No.930063

【サイバ】10年後【交流】

Dr.Nさん

2017-11-15 00:08:52 投稿 / 全1ページ    総閲覧数:93   閲覧ユーザー数:75

天空稲荷神社社務所。

お茶を飲みながら話をしている、魔法ちょうちんと巫女姿の唯。

 

「(ということがあったそうだ、このはとみるくの二人で)」

「へえー。でも何で魔法ちょうちんさんがそんなこと知ってるの?」

「(ぴあのから聞いたのさ。俺は奴の家に居候してるからな)」

「あー。このはちゃんとみるくちゃん、なんか微笑ましいー」

「(だろ?)」

「でもさあ」

「(ん?)」

「それって、二人ともまだ幼いから、友情を恋愛感情と勘違いしてる可能性もあるかもね」

「(…唯よ)」

「なあに?」

「(俺は見損なったぞ。お前がそんなに夢の無い奴だったとはな)」

「はい?」

「(あのなあ、幼かろうが年頃だろうが百合は百合なんだよ!! 何でそんな夢の無いことを言う!?)」

「ちょ、何もそこまでキレることはないじゃない;;;;」

「今回は魔法ちょうちんさんの言ってることが正しいわよ」

「あ、黄染さま。どうして分かるんですか?」

「うん。わたし、10年後にちょっと用事があってさっき行ってきたの」

「10年後に…」

「(物凄いことをさらっと言うなこの神様は…)」

「うん…」

「で、そこでよく知った人たちを見かけたのよ。これ見て」

「(スマホか?)」

「うん。再生開始!」

 

ピッ!

 

「あ、風天高校の制服」

「(仲がよさそうな女の子二人だな)」

 

『今度商店街に新しいブティックが出来るんだって! このはちゃん、一緒に行かない?』

『もちろんだよみるくちゃ! おら、みるくちゃとペアルックで決めたいだ!』

『あ、いいねーそれ! みるくもこのはちゃんとペアルックしたーい!』

 

「あ、これってもしかして!」

「そ、10年後のみるくちゃんとこのはちゃんよ」

「(二人ともきれいな娘に成長しているな。しかし隠し撮りとは感心せんぞ黄染)」

「ちゃんと二人の許可は得てるわよ、これ10年前の人に見せてもいいかって? もちろん快諾してくれたわ」

「快諾って…」

「(10年前の人に見せるってことに対して少しはツッコめよ二人とも…)」

「ということで、今からこれみるくちゃんとこのはちゃんに見せてくるわね。うふふ、二人ともどんな反応を示すかしら?w」

「(お、おう…)」

「いってらっしゃい…」

 

「行っちゃったね」

「(ああ。この世界で最強の種族はライオンでもオオカミでもゾウでもなくタヌキかもしれんな)」

「まあいいんじゃない? きっと二人とも喜ぶわよ」

「(だな。女の子の笑顔はいいもんだ)」

「女の子の笑顔かあ。もし、みるくちゃんもこのはちゃんも男の子だったらどうする?」

「(親友の保護者として、二人を正座させて説教しとったわ)」

「まあ、あなたならそうでしょうね」

 

 

=END=

 

 

 


1
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
2
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択