No.906182

【獣機特警K-9ⅡG】スイーツ連続殺人事件 1【交流】

Dr.Nさん

K-9ⅡGも忘れちゃいないぜ!
全3回予定。
※タイトルを少々修正しました。

クオン http://www.tinami.com/view/551025

続きを表示

2017-05-18 21:39:11 投稿 / 全5ページ    総閲覧数:689   閲覧ユーザー数:671

──1.序──

 

クッチャ、クッチャ、クッチャ。

ムッシャ、ムッシャ、ムッシャ。

クッチャ、クッチャ、クッチャ。

ムッシャ、ムッシャ、ムッシャ。

 

「うむ、ケーキうめえ(´ω`) 車の中で誰にも邪魔されることなくスイーツを食う、最高だぜ!」

 

『あーあ、晩ごはんのお使いなんてやだなー。ちぇっ、せっかく友達とサッカーする約束だったのに!』

 

「おっ、スイーツよりももっとうまそうなものみーっけ♥」

──2.事件現場──

 

パシャッ! パシャッ! パシャッ!

規制線が張られ、カメラのフラッシュが焚かれる現場。

 

「お疲れ様ですクオン警部、ジョニーさん!」

「うむ。で、仏さんは?」

「こちらです」

 

「ひどいなこれは…。よくもこんな子供を…」

「クソッ、またかよっ!」(ガンッ!)

「落ち着けジョニー。壁を殴ったところで何も解決しないぞ」

「これが落ち着いていられますか隊長! もうこれで3人目ですよ! なんで小学生の男の子ばかりこんな無残な姿に!」

「だから落ち着け。こんな時にこそ冷静になるんだ。でないと犯人はますます遠くなるぞ」

「くっ…! 分かりました」

──3.捜査会議──

 

<男子小学生連続殺人事件 捜査本部>の看板が掲げられたラミナ署。

その大会議室。

 

「以上が3つの事件の概略です」

「なるほど。で、犯人に結びつくような手がかりは?」

「はっ、エルザ署長。それがその、3つの現場とも指紋一つ出ない状況でして…。正直、大変難儀しております」

「分かった。引き続き捜査を進めたまえ。各部署、これ以上新たな犠牲者を出さないために最大限の警戒を行うように! いいな!」

「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「はいっ!」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

──4.カフェ・ラ・ヴォルペ──

 

「わあ、今日のもおいしそうー!」

「ホントだわ!」

「くそっ、オイラも食べてみたいぜ!」

「ねえ、レイナちゃんたち、タブレットで何見てるの?」

「あ、タッちゃん。これよ」

「なになに? <フレッドの今日もスイーツうめえ!>?」

「うん! 今大人気のスイーツの食レポのブログなんだ!」

「1日1回必ず更新される情報の新鮮さも人気の秘密なの」

「へえー。女の子ってスイーツが好きなんだねえ」

「あら、女の子とは限らないわよ。だって、このブログの作者のフレッドって人、おじさんだし」

「おじさん? このヘッダにベティマークⅣと一緒に写ってる豚のファンガーの人がフレッドさん?」

「そうよ。へえー、この車ベティマークⅣっていうんだ」

「うん。でもおじさんがスイーツかあ。なんかおっかしいなーw」

「あら、そんな偏見よくないと思うわ、タッちゃん」

「スイーツが大好きなおっさんがいたっていいじゃねえか」

「そうそう」

「はいはい分かりましたよ。ちぇっ、みんなで僕のこと悪者扱いかよ…」

──5.第4の事件──

 

K-9ルーム。

 

「あれから10日、あれ以来事件は起きてませんね隊長」

「ああ。このまま何も起きることなく犯人を捕まえることが出来たらいいのだが」

「隊長!」

「なんだいタツヤ?」

「被害者って男子小学生ばかりなんでしょ? だったら僕が囮に!」

「それは危険だよ、タツヤ」

「そうそう、被害者の中にはロボットの男の子だっているんだぞ」

 

RRRRR RRRRR。

 

「ん、電話か。はい、クオン。なんだって!? 分かった、すぐに行く!」

「どうしたんですか隊長?」

「4人目の犠牲者が出たそうだ」

「なんですって!?」

「行くぞジョニー!」

「はいっ!」

「僕も行きます隊長!」

「ダメだ! お前は留守番だタツヤ」

「そうそう。子供のお前が来てもなんにもならないよ。ここはオレと隊長に任せときな! 現場には他にもベテランの捜査員がたくさんいるんだし」

「ひどーい!」

 

 

=To be continued=

 

 

 


0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
2
1

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択