No.166770

光に包まれた世界に似つかわしくない私の姿

無し

登録タグはありません

2010-08-19 18:30:39 投稿 / 全4ページ    総閲覧数:305   閲覧ユーザー数:304

 

「闇が似合う」

 

誰もが私に告げる言葉

 

 

自分でもそう思う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

光は苦手…

 

 

 

 

 

 

 

なのに、何故

私の周りは光で満たされているの?

 

 

産まれ堕ちたその場所は光に包まれていた

 

 

成長するにつれ感じる

違和感、疎外感、絶望

 

 

この場所に相応しくない自分

 

 

 

 

 

 

 

夕暮れや夜は好き

 

光が減るから

 

人口の光も好きではないけれど

 

 

自然のそれは人口のモノとは

比べられないほどに痛く、ツライ

 

 

なぜ、ほとんどの人はあの光が平気なの?

なぜ、あれ程破壊力のあるモノを仰ぎ見る事が出来るの?

 

 

 

 

 

 

真夏の日が沈み始まる時分に産まれた私

 

何故、光の溢れるこの世界に産まれてきたの‥‥‥

 

 

 

 

 

 


0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
0
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択