No.1005965

No.666 死神ムカデ

森林や洞窟など湿度の高い場所に棲息するが、一部砂漠でも出会う大きなムカデ。小動物や他の昆虫を主食とする肉食で、尾が鋭い鎌状になっており天敵の鳥や爬虫類をも切り刻んで捕食する。その尾は年に数回、自切し再生するまでは餌もとらず葉の下や岩の陰、砂の中に隠れる。人肉は好まないが防衛のために凶暴になり、身につけているのが皮製品程度なら深い傷を負うことは必至だ。筋骨隆々の戦士や格闘家でも片腕を持っていかれた、という談はあちらこちらで聞く。

2019-10-01 15:55:00 投稿 / 3120×4208ピクセル

2019-10-01 15:55:00 投稿
総閲覧数:394 閲覧ユーザー数:393
3120×4208ピクセル

0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
0
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択