No.1091848

カピバラ

霊憑ナシさん

カピバラの早朝です。

2022-05-16 15:21:50 投稿 / 全1ページ    総閲覧数:78   閲覧ユーザー数:77

きのうの夜は、風が強くてよく寝られなかったなぁ。眠いです。睡眠不足です。

あ。人が来た。ごはん持って来てくれた。僕の好物のセロリ。おいしい。ありがとう。松守さん。松守さんは、僕の頭と背中を少しなでてくれた。気持ち良い。もっとなでて欲しかったけど、彼は仕事でそうじをしないといけないので、いっぱいはなでてくれない。もっと、ふれあいをして欲しい。松守さんと一緒にいつか、おひるねをしてみたい。そんな事を考えていたら、松守さんは素早くそうじを終えて、僕の生活場所から去っていった。

友達のイブニングは、まだ寝ている。眠いのかも。僕より睡眠不足かもしれない。僕はたいくつだったので、イブニングを起こそうか、どうしようか迷った。無理やりイブニングを起こしたら怒ると思う。野鳥が木にとまって、そんな僕を見ている。

「君はいいね。寝ていても、いつでもごはんを食べられて、飢えなくて。」

って、言われた。うーん。僕はここに来る人を観察するのが仕事なんだ。たしかに、いつもは夜もいっぱい寝ているし、昼寝もするけれど。あ。来た。人がいっぱい来た。野鳥は人が怖いので逃げて行った。人々が僕の周りに集まった。

「かわいい!」

って、言われた。ありがとう。嬉しいよ。

「えさやりの時間じゃない!つまらない!」

だって。僕に言われても。さっき朝ごはんを食べたばかりだよ、食べすぎたらお腹が痛いよ。

人は皆、興味しんしんで、僕とイブニングを見ている。イブニングは人に慣れているから、怖がってない。起きる気配がない。

人の赤ちゃんも来ている。僕を見て笑っている。可愛いな。小さくて。まあ、人だから僕よりは、でかいのだけどね。

カップルも来ている。彼女の方が、僕をスマホで撮っている。彼氏は彼女の事だけ見ている。仲がいいな。お幸せにね。

老夫婦が来ている。手をつないでいる。小言で、僕とイブニングの感想を言い合っている。元気そうだ。長生きするんだよ。

イブニングが起きた。

「うるさいな、安眠妨害だ、訴えてやるぞ。」

って、イブニングが言った。訴えても、相手は人だから勝てないと思う。ごはんをイブニングが、食べている。人がさらに集まって来た。人は僕たちの食事シーンに興味があるのかも。イブニングはセロリじゃなくて、ニンジンが好きだ。でも、お腹が空いている時は、好き嫌いしない。

「キャー!食べてる!可愛い!!」

親子連れの少女が言った。カメラやスマホをかまえる人が多くなった。フラッシュがちょっと怖い。イブニングは人々を睨んだ。

「まぶしいんだよ!俺は食事中なんだよ!!ほっといてくれよ!!」

イブニングは寝起きで機嫌が悪い。松守さんがまた来てくれた。今度はイブニングをなでている。

「あいつら追っ払ってくれよ!!うるせんだよ!!」

イブニングが松守さんに愚痴った。松守さんはイブニングに、特別にニンジンを持って来てくれていた。

「ワイロかよ!!まあいいぜ、食べてやらぁ!!」

イブニングも、僕も、松守さんが好きだ。人々は松守さんをうらやましがっている。イブニングを触っているから。

「今日は、さらにたくさん人が来るよ。休日だからね。楽しみだね。」

松守さんはそう言うと、またどこかへ去っていった。

僕たちの朝がはじまる。これからどんな人が来てくれるんだろう。わくわくするなあ。

もし気に入ってくれたら、また、僕たちに会いに来てね。

待っているからね!

 


0
このエントリーをはてなブックマークに追加
0
0
1
0

コメントの閲覧と書き込みにはログインが必要です。

この作品について報告する

追加するフォルダを選択