No.747210

【獣機特警K-9ⅡG】タカトとユキヨの大晦日【交流】

Dr.Nさん

2014-12-31 09:13:26 投稿 / 全1ページ    総閲覧数:539   閲覧ユーザー数:499

ゴォ~ン。

 

「お待たせ、おそば出来たわよタカト君」

「サンキューユキヨ!」

 

ゴォ~ン。

 

「ああ、今年も除夜の鐘かあー」

「だねえ」

「それにしても、トリッカーズ全員で年越しの瞬間を迎えようぜって言ったのに、全くあいつらと来たら!」

「仕方ないよ。ミクちゃんはテオ君とジェーンのカウントダウンライブ、セリナさんは彼氏とラミナ稲荷に初詣、カナコちゃんはノワールと遊園地デートするって言ってたもの。みんな外だけど風邪を引かないかちょっと心配」

「全く寒いのにご苦労なこった。オレたちみたいにこたつで除夜の鐘聞きながら新年を迎えるのが一番賢い過ごし方だぜw」

「かもねw」

「うーそれにしても酒うめえw おっと、もう無くなっちまった」

「あ、じゃわたしつけてくるね」

「待った! これぐらいオレにやらせてくれよ。ユキヨ、寒い台所で年越しそば作ってくれたんだし。お前はこたつでゆっくりしてな」

「ありがとうタカト君!」

 

 

「お待たせ。おつまみにかずのこも持って来たw」

「あー、それおせち用だよタカト君」

「気にすんな気にすんな。ほんの数時間早く食べるだけだって」

「本当にしょうがないなあ…」

 

ゴォ~ン。

 

「あ、始まったぜカウントダウン!」

「うん!」

 

ピッ、ピッ、ピッ、ポーン!

 

「あけましておめでとうタカト君!」

「あけましておめでとうユキヨ! 今年もよろしくな!」

「うん、こちらこそ今年もよろしくね!」

(ガサゴソ、羽織袴の懐を漁る)「ほい、これお年玉だ! 少ないけど取っときな」

「わあ、ありがとうタカト君! じゃあわたしからも。(エプロンのポケットから)はい、タカト君にお年玉!」

「ありがとな! 嬉しいぜユキヨ!」

「ねえ、朝になったらわたしたちもラミナ稲荷神社に初詣に行かない? トリッカーズの今年の健康と安全を祈願しに」

「いいなそれ!」

「じゃあ朝に備えてそろそろ寝ましょうか」

「だな! おっと、このままじゃせっかくの紋付きが皺になっちまう。パジャマに着替えてくるぜ」

「じゃあわたしも着替えてくるね」

「おう!」

 

=END=

 


0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
3
1

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択