No.348462

END

葉桜兎さん

思いつき小説

2011-12-17 12:08:17 投稿 / 全3ページ    総閲覧数:273   閲覧ユーザー数:273

 

 

 

 

「愛してる」っていって欲しかった。

 

 

それがダメなら 「スキ」

 

 

 

それもダメなら頭を撫でて欲しくて。

それでもダメならいつもおはようって言いたくて

 

 

それもダメだったら

毎日一回は君の顔が見たかった。

 

 

 

それが当たり前になってて。

 

ほんとうはすごく脆い足場だったのに

気づかず飛び跳ねて

 

 

自分から堕ちて行ったセカイハ

 

君が立てる悲しい波紋だけが届く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやだ。

 

 

 

溺れたくない

 

 

 

 

嫌われるのが怖かったの

 

嫌われて避けられて

 

 

 

存在すら消されてしまいそうで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足搔けない

 

 

なんて

 

 

 

 

自分で決めつけてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

――人を好きになるくらいなら――

 

 

――傷つくくらいなら――

 

 

 

 

 

 

 

アイサナイホウガマシ 。

 

 

 

 

 

その通りだって思ってたよ・・・

 

 

 

 

でも

 

それでも足搔きたい。

 

 

 

この波紋の先に

 

 

あなたがいるなら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

泣き虫な君のもとに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

 

なんかごめんなさい

 

はっきりいって

なんも考えてないまま

はじめちゃったからーー!

 

 

 

なんも完結してない笑笑


0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
0
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択