No.664051

夢図書館

アインさん

もしも・・・の物語。

2014-02-17 03:38:55 投稿 / 全4ページ    総閲覧数:1122   閲覧ユーザー数:1072

扉が開く。

 

「いらっしゃいませ」

 

黒いタキシードを着て、サングラスをかけた青年が出迎えた。

「ここは、夢図書館という図書館です」

夢図書館。それは?

「ここで、見られる本・・・物語は、『あったかもしれない』架空の物語本です」

青年は人差し指を立てる。

「例えば、『北郷が死んだ後の物語』とか『椎名京の反乱』とかです」

なるほど、つまりはただの二次小説の物語か。

「ええ。そうでね」

青年は笑う。しかし、何か含みがある言い分だ。

「少し考えて見てください」

なんだろうか?

「所詮は、恋姫もマジこいも作り話。現実ではないし、あっては困る話ですね」

まぁ・・。確かに。

あんなドラ〇ン〇ールに似た世界が現実があったら世界は変わっているだろうね。

「ええ。だからこれからお読みになる物語は所詮は『作り話』であり、『あったかもしれない』架空の物語本ですよ・・・」

青年は一冊の本を私に渡した。

「今回は初めてご来店ですし、ぜひこの本を読んでみてください」

タイトルは。

 

『恋毒』

 

いかにもという本である。

しかし、せっかく来たのだか読んでみよることにした。

私は恋をした。

しかし、その恋は毒であった。

毒の原因は恋した相手が、彼女持ちだったからだ。

しかも相手は、絶対に勝てない相手。どうあがていても絶望だろう。

一番良いのは、相手が自分に振り向いてくれること。そして、相手も彼を諦めること。

でも、そんな現実はありえない。

私は悩んだ。

そして、諦めることを決意する。

その日以来から、彼女は彼から避けるようようになった。表向きは、二人の邪魔をしないこと。

「失礼します。どうぞ、ごゆっくり・・・」

そう言って、何度避けただろうか?

時間が忘れてくれるというが、なかなか消えない。

「・・・・・うう、うう!!」

体が疼く、求める、束縛したい。

我慢の時間が続く。

なのに、そんな私を壊すかのように彼は近づいてこう言うの。

「大丈夫か? 何か悩みがあるなら相談にのるよ」

「・・・いえ、なんでもありません」

言えるはずがない。

「でも・・・」

「かまわないで下さい!」

だからこそ、嫌われよう。永遠に・・・。

「ダメだ!」

彼は私を抱き寄せる。

「・・・ダメ」

私は、その日を境として彼を束縛した。いけないことだとわかっているのに・・・。

でも、そのおかげで力が蘇って戦えるようになった。

私は彼に喜んでもらおうと関羽の首を獲った。

誰もが、喜んでいた。

そう、彼も・・・。

 

「死ね、亞莎!!」

 

それが、私が聞いた彼からの最後の言葉だった。

は?

なんだこの物語は?

だだの残虐物語ではないか。これのどこが素晴らしいだ?

自分は本の裏を見る。

すると、納得はした。

 

「まぁ・・・現実でもあり求めてはいけない『物語』だな・・・」

 

しかし、所詮は作り話だ。・・・気にすることはなだろう。

 

たぶん。

この物語は・・・。

 

呂蒙が孫権と北郷が恋仲なのに、好きになって最後は北郷の優しさに包まれて幸せになりますが、戦争時に北郷から『関羽は殺すな』という警告を無視しために殺される物語です。


0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
6
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択