No.896028

【サイバ】大空駆ける鷲【交流】

Dr.Nさん

2017-03-05 18:24:56 投稿 / 全4ページ    総閲覧数:560   閲覧ユーザー数:545

入口に『開催中 大空と宇宙展』の看板が掲げられた天空宇宙センター。

その事務所。

 

「ヒナタちゃんちょっといいかしら?」

「何ですか星子先輩?」

「そろそろ今日のイベントのゲストの方がお見えになると思うの」

「あー、今日のスペシャルイベントに出演される方ですね?」

「そうそう。悪いけどお出迎えに行ってはくれないかしら? 本当はノアちゃんに頼むはずだったんだけど、彼女、今他の事で手が離せないみたいで」

「分かりました! このヒナタちゃんにおまかせあれ!」

「えーっと、どこにいるんだろうゲストの方?」

 

『宇宙と言えば究極の大空。宇宙もまたいいものだ』

 

「あ、いたいた! あんな所で展示物なんか見てる。すみませーん!」

「君は? その服、このセンターのスタッフの方かな?」

「はい! 控室までご案内します!」

「うむ、頼むよ」

控室。

 

「お茶が入りました」

「やあ、悪いね」

「まだ寒いとは言え大変ですねー」

「お気遣いありがとう」

「さ、取って下さい」

「取る?」

「ここは部外者は誰も来ませんから。お茶だって飲めないし」

「?」

「あ、そうか! これは一人じゃ取れないタイプなのね! あたし手伝います、それっ!」

「いででででで!!」

「ごめーんヒナタ、遅くなっちゃった…って何やってるのあんた…?」

「あ、ノア。あんたも手伝って、なかなか外れないの頭が!」

「!!! 何やってるのよあんた!! この方が誰だか分かってんの!?」

「えっ、ちびっ子ふれあいイベントに出る着ぐるみさんでしょ?」

「バカーッ!! この方はね、今日の講演会の講師をされるアメリカ空軍のジャック・ノーウォーク大佐よ!!」

「!!!」

「すいません! すいません! すいませんっっ!!」

「ハハハハハ、そんな土下座までしなくても。顔を上げて下さいお嬢さん」

「はい…すみませんでした大佐…。あ、大佐さんと言えば、大勢の部下の上に立つんですよね?」

「いかにもそうですが」

「失礼ですがおいくつでしょうか?」

「31歳になります」

「わあ、おっさんだあ!」(♥▽♥)

「だめだわ、まるで反省してないこの子…」(=▽=)

「?」

 

=END=

 

 

 


1
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
4
1

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択