No.473326

ワンピース ルフィの結婚生活 ナミ編

虎命!さん

この作品は、ルフィが海賊王になってから3年後の話です。
かなりオリジナル的なものになってます。(笑)

2012-08-21 13:56:59 投稿 / 全1ページ    総閲覧数:116852   閲覧ユーザー数:116727

ナミ「ルフィ~!そろそろ起きなさい!!」

 

ルフィ「んが~・・・」Zzz

 

ナミ「コイツ、全然起きる気ないわ。」

 

ナミは、未だに起きない自分の夫に呆れていた。

 

ナミ(さて、どうやってコイツを起こそうかしら・・・あっ!)ピカーン

 

ナミは、何かを思いつき少し悪そうに微笑んだ。

 

ナミ「起きないなら、キスするわよ。」

 

ルフィ「が~!」Zzz

 

ナミ「全く、忠告したからね。・・・それじゃあ失礼しま~す。」ゴソゴソ

 

ナミはそう言うと、ルフィが寝てるベットへと潜り込んだ。

 

ナミ「フフッ、ルフィ~。」スリスリ

 

普段のナミからは、想像できない姿だった。恋をし、結婚をした女はこんなにも変わるものなのか。しかし、ナミの場合はそれだけではないと思う。自分は家族がいなく、親代わりに育ててくれたベルメールは、アーロンに殺された。けれど、今は自分の旦那であるモンキー・D・ルフィがナミを深い闇に捕らえていたアーロン一家を壊滅してくれた。それから彼女はルフィに引かれていった。

 

ナミ「ベルメールさん、ノジコ、私は今凄く幸せだよ。私は海賊王の妻に慣れて。けど、海賊王はただの肩書き。コイツはそんな事は関係なく私を愛してくれているの。それが凄く嬉しいの。これが幸せ何だね。」

 

ルフィ「んん~・・・」

 

ナミが一人呟いていると、ようやく起きた自分の旦那にキスをした。

 

ナミ「おはようルフィ。」チュッ

 

ルフィ「ナミか、お前朝から甘えん坊だな!」

 

ルフィは、太陽のように微笑んだ。

 

ナミ「あんたがいつまでたっても起きないからじゃない!もう///」

 

ナミは、文句を言いつつもルフィの笑顔に顔を少し赤くしていた。

 

ナミ「ホラ、さっさと起きなさい!今日はベルメールさんのお墓参りに行くって言ってあったでしょ!」

 

ルフィ「ん?そうだったか??わり~な、直ぐ着替えるからよ。」

 

ナミ「早くしてね、じゃないとそろそろゲンさんが来るわよ。」

 

ルフィ「やべ~!風車のおっさんまで来たら、俺また怒鳴られちまう!」

 

ルフィは、ナミにそう言い残して着替えに向かった。

 

ゲンゾウ「ナミ~!小僧~!準備できてるか?」ピンポーン

 

ナミ「ゲンさん、直ぐに向かうから少し待ってて。」

 

ゲンゾウ「わかった!早くしろよ!」

 

ゲンゾウは、そう言い残して外に引き返した。それからしばらくして・・・

 

ナミ「ゲンさん!ノジコ!お待たせ」

 

ノジコ「遅いわよナミ!」

 

ナミ「ごめんね、うちの旦那の準備に手間取っちゃって。」

 

ゲンゾウ「やれやれ、お!麦わらの小僧、いっちょまえに決まってるじゃね~か!ガハハハ!」バシバシ

 

ゲンゾウは、ルフィの服装を見てルフィの背中を叩いていた。

 

ルフィ「いて~よ風車のおっさん!だって今日はナミの母ちゃんの命日何だろ?俺は母ちゃんの事は知らないから何とも言えないね~けど、俺はナミと結婚したから、そう言うのはしっかりしろってマキノにも言われたしな。」

 

ナミ「ルフィ・・・」

 

ゲンゾウ「そうか・・・そうだな、お前はもう立派なわし等の家族じゃったな。さて、そろそろ行こうか。」

 

ノジコ「そうだね。」

 

ナミ「うん・・・行こうルフィ!」ギュッ

 

ルフィ「あぁ!」

 

ナミは、ルフィに抱きつきながらベルメールが眠っている丘に向かった。その後ろ姿をゲンゾウ達は静かに見守っていた。

 

ノジコ「ナミ、凄く嬉しそうだね。あんなナミ今まで見たことないよ。」

 

ゲンゾウ「そうだな、あの小僧と結婚してからあんなに笑うナミは初めて見た。」

 

ノジコ「今のナミの姿をベルメールさんに見せてあげたかった。」

 

ゲンゾウ「見ているさ、ナミやあいつ、それにお前の事もな。」

 

ノジコ「・・・うん!」

 

ゲンゾウとノジコもナミ達の後に続いていった。その後ろ姿をベルメールがこっそりと見ていた事は、誰も気づくはずはなかったのだった。


0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
2
5
3

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択