No.1138242

精鋭なる横須賀艦隊

戸川さん

対淡島、佐久島戦決着

艦娘の口癖や提督の呼び方が曖昧だったり、分からない艦娘がいるので間違っていてもご容赦ください

2024-02-07 06:09:47 投稿 / 全1ページ    総閲覧数:81   閲覧ユーザー数:81

演習開始から約1時間。演習は早くも終盤に入っていた。

 

蒼龍の急降下と龍田の雷撃で摩耶中破。

 

北上の雷撃と翔鶴の雷撃で龍田大破

 

龍田、戦闘不能。

 

負けじと放たれた高雄の砲撃が翔鶴に直撃し翔鶴中破。艦載機発着艦不能。北上の砲撃が蒼龍に直撃し蒼龍が小破。そして、遂に決着の時が来る。蒼龍の急降下と高雄の砲撃。北上の雷撃がほぼ同時に行われ爆煙が包む。

 

「ど、どうなった!?」

 

「司令官さま・・・」

 

「鳥海・・・残念だが相手の勝ちだ。」

 

泰治郎が呟くと同時に爆煙が晴れそこには大破した翔鶴と北上、摩耶、高雄と中破した蒼龍の姿があった。

 

翔鶴、戦闘不能

 

北上、戦闘不能

 

摩耶、戦闘不能

 

高雄、戦闘不能

 

「大淀・・・アナウンス。」

 

「は・・・い。演習終了!淡島泊地の勝利!」

 

敗北した横須賀の艦娘達は悔しい思いはあれど、それぞれの課題が見つかった演習となった。逆に、勝利した淡島の艦娘達は苦い顔をしていた。

 

「お疲れ様。今回は残念な結果だったが、お前達も、自分の課題が見つかったはずだ。それらを、克服した時お前達はさらに強くなっている。今回の演習で学んだ事を次に活かせるようにしろ。さ、お風呂に入って疲れを癒してくると良い。」

 

「まぁ、勝利は勝利だ。よくやった。だが、お前達にも課題が見つかったはずだ。今回、なぜあそこまで苦戦したのかそこを良く考えろ。さて、戸村提督がお前達にも風呂を用意してくれた。入ってくると良い。」

 

こうして、両艦隊は風呂場へ向かって行ったが、淡島の艦娘達は相当、落ち込んでいた。特に鈴谷は、最初から慢心していた事と、ほぼ序盤で大破し脱落した事で相当落ち込んでいた。

 

戦闘終了

 

横須賀鎮守府 淡島泊地

 

╳翔鶴(旗艦) 蒼龍(旗艦)○

 

╳摩耶 高雄╳

 

╳神通 龍田╳

 

╳北上 川内╳

 

╳時雨 鈴谷╳

 

╳村雨 吹雪╳

 

敗北D 勝利A

 

横須賀と淡島泊地の演習は、両艦隊に課題が見つかるものとなった。丁度お昼時だった為、横須賀の食堂で昼食を食べ、1400横須賀と佐久島の演習になった

 

横須賀 佐久島

 

瑞鶴(旗艦) 翔鶴(旗艦)

 

扶桑 山城

 

最上 熊野

 

五十鈴 長良

 

夕立 白露

 

如月 睦月

 

 

 

両艦隊が持ち場に付いた。

 

「各艦準備はよろしいですか?それでは、演習始め!」

 

大淀の掛け声と共に瑞鶴は三本の矢を空へ放った。もちろん翔鶴との制空戦のためである。瑞鶴航空隊は、綺麗な編隊をくみ敵艦へ向かっていく。すぐに上空で激しい乱戦となった。

 

「ちっ!相手の翔鶴姉もなかなかやるみたい。抑えるので精一杯になる!」

 

「私が活路を開きます!」

 

五十鈴がそう言い敵艦へ向かっていくが、すぐそばに砲撃が着弾し動きを止められる。

 

「五十鈴ちゃん、しばらくはお姉ちゃんの相手をして貰うよ!」

 

