのか……魏で過ごした俺には想像出来ない世界だな。蜀や呉での俺も同じように天下統一したら現代に帰還してるのだろうか

 

 

 

 

貂蝉「外史は正史に近い歴史の流れそって時間は動くのだけど、歴史の流れが大幅に崩れると、最悪その外史そのものが無くなってしまうの。ご主人様もその一端を経験したと思うけど、それよりひどいことが起きるのを防ぐのが私達管理者。今回助けてほしいのは、曹孟徳が小さい時に歴史の流れから外れて死んでしまうかもしれないの。本当は私が手を出せればいいのだけれど、この外史は管理者が介入するとなにが起こるかわからないからご主人様に助けてほしいのよ」

 

 

 

 

 

「貂蝉のいうこと全部は飲み込めてないけど、俺がその外史にいけば華琳は助けられるんだな?」

 

 

貂蝉「それは保証するわ。でも今のままご主人様を送ったら、前の世界みたく異物として認識する可能性があるから、外史の人物として転生をさせてほしいの。でも強制はしないつもり、ご主人様が現代に帰還したいと願うのならば私はそのまま現代に送り届ける義務もあるの。もう一度外史に飛び込むか、現代に戻るかはご主人様に決めて欲しい」

 

 

これが現代に帰れる最後のチャンスって訳か……

祖父ちゃん、父さん、母さん、妹、及川や学校の友達の顔が浮かぶ……俺が居なくなって心配かけっぱなしなのは理解してるし、申し訳ないとも思ってるけど……それでも俺は大切な……どんな時でも自信満々だけど、素直じゃなくてとても寂しがり屋な女の子の傍に居て支えたい。

 

 

「俺はやっぱり華琳の傍に居たい……俺が完全に外史の人物になれば、異物化されずに華琳を守れ歴史の流れを元に戻せるんだよな、俺をその外史に送ってくれ」

 

 

貂蝉「感謝するわねご主人様。それと曹孟徳に近しい人物ではないと咄嗟に助けられないかもしれないから……転生する人物は曹仁なんてどうかしら?」

 

 

一刀「確か……曹仁って華琳の従弟だよな?前の世界には居なかったと思うけど」

 

 

貂蝉「そうね、でも私の力で血の繋がってない兄の立場にしてあげるわ、多分そのほうがお互い喜ぶとおもうし」

 

 

む・・・確かに血が繋がってるのは色々と禁忌的な感じがするが、血の繋がりが無いなら大丈夫か。それしても……俺が華琳の兄か……どうしてだろ、妹の華琳に叱られ続けるビジョンしか浮かんでこない

 

 

貂蝉「ご主人様には辛いと思うけど、前の外史で過ごした記憶の保持と守れるように恋ちゃん・・呂布並の身体能力にしておいたけれど、鍛錬と知略を磨く勉強をしてほしいわ。どんなに潜在能力・身体能力を持っていても、それを磨く事を怠ったら宝の持ち腐れになってしまうわ。存在からも守れるようになってほしいの。武器はこの凍華と双狛の2振を使ってちょうだい」

 

 

凍華と双狛・・・日本刀みたいだけど少し形が違うんだな。呉の周泰に近い感じでもあるのかな?身体能力は実感ないけど、あの世界で華琳に負けないほどの智謀と、華琳を大切な人達を守るための武を身に着けてみせる。今度こそずっと華琳達と一緒に過ごす為にも

 

 

貂蝉「なにが起きるかわからないけど、油断だけはしないでねご主人様」

 

 

一刀「あぁ、いろいろありがとな貂蝉。今度こそ傍にいて守ってみせるよ!その外史に送ってくれ貂蝉!」

 

 

貂蝉「わかったわ、2振の刀は3歳になったら部屋にあるように届けるわね。それと血が繋がってないのだから、ムラムラしたら我慢しないで曹操を襲ってもいいわよん~~~」

 

な!?最後になんて爆弾投下しやがる!くっそおおおー成長してそれが気になったらどうしてくれるんだ!自分で言うのもなんだけど、魏の種馬とか呼ばれてたんだぞ!?今度あったら覚えてろよーーー!

 

 

 

貂蝉「・・・がんばってねご主人様。ッハ!あそこの世界にいい男が!?いまいくわん~~ぶらああああああぁぁぁ」

 

 

 

 

 

 

 

 

どうもあなたまです

我ながら駄作すぎていまから酷評が怖いです:w:

あんまり辛辣なコメントは泣いちゃうので勘弁してくださいw

 

 

 

0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
2
55
42

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択