こうして五十鈴と長良のしまい対決を皮切りにあちこちで姉妹対決が始まった。(ここらは全ての姉妹の対決を書いていると、作者が混乱するので簡略化していきます。)

 

しばらく膠着状態だったが、遂に演習の流れが動き始めた。

 

最上の放った魚雷に気を取られた熊野に一瞬隙をついて突破した瑞鶴の急降下により熊野が中破。

 

翔鶴の雷撃により最上が中破。

 

と両艦隊の重巡が中破になった。

 

これにより両艦隊は空母を覗いて乱戦という名の激戦となっていった。

 

長良が夕立を狙うが、野生の勘でそれを回避し逆に一撃を加えた事により長良が小破。

 

また、如月が白露を狙ったが横から熊野の砲撃が至近弾となって中破。

 

翔鶴の雷撃により扶桑が小破。

 

瑞鶴の爆撃と雷撃で睦月が中破。

 

乱戦そして膠着状態の繰り返しであった。

 

「相手もなかなか、やるわね。」

 

「まったくですわ。先の淡島との演習を見学して警戒してましたが、ここまで激戦になるなんて思いませんでしたわ。」

 

「その通りですね。」

 

山城の砲撃により五十鈴が大破。

 

五十鈴戦闘不能。

 

ほぼ同時に放たれた最上の魚雷により睦月が大破。

 

睦月戦闘不能。

 

翔鶴の急降下により最上大破。

 

最上戦闘不能。

 

扶桑の砲撃により長良が大破。

 

長良戦闘不能。

 

五十鈴が大破してからわずか5分で両艦隊共に2人ずつ脱落。その後は、再び上空で制空戦による乱戦と両艦隊の砲撃戦が続く膠着状態となっていた。そして再び演習が動き出した。

 

「「敵機、直上!」」

 

白露と如月が叫ぶのはほぼ同時で次の瞬間両艦隊を大量の水柱が襲った。

 

「「どうなった!?」」

 

戸村と上村提督も席から立ち上がって行方を見守る。

やがて水柱が晴れそこには大破した如月、扶桑、熊野と中破した山城と小破した翔鶴、瑞鶴、白露、夕立の姿があった。

 

如月戦闘不能。

 

扶桑戦闘不能。

 

熊野戦闘不能。

 

間一髪入れずの夕立の雷撃により中破していた山城が大破。

 

山城戦闘不能。

 

これにより両艦隊共に残るは空母と駆逐だけどなった。しばらくの沈黙。そして、決着の時が来た。瑞鶴と翔鶴が攻撃隊を発艦させ夕立と白露の接近戦が始まった。瑞鶴と翔鶴はそれぞれ爆撃隊と雷撃隊を発艦させていた。翔鶴と瑞鶴の雷撃及び急降下爆撃が始まると同時に白露と夕立も砲撃と最後の魚雷を投下両艦隊の姿が見えなくなる。やがて艦隊の姿が見えてきてその結果は、夕立、翔鶴、白露大破。瑞鶴小破。

 

夕立戦闘不能

 

白露戦闘不能

 

翔鶴戦闘不能

 

「大淀!」

 

「は、はい。演習終了!横須賀鎮守府の勝利!」

 

アナウンスが流れた途端あちこちから歓声が上がった。

 

「な、何とか勝てたぽい」

 

「そうね。」

 

「うぅぅぅ・・・私のせいで、申し訳ありません・・・」

 

「気にする事ないですよ。それに、次の演習でリベンジすれば良いですよ。」

 

「そう、ですね。」

 

 

戦闘終了

 

横須賀 佐久島

 

○瑞鶴(旗艦) 翔鶴(旗艦)╳

 

╳扶桑 山城╳

 

╳最上 熊野╳

 

╳五十鈴 長良╳

 

╳夕立 白露╳

 

╳如月 睦月╳

 

勝利A 敗北D

 

横須賀、淡島、佐久島の艦娘達にとって実りある演習になった


 
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
0
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